ベースメイクの手順とポイント

ベースメイクの手順とポイント

Thumb?1414295452 muah♪さん

423

女性にとってメイクとは切っても切り離せない存在です。
美しく見せるための努力を女性は怠りませんが、メイク崩れを防ぎ少しでも長く美しい状態にするためには、ベースメイクが大切です。
ここではベースメイクの手順とそのポイントをご紹介します。


  • 洗顔と保湿

  • 洗顔と保湿
  • ベースメイクを行う時に最も大切な事は保湿です。
    オイリー肌だと思っていても、肌が乾燥し自らを潤す為に皮脂を作り出している可能性があり、そのせいで化粧崩れが起こる可能性があるからです。
    朝の洗顔も洗顔フォームで洗顔してください。
    人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われており、汗には尿素等が含まれている為肌が汚れているのです。
    皮脂や汗で汚れた肌に化粧水は入りにくい為、肌をきれいにしておく必要があるのです。
    洗顔をしたらたっぷりと化粧水を与え、乳液でふたをします。
    クリームは油分が多く、メイク崩れの原因になりがちです。
    どうしても使用したい場合は夜に使用する時より少し少なめにすることをお勧めします。
  • 紫外線ケア

  • 紫外線ケア
  • メイクをする前に大切な事は日焼け止めを使用することです。
    紫外線は肌を乾燥させ、シミやしわの原因にもなります。
    冬場や曇りの日でも紫外線はあり、窓ガラスを通して室内にも入ってくるのです。
    ファンデーション自体にも日焼け止めが含まれているものが多いですが、崩れることが考えられる為その崩れから紫外線が入ってきてしまう可能性があります。
    できれば日焼け止めを使用するか、化粧下地自体にも日焼け止め効果があるものを使用しましょう。
    メイク崩れが起こっても肌を守ることができます。
  • ファンデーション

  • ファンデーション
  • ファンデーションには種類があります。
    リキッド、練り、パウダー、クリーム等肌の状態に合わせて使いわけることをお勧めします。
    肌がオイリータイプの方はリキッドファンデーションかパウダーファンデーション、乾燥肌の方は練りファンデーションかクリームファンデーションがお勧めです。
    コンシーラーを使用する場合は、リキッドやクリームファンデーションを使用した後、練りやパウダーファンデーションの場合はその前に使用してください。
    リキッド、クリーム、練りファンデーションの場合は、そのままでは油分が多いため崩れやすい為、その上からおしろいやパウダーファンデーションを重ねて、油分を抑えましょう。
    乾燥肌の方でおしろいが粉っぽくなってしまう場合や夏場の様な汗をかきやすい時期には、ファンデーションの上から霧状で出る化粧水スプレーを軽くかけることをお勧めします。
    粉の上から水分を与えることで肌にぴったりと付き、メイクが崩れにくくなると言えます。
  • 最後に

  • いかがでしたか。
    ベースメイクの手順はお分かり頂けたでしょうか。
    普段のベースメイクを見直し、ご自身の肌の状態に合わせて試してみて下さい。

ベースメイクの手順とポイント
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事