汗かきのあせも予防と対策

汗かきのあせも予防と対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

497

あせもは大量の汗が皮膚にたまり起こる症状です。幼児にあせもがよくできるのは有名ですが、汗かきの大人でもあせもはできます。


  • 汗もができてしまう原因

  • 汗もができてしまう原因
  • 幼児にあせもがよくできるのは有名ですが、汗かきの大人でもあせもはできます。ただ、汗腺の数は大人も幼児も同じ数なので、幼児にできやすいだけです。
    夏はもちろんですが、運動や高熱、ギプスや包帯をしている場合でもできやすいです。デザインを気にして、通気性の低いものや、汗を吸い取らない素材の洋服ばかりを選んで着用していた場合にも、あせもができることがあります。
    あせもは大量の汗が皮膚にたまり起こる症状です。汗管の周りに汗が漏れてしまい、炎症や水ぶくれを起こし、赤い湿疹のようなものが表面に表れます。
    汗がたまるのは、首や頭皮、肘や膝の内側、お尻などです。女性は下着をつけている場合、胸の谷間などにもたまりやすくなりますし、ガードルなどの締め付けるような下着の周囲にもたまります。
  • あせもの対処方法

  • あせもの対処方法

    出典: instagram.com

  • あせもは、全て赤い湿疹ができるわけではありません。小さな白い水ぶくれだけの場合もあります。かゆみや痛みが軽いので、あまり気づかれません。
    夏になると毎年できる人は、汗かきだから仕方がないと思う人がいますが、あまりにかゆくてかきむしると、そこから化膿してきたり、ばい菌が入って別の病気になることもありますし、あとが残ってしまうこともありますから、適切な治療を行う必要があります。
    赤い湿疹が出てしまっている場合は、抗炎症作用のある塗り薬を塗って、炎症を抑えるようにしましょう。特に夜の間は、寝ている間に無意識にかいてしまうことが多いので、塗り薬でかゆみや痛みを抑えることで、かくことも抑えられます。
    水ぶくれだけの場合は、塗り薬を塗っても構いません。ただ、症状が軽いので、通気性や吸収性の高い洋服や寝間着を着るとか、こまめに水分をふくということをしておけば、自然に治ります。
  • あせもの予防方法

  • あせもの予防方法

    出典: instagram.com

  • 体質もありますから、汗を全くかかないようにするというわけにはいきません。それに、汗は体温調節や老廃物を体外に排出してくれるので、汗をかくことは必要不可欠です。大事なのは、汗をかいたあとの行動で、あせもを防ぐことができます。
    ただ、汗かきだという人は、1日の汗や汚れを必ずシャワーかお風呂で洗い流して、清潔にしておくことを心掛けるようにすることが大切です。また、仕事中や出勤した後に、汗が気になるようなら、清潔なタオルを数枚用意しておき、こまめにふくことと、下着を吸水速乾のものに代え、職場などにも予備を用意しておくと良いです。
    あまりに湿度が高い梅雨や夏には、エアコンや除湿器を使用して、汗を抑えるような環境にしましょう。
汗かきのあせも予防と対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事