ビールは太る?飲み方を工夫すれば大丈夫

ビールは太る?飲み方を工夫すれば大丈夫

Thumb?1414295452 muah♪さん

289

ビールが体に与える影響をきちんと認識して、今より少しだけ飲み方に気をつければ問題はありません!そんなビールの太らない飲み方を解説しましょう。


  • ビールのカロリーは?

  • ビールのカロリーは?
  • ビールのカロリーは、中ジョッキで約200kcalと実はそれほど高くありません。
    しかし、この200kcalという数字、食事に換算するとどれくらいなのか分かりますか?
    ずばり、お茶碗一杯のご飯と大体一緒です。ビール好きあれば、飲みに行ってビール1杯で帰るなんていう方はなかなかいないですよね? 2杯目以降は他のアルコールに切り替えるなど、注意が必要です。
    また、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」と言われる体に蓄積されないカロリーです。しかし、ここには落とし穴があります。エンプティカロリーは優先的に消費されますが、これはアルコール以外のおつまみなどから摂取したカロリー消費を後回しにすることを意味しているのです。結局、食事で摂取したカロリーは余り体内に蓄積されるので、太りやすくなってしまいます。
  • ついつい食べ過ぎてしまうおつまみに要注意

  • ついつい食べ過ぎてしまうおつまみに要注意
  • ビールを飲んで太ると言われる原因は、おつまみにあります。ビールには食欲増進効果があるため、知らず知らずのうちにおつまみに手が伸び、食べ過ぎてしまうのです。唐揚げやフライドポテト、餃子など油を使った味の濃いものをついついオーダーしてはいませんか?ビールとの相性は抜群ですが、もちろんそれらは高カロリー。豆腐や鶏のささみ、枝豆などはビールと一緒に食べても太りにくいため、油料理はちょっと控えてみてください。どうしても食べたい方は、まず最初にサラダなど食物繊維が含まれるものを食べてからにしましょう。
    また、ビールには糖質が含まれています。ご飯や麺類にも糖質がたっぷり含まれているので一緒にとらないように気をつけましょう。

    しかし、おつまみを控えてビールだけを飲み続けることもまた危険です。肝臓が脂肪を溜め込み、太りやすくなってしまうので気をつけてください。何事も適量を考えることが大切ですね。

  • ビールの飲み方に気をつけよう

  • ビールの飲み方に気をつけよう
  • ビールは飲みたい、でも太りたくはないという方は、飲み方に気をつければ大丈夫ですのでご安心ください。まず、空腹時にピールを一気に飲むのはやめましょう。血糖値が急激に上がることで、脂肪をためやすくなってしまいます。また、中ジョッキではなく一回り小さいグラスビールを頼むようにしましょう。ビールを飲む時は水と交互に飲むこともおすすめです。脱水症状に陥ることなく、代謝機能の低下が避けられます。
  • まとめ

  • 以上のことを頭に入れ、日頃から少しでも気をつけていれば、ビールが原因で太るようなことはまずありません。夏になるとビアガーデンに行く機会なども増えると思いますが、ダイエットだけでなく健康のためにもぜひ実践してください!
ビールは太る?飲み方を工夫すれば大丈夫
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事