ビールで太る?その理由

ビールで太る?その理由

Thumb?1414295452 muah♪さん

299

ビールを飲んで太るのはおつまみを食べるからとか、アルコールはエンプティカロリーなので太らないとよく言われますが、本当でしょうか。


  • ビールで太るのか

  • ビールで太るのか
  • 確かにアルコールの主成分であるエタノールには1g当たり7kcalが含まれているものの、そのカロリーは摂取しても熱として発散されるため体内に溜まることはありません。ですが、ビールにはエタノール以外にも大量の糖質が含まれています。ビール100mlの中に含まれる糖質は日本酒の約4gに次いで、約3gとなかなかの量です。ご飯1膳の中に含まれる糖質が約55gですので、中ジョッキ2杯のビールでご飯半分くらいの糖質が含まれていることになります。以上のことからビールのカロリーがそのまま太る原因というわけではないですが、糖質が多いためやはりビールは太る飲み物ということになるでしょう。
  • 糖質で太る理由

  • 糖質で太る理由
  • では何故糖質が含まれていると太るのでしょうか。体内に取り込まれた糖質は血液の中に入って筋肉や肝臓に貯蔵されて人間が活動するためのエネルギーとして使用されます。しかし使用するエネルギーに必要な糖質よりも、摂取した糖質の方が多い場合には脂肪細胞の中に蓄えられます。それは生き物が飢餓状態に備えるためのシステムですが、飢餓状態になることのないまま放置されるとそれは体脂肪として延々と蓄えられます。これが糖質を摂ることによって太る理由です。日本人の食事摂取基準において1日に最低限必要な糖質の量は約100gとされています。ご飯を毎食食べるだけで簡単に到達してしまう量なのに、ビールによってさらに糖質を摂ることがさらなる体脂肪の蓄積を招くことは間違いありません。
  • それでもビールが飲みたい!

  • それでもビールが飲みたい!
  • 太るとわかっていても美味しいビール。太らずにビールを楽しむ方法はないのでしょうか。それはビールを飲む分、他の食事から摂る糖質を引くことです。例えば夕食にビールを飲むのであればお米を食べないようにすることでご飯1膳分の糖質を摂らなくて済みますので中ジョッキ3〜4杯分くらいの糖質の摂取量が普段と変わらないことになります。元々飲み会ではお米は食べないという方もパスタ、パンなどを避けるようにしてください。餃子位の皮や揚げ物の衣にも糖質が含まれているので注意です。オススメのおつまみは厚揚げや冷奴、枝豆やサラダや焼き鳥などです。肉や魚には糖質は含まれていないのですが、カロリーの摂り過ぎには注意してください。どうしても量を飲んでしまうという方はビールを糖質のない飲み物で割るというのも良い方法です。コーヒーやノンカロリーコーラがオススメです。太らずにビールを楽しめたら最高ですね!
ビールで太る?その理由
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事