敏感肌の日焼け止めはアルコールフリーを選ぼう

敏感肌の日焼け止めはアルコールフリーを選ぼう

Thumb?1414295452 muah♪さん

317

紫外線から肌を守る方法は様々なものがありますがとくに日焼け止めは簡単に取り入れることができる方法です。化粧品ではアルコールフリーのものが注目されていますが、アルコールは多くの化粧品に利用されているものの、肌の弱い人の場合は肌を乾燥させたり、赤くなってしまう場合もあります。


  • 水に強いタイプを選んでおくと安心

  • 水に強いタイプを選んでおくと安心
  • 紫外線から肌を守る方法は様々なものがありますがとくに日焼け止めは簡単に取り入れることができる方法です。肌につけるだけで簡単に紫外線対策ができ、その種類も実に豊富です。
    クリームタイプのものもあれば、乳液やローションタイプもありますし、さらにべたつきの少ないジェルタイプや手を汚さずに使えるスプレータイプのものもあります。良い効果を期待するにはこまめ塗りなおすことも大事ですので、外出先でも持っておくと便利です。
    そして、SPFやPAはそれぞれ違いがありますのでこちらもよく比較しておくことが大切です。日常使いならそれほどSPF値が高いものでなくても対応することができますし、海水浴や屋外のレジャーやスポーツを楽しむ場合はUV効果が高く、汗や水に強いタイプを選んでおくと安心です。
  • 肌への優しさも重視して選ぶ

  • 肌への優しさも重視して選ぶ
  • 日焼け止めは多くの種類がありますが、やはり肌質に合わせて選んでおくことも大事です。UVカットの機能の高い商品は肌をしっかり守ることができますので、安心感がありますが、その分肌に与える負担も気になるところです。日焼け止めの中には肌に刺激になるもの、乾燥しやすいものもありますので肌への優しさも重視して選んでいきましょう。
    特に敏感肌の人の場合は一般的には安全とされている成分でも刺激となってしまう場合もありますので、注意したいところです。敏感肌に対応している商品なら肌に刺激となる成分は極力カットされており、より安心して利用できますので、そうした商品から選んでおくのも良いでしょう。
  • アルコールフリーの商品

  • アルコールフリーの商品
  • 化粧品ではアルコールフリーのものが注目されていますが、アルコールは多くの化粧品に利用されているものの、肌の弱い人の場合は肌を乾燥させたり、赤くなってしまう場合もあります。それゆえにアルコールに弱い人の場合はアルコールフリーの商品を選んでおくと安心です。アルコールフリーの商品はエタノールフリーとも表記されている場合がありますので、購入前は成分や表記についてはよく確認しておきます。汗をかいてもべたつかないタイプは夏場も快適というイメージがありますが、こうした商品はエタノールが入っているものが多くなっていますので、注意しましょう。そしてお酒に弱いタイプの人もアルコールフリーの商品を選んでおくと安心です。
    敏感肌対応の商品であれば安心して利用できることが多いですが、まずは目立たない部分に少量つけ、肌に刺激が起きないか、赤くなったり、かゆくなったりしないかよく確かめておきたいところです。
敏感肌の日焼け止めはアルコールフリーを選ぼう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事