こんなに簡単だったの?湿気を防ぐベッド下収納の賢い使い方

こんなに簡単だったの?湿気を防ぐベッド下収納の賢い使い方

Thumb?1414295452 muah♪さん

976

ベッド下収納の付いたベッドフレームが人気です。引出収納タイプになっているフレームは種類も多く、日本ではオーソドックスなタイプのベッドです。ベッドのわきに2つから3つの引き出しがついているもので、引き出しの箱の形やレールのタイプなどに違いがあります。


  • ベッド下収納が人気です

  • ベッド下収納が人気です
  • ベッド下収納の付いたベッドフレームが人気です。引出収納タイプになっているフレームは種類も多く、日本ではオーソドックスなタイプのベッドです。ベッドのわきに2つから3つの引き出しがついているもので、引き出しの箱の形やレールのタイプなどに違いがあります。引出の深さや幅、段数などもさまざまで、ベッド下収納を選ぶ時には中にしまうものによってどんなタイプがいいのかを選ぶことができます。収納が多数ある2段タイプのベッド下収納付のものを選ぶと、確かに収納量はたっぷりと確保できるのですが、ベッドの高さがかなり出てしまい、圧迫感が出て部屋が狭く感じてしまうこともあります。
  • ベッド下収納は湿気対策に注意

  • ベッド下収納は湿気対策に注意

    出典: instagram.com

  • ただし、ベッド下収納は湿気対策に注意する必要があります。ベッドは本来は快適な睡眠をするための場所です。人間は寝ている間に一晩でおよそコップに一杯もの汗をかくといわれています。毎日の事なのでベッドのマットレスが吸い込む汗はかなりのもので、ベッドはその湿気を放出する仕組みになっています。ベッド下収納はマットの通気性が確保しづらく、湿気がこもりやすくなるという特徴があります。そのため収納するものは湿気に弱いものや大切なもの、写真や本などの収納にも向きません。布も長い間収納すると変色したりかびてしまったりすることもあります。
  • 湿気を取り除くためのアイデア

  • 湿気を取り除くためのアイデア

    出典: instagram.com

  • 湿気を取り除くためのアイデアとしては、引き出しに除湿剤を入れておいたり、あまり開け閉めしない引出なら、たまには引出ごと干したりして換気を良くしておくことが必要です。できれば割合頻繁に開け閉めするような使用頻度の高いものをしまうようにすることも換気を良くするためのアイデアの一つです。長期間使わないようなものをしまってしまうと、意識して開け閉めするようにしないと、中にしまっておいたものがかびてしまったり、変色してしまうこともあるということを頭に入れ、時々引き出しを開けたままにしておくことも必要です。そして床に近い位置にあるため、物によってはほこりの侵入の心配もあります。
    また、意外と見落としがちなのが引出タイプのベッド下収納の場合、引き出しの開け閉めのためにスペースにかなり余裕が必要だという点です。引出を開け閉めするだけのスペースの余裕がないような場所に置くときには、引出タイプではなく跳ね上げ式の収納タイプのものを選ぶのがおすすめです。このタイプは大きく開閉するので出し入れがしやすいのはメリットですが、構造が複雑になることから引出タイプのものよりも価格が高くなります。
こんなに簡単だったの?湿気を防ぐベッド下収納の賢い使い方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事