アトピーの赤ちゃんの日焼け止めの選び方

アトピーの赤ちゃんの日焼け止めの選び方

Thumb?1414295452 muah♪さん

271

赤ちゃんの肌は普通の肌でも敏感ですが、アトピーの症状を抱えているとなるとさらに敏感です。日焼け止めを選ぶ際も気をつける必要がありますが、どのようなことに気をつけていけばいいのかここでは考えていきましょう。


  • どのようなことに気をつけていけばいいのか

  • どのようなことに気をつけていけばいいのか
  • アトピーはアレルギーの一種として現在増えつつありますが、もし赤ちゃんに症状があった場合には、日頃から肌のケアには気をつけなければいけません。日焼け止めを選ぶ際も気をつける必要がありますが、どのようなことに気をつけていけばいいのかここでは考えていきましょう。
  • 保湿剤を先に塗る

  • 保湿剤を先に塗る

    出典: instagram.com

  • 赤ちゃんの肌は普通の肌でも敏感ですが、アトピーの症状を抱えているとなるとさらに敏感です。かゆみ、湿疹が常にある状態かもしれませんし、ストレスが溜まる原因ともなります。食べ物によるアレルギーを持っている場合には、乾燥肌、湿疹、肌の状態が悪化するなどの傾向が増えます。
    肌に直接塗るものですので、心配ですが、日焼けをしないためには塗らずに出かける方が肌には負担になります。ですから、塗らなければいけません。肌の状態が正常の赤ちゃんでも、大人と同じ製品では成分が強すぎるので、弱い成分のものを選ぶ必要がありますが、アトピーの症状を抱えている場合は更に肌が弱いので慎重に選ぶ必要があります。例えば、普通にはだが弱い赤ちゃんの場合は直接塗るのではなくて、まずは保湿剤を塗り、それから塗ります。
    あまり肌に色々と塗ると湿疹が増えてしまうタイプのデリケートな肌の場合には、塗ること以外の方法で日焼け対策をする必要もあります。紫外線をカットすることができる素材で作られた服や帽子を着せることや、日差しがあまりにもきつい場合には、サングラスなどを用意することも重要です。こうした対策を立てて、出来るだけ日差しが強い時間帯は外出を避けるようにするといいでしょう。
  • しっかりと洗い流すことも大切

  • しっかりと洗い流すことも大切

    出典: instagram.com

  • どうしても日焼けをしそうな時間帯に外出することになるので、製品を選ぶなら、成分は無添加でオーガニックで作られたものを選ぶことをおすすめします。生後半年位から使える物もたくさんあり、天然のミネラルだけで作られているタイプです。オーガニックですから、肌に残ることもありませんし、肌に直接塗っても安心して使える成分で作られているので安心して使うことができます。
    そして塗った日の後は、日焼け止めをしっかりと洗い流すことも大切です。いつまでも肌に付着したままですと肌トラブルの原因になりますので、出来るだけ外出から帰ったら落としてあげるようにしましょう。オーガニックの製品は肌にとって負担がないとは言われていますが、それでも何かを肌に塗っていることには違いありませんので、早めに拭いてあげることをおすすめします。肌トラブルを避けてあげましょう。
アトピーの赤ちゃんの日焼け止めの選び方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事