敏感肌の人はベビー用の日焼け止めを試してみよう

敏感肌の人はベビー用の日焼け止めを試してみよう

Thumb?1414295452 muah♪さん

264

一昔前に比べ、現在は紫外線や日焼けの影響がより受けやすい環境になってきています。特に大変なのが、敏感肌の方ではないでしょうか。敏感肌の人にとってはブロック力より持続力・低刺激に重点を置き、ベビー用の商品を選択するのも1つの手段といえます。


  • 日焼けのシーズンが到来

  • 日焼けのシーズンが到来
  • 寒い冬を越え、日差しを浴びる時間が増えてくる季節。日焼けのシーズンが到来となります。一昔前に比べ、現在は紫外線や日焼けの影響がより受けやすい環境になってきています。
    日焼け対策には様々な方法があります。紫外線を受けないようにするために、日傘や帽子、UVカットの手袋や洋服などたくさんあります。その中で多くの人が取り入れる方法が、日焼け止めを使う、という方法です。スーパーやドラッグストアなどでたくさんの種類や形状があり、どれを選ぶか悩んでしまう人も多いでしょう。
  • ノンケミカル=無添加

  • ノンケミカル=無添加
  • 特に大変なのが、敏感肌の方ではないでしょうか。日焼け止めは紫外線吸収剤という化学物資が含まれており、この化学物質が強いほど紫外線への効果が強いと言えます。しかし、化学物質であるがゆえにお肌への刺激が強く、敏感肌の人は肌荒れを起こす場合があります。日差しによる肌への刺激、日焼け止めによる肌への刺激と二重に受けてしまい、どんどんお肌のコンディションがひどくなってしまう場合もあることでしょう。そこで、そんなお悩みのある人におすすめなのがベビー用の商品です。ベビー用の商品はその名の通り、赤ちゃん専用の日焼け止めです。生まれたばかりの赤ちゃんは大人よりもずっと刺激に敏感です。よってベビー用はほとんどノンケミカル=無添加になっています。その分、紫外線を抑える効果は少し低めですが、通常の生活を送る分には充分な効力を発揮します。また、日焼け対策は帽子や服、外出を控えたり時間帯をずらすなど、他の方法でも充分対応できるものです。
  • ブロック力より持続力・低刺激

  • ブロック力より持続力・低刺激

    出典: instagram.com

  • 日焼け対策を組み合わせることで充分な紫外線ブロックが可能です。紫外線対策は真夏だけしていればいいというものではありません。春先、日差しが強くなってきたころにはすでに日焼け対策をしなければならないのです。長い期間肌に直接つけるものだからこそ、敏感肌の人は特に、その刺激に耐えられるかをまず一番に考えなくてはいけません。基本的に日焼け止めは商品価値として、紫外線のブロックの効果が第一の「売り」になってきます。必然的に効果が高い、化学物質が入っている商品のほうが目につくようになります。しかし、炎天下で日差しの強い屋外に長時間いるわけではなく、日焼け止め以外でも対策が打てるのであれば、低刺激のものをこまめに塗りなおすほうが持続性に期待ができます。敏感肌の人にとってはブロック力より持続力・低刺激に重点を置き、ベビー用の商品を選択するのも1つの手段といえます。
敏感肌の人はベビー用の日焼け止めを試してみよう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事