ビールは太りやすいのか

ビールは太りやすいのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

238

ビールは飲みたいけど太るのはイヤ。男女問わず大人気のビールですが、ビール腹を想像するともう一杯を遠慮しちゃうかもしれませんね。


  • ビールのカロリーはどのくらい?

  • ビールのカロリーはどのくらい?
  • ビールのカロリーはだいたい100mlで40kal〜50kalくらいです。これは350ml缶でいうと、140kal〜175kal程度。メーカーやビールの種類によって多少の差があります。

  • つまりビールは太るの?

  • つまりビールは太るの?
  • 答えは「太るとも言えるし太らないとも言える」となります。アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」といってそれ自体は体の中に蓄積されないものです。よくお酒はいくら飲んでも太らないという人がいますが、それはこの「エンプティカロリー」のことを言っているのです。ただし「エンプティカロリー」は体内に入ると真っ先に消費されるので、他のカロリーの消費が後回しとなります。つまり一緒に食べたつまみのカロリーは中々消費されずに体内に残ることから、結局それらが脂肪となって体内に蓄積されてしまうのです。
    また、ビールは他のアルコールと比べて糖質の多いお酒です。ビールのカロリーの3分の1は糖質ですので大量に飲めば太る可能性があるのです。しかもビールだとなぜか大量に飲んでしまうものです。もし同量の水を飲めと言われたら苦しくてたまらないはずです。実はビールに含まれる炭酸成分とアルコールが胃と十二指腸を繋いでいる「幽門」というフタを開き、どんどん十二指腸にビールを送り出しているのです。だから胃はすぐにからっぽになってしまい、さらにビールを入れるスペースができてしまいます。こうなるとつい短時間でジョッキ数杯も飲んでしまうことになります。
  • 食欲を掻き立てるビールの苦みと爽快感

  • 食欲を掻き立てるビールの苦みと爽快感
  • ビールに含まれる炭酸の爽快感と独特の苦みが食べ物をより美味しく引き立てます。普段は油ものをそれほど食べない人もビールを飲んでいるとなぜか揚げ物や味の濃いものが欲しくなります。ビールの炭酸成分がこってり感を洗い流してくれるし、しかもあの苦味と濃い味がとてもよう合うのです。こうなるとビールと高カロリーのおつまみを交互に摂取するという一番悪いパターンに陥ってしまいます。
  • 太らないビールの飲み方

  • では太らないビールの飲み方はあるのでしょうか?それはやはり一緒に食べるつまみに注意するということです。ビール自体のカロリーも気になる場合は糖質オフなどに変えてもよいでしょう。でもやはりつまみに気を付けるのが一番です。食べないというのではなく選ぶということです。やはり油ものは太る原因となります。またご飯などの炭水化物もいけません。豆腐や鶏肉のささみなど低カロリーで良質のタンパク質を含むものはおつまみにはもってこいです。野菜の煮物やスルメなど味がしっかりしているけど油が少ないものはおススメです。
    最初のビールはどうしても止められないという人は、二杯目以降をウーロン杯などに変えるとよいでしょう。中休みとしてソフトドリンクを一杯飲んでみるのもおススメです。ビールは一気に飲んでしまいがちですが、そうするとあっという間に次のビールが欲しくなるので、いつもより少しペースを落としましょう。
ビールは太りやすいのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事