健康的なおつまみで安心してビールを楽しむ

健康的なおつまみで安心してビールを楽しむ

Thumb?1414295452 muah♪さん

1384

ビールやおつまみはおいしいですが、ついつい気にしてしまうのが塩分やカロリー。健康的にお酒を楽しむには?


  • ビールのおつまみの弊害

  • ビールのおつまみの弊害
  • ビールのお供のつまみは、とっておきのお楽しみですよね。
    つまみが無ければビールを飲んでも楽しくない、つまみを選ぶ楽しみもビールの醍醐味、なんて人も少なくないでしょう。
    しかし、塩辛いつまみや、油っこいつまみをビールと共に毎日食べていると必然的に体重増加に繋がります。
    それだけでなく、塩辛い物を食べるとむくみやすくなり、脂肪分により健康を害してしまいます。
    10代の頃は健康に頓着せずとも不便がなかったかもしれませんが、20代、30代になると、食べる物に注意しなければすぐに太ってしまったり、病気になったり、将来への不安が募ります。
    ビールを飲みながらも、塩分と脂肪分の少ない健康的なおつまみを選んで食べましょう。

  • 市販のおつまみには気をつけて

  • 市販のおつまみには気をつけて
  • コンビニやスーパーで購入できる、スルメやビーフジャーキーはお手軽で塩味が効いていますが、どうしても高額、少量になってしまいがち。
    市販のおつまみは塩分が高く、日常的に食べていると塩分によりビールが進み、成人病になってしまうリスクが高まってしまいます。
    添加物を摂取してしまい、体調不良も気になります。
    できるならばおつまみは手作りすると、栄養を摂取しつつ節約でき、塩分を控えめに作り、健康に繋がります。
    居酒屋やバーでビールを飲む際も、おつまみを注文しておれば、やはりどうしても高額、少量となり、お金が無駄になるだけでなく油分や塩分の過剰摂取に繋がり、ついつい食べ過ぎてしまいます。
    居酒屋のおつまみであっても、外食は油と塩を大量に用いており、あまり健康的ではありません。
  • 健康的なお勧めおつまみ

  • 健康的なお勧めおつまみ
  • ビールを飲みながらも、栄養価の高いおつまみを選び夕食代わりにしましょう。
    枝豆は健康的食品である豆であり、低カロリー、高栄養価となっておりアルコール分や糖質や塩分を効率よく消化してくれます。
    枝豆は冷凍でも売られており、購入してすぐに食べられるために多忙な社会人であっても、手間がありません。
    塩分に気をつければ、健康になりながらもビールを楽しめるおつまみです。
    冷奴は、おつまみとしては味気がありませんが、キムチをのせて食べるとキムチの脂肪燃焼効果を期待しつつ、高タンパクが摂取でき、美味しくダイエットができます。
    茹でたり調理の必要がありますが、アサリなどの魚貝類もお勧めであり、海の味と共に豊富な栄養を摂取できます。
    ビールだけでは太らない、ビールを飲んで太ってしまうのはおつまみのせいだという説もあり、おつまみに気をつければストレス無く晩酌を満喫できます。
健康的なおつまみで安心してビールを楽しむ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事