暑い寝苦しい夜にぐっすり寝る方法

暑い寝苦しい夜にぐっすり寝る方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

551

夏の暑くて寝苦しい夜に悩まされているという人も多いかもしれませんが、寝不足は日中ぼーっとすることが増えてしまったり健康に悪影響が出る可能性がありますし、「寝不足は美肌の敵」などと言われるくらい肌にも悪影響があると言われていますから、夏場でも健康を維持できるように熱く寝苦しい夜をうまく乗り越える対策をとる必要があるでしょう。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 暑く寝苦しい夜をうまく乗り越えるためにはやはり室内の環境を整えることが重要であり、室温は湿度が50%から60%、温度は26度程度が快眠しやすい環境だと言われています。
    そこで暑い夜を気持ちよく寝る方法についてですが、やはりエアコンで室温等を整えるのがよいでしょう。
    ただエアコンをずっと使い続けるのは体を冷やしてしまってよくないですから、就寝の15分前程度から室内を冷やしておいて1時間タイマーや2時間タイマーなどを切タイマーを設定しておくのが良いでしょう。
  • 出典: www.tumblr.com

  • またエアコンではなく除湿器で湿度を下げるのも気持ちよく寝る方法として効果的だと言われていますし、電気代を節約したいという方には扇風機が最適かもしれません。
    扇風機はエアコンと比較してもかなり消費電力を抑えることができますし、扇風機によって流れてくる風は汗の蒸発をうまく助けてくれますから快眠に導いてくれる効果が期待できます。
    一方で扇風機の風向きを固定して直接風を体の一部分に当て続けるようなことになると、その体の部分が冷えてしまい健康に悪影響が出るかもしれませんから、できるだけ扇風機を上方に向けて使用するようにして、首ふり機能がある場合はその機能を使って部屋全体の空気を循環させるようにするのが良いでしょう。
  • それでも暑いと感じる場合は扇風機と共に除湿器を併用するのが効果的だと言われていますし、窓を開けて空気を入れ替えるのも効果的ではあるかもしれませんが、外気温が高い場合は逆効果になってしまう可能性もありますから、その点は注意した方が良いでしょう。
    また室温などに気を付けるだけではなく暑い夏でも気持ち良く寝る方法として、リラックス効果のある観葉植物を寝室に置くと快眠をサポートしてくれる効果が期待できますし、就寝の2時間前に入浴して体温を上げておくことで就寝時間帯に体温が下がり初めて眠気が訪れると言われています。
    その他にも暑い夏を気持ちよく寝る方法として枕用の冷却ジェルマットや冷却シートなどの冷感グッズを利用するのも効果的でしょうし、ワキや首、股間を就寝前に冷やすのも効果的だと言われています。

暑い寝苦しい夜にぐっすり寝る方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事