脇汗を抑制する美容整形の手術の種類

脇汗を抑制する美容整形の手術の種類

Thumb?1414295452 muah♪さん

305

ワキガや多汗症で脇汗を気にしている人は決して少なくありません。特に夏場になると悩む人が急増します。手術を行うことで脇汗の分泌する量を激減させるというアプローチ方法もあります。


  • 特に夏場の脇汗は気になる・・・

  • 特に夏場の脇汗は気になる・・・
  • ワキガや多汗症で脇汗を気にしている人は決して少なくありません。体臭や服のシミの原因となるため、特に夏場になると悩む人が急増します。
    その対策として制汗スプレーや汗取りパッドなどを活用する方法がありますが、それは対処療法でしかありません。つまり、常に何らかの対処法を講じていなければ体臭が出てくるのです。

    その一方で美容整形からアプローチする方法もあります。つまり、手術を行うことで脇汗の分泌する量を激減させるわけです。こちらは根本療法となるため、一度手術を行えば効果は半永久的に続きます。

    では、一体どのような手術があるのでしょうか。
  • 3つの手術方法

  • 3つの手術方法
  • いくつかの方法がありますが、共通するのはアポクリン腺・エクリン腺を直接的にアプローチすることです。このアポクリン腺とエクリン腺から汗が分泌されるからです。

    皮弁法という手術法では、切開してアポクリン腺を摘出します。当然切開した跡が残ってしまいますが、シワに沿って切開するためほとんど目立つことはありません。

    もっと広範囲で行えるのがシェービング組織削除法です。ローラーとカミソリで脇の皮膚を薄く削り取るのです。術後に経過観測する必要がありますが、確実に効果があります。そのため、美容整形外科で一番よく使われる手法です。

    逆にアポクリン腺をピンポイントに狙う手術もあります。
    剪除吸引法ではアポクリン腺を吸引します。超音波法ではアポクリン腺に針を刺し込み超音波の振動で破壊します。電気凝固法では超音波ではなく電気を使ってアポクリン腺を焼きます。

    この3つの方法はどれもピンポイントで行うため、施術による傷跡がほとんどありませんし、ダウンタイム(施術から回復する期間)も短いメリットがあります。
    その一方で、アポクリン腺の数がわからないため、全て処置できないケースもあります。しかし、確実にアポクリン腺を減らせるため体臭の抑制には十分に効果があります。
  • ボトックス注射という方法

  • ボトックス注射という方法
  • また上記とは全く違うアプローチの治療法もあります。

    それはボトックス注射です。神経伝達物質アセチルコリンが引き金となってアポクリン腺は汗を分泌します。ボトックス注射はそのアセチルコリンを抑制する効果があり、脇に注射することでワキガや脇の多汗症を抑制することが可能となります。ただ、ボトックス注射は根本療法とはならないため、定期的に行う必要があります。

    このように、美容整形ではいくつものアプローチがありますが、公的の保険が適応されることも少なくありません。
    どの手術が適しているかは医師と相談して決めるようにすればいいでしょう。
脇汗を抑制する美容整形の手術の種類
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事