敏感肌な顔の日焼け止めには何がよいか

敏感肌な顔の日焼け止めには何がよいか

Thumb?1414295452 muah♪さん

180

敏感肌にとっては、日焼け止めひとつ選ぶにしても一苦労です。顔はほかの部位に比べ皮膚が薄く特に敏感なので、その点も踏まえ購入する際には注意を払うことが大切です。焼けないことを意識するあまり、お肌への刺激を助長させる成分あることを忘れないようにしましょう。では一体どのような特徴をもつ日焼け止めがお肌に良いのでしょうか。


  • 購入する際には注意を払うことが大切

  • 購入する際には注意を払うことが大切
  • 敏感肌にとっては、日焼け止めひとつ選ぶにしても一苦労です。
    太陽の紫外線を防ぐことは、今現在お肌に目に見えて存在していないシミ予備軍の予防にたいへん効果的ですが、日焼け止め選びをひとつ間違えるだけで、反対にお肌に負担をかけてしまうことも示唆されます。とくに敏感肌にとっては慎重に日焼け止めを選ぶ必要があります。顔はほかの部位に比べ皮膚が薄く特に敏感なので、その点も踏まえ購入する際には注意を払うことが大切です。
    では一体どのような特徴をもつ日焼け止めがお肌に良いのでしょうか。
  • どんな特徴をもつ日焼け止めがお肌に良いの?

  • どんな特徴をもつ日焼け止めがお肌に良いの?

    出典: instagram.com

  • 日焼け止め商品の成分には、紫外線吸収剤が含まれている場合があります。この場合、避けることが敏感肌にとって賢明です。紫外線吸収剤は、顔への刺激をもたらすデメリットも無視できないうえに、肌への負担をもたらすことが懸念されます。
    それは紫外線吸収剤の特質が、一度浴びた太陽の紫外線を肌にとりこみ、そのあとにまた異なる物質として放ったり、熱に変換させて放出する特徴をもつからです。もし成分記載欄にこの成分が含まれている場合は、これらのマイナス部分を配慮し、紫外線散乱剤と表記された成分の日焼け止めを選択することがお勧めされます。
    紫外線散乱剤は文字通り、紫外線を取り込まず、跳ね返す作用があります。吸収を行わない分、お肌への負担が少なく、より低刺激になります。
  • 生活スタイルに合った適度な数値を選ぶ

  • 生活スタイルに合った適度な数値を選ぶ

    出典: instagram.com

  • 次に気をつけたい成分は、エタノールです。察しの通りエタノールはアルコールの一種で同様の性質をもっています。エタノールによるさっぱりとした浸透性の良さは同時に、蒸発スピードもエタノールが含まれていないものに比べ速くなってしまいます。蒸発するときにお肌の水分も一緒に持っていかれるので、お肌の乾燥を促進してしまう可能性も否定できません。敏感肌の肌質には、乾燥を悪化させることで顔の皮膚に何らかの刺激を感じてしまったり、コンディションを崩す方もなかにはいます。お肌の潤いを奪いかねないエタノールは、浸透性だけを意識して使用すると肌トラブルを招くリスクをもっています。
    敏感肌のお顔の日焼け対策には、使用する商品の成分をよく確認し、パッケージの謳い文句だけに惑わされないようにすることが重要です。
    焼けないことを意識するあまり、お肌への刺激を助長させる成分あることを忘れないようにします。
    数値も高ければなんでも良いのではなく、生活スタイルに合った適度な数値を選ぶことも敏感なお肌を持つ方には大切なことです。
敏感肌な顔の日焼け止めには何がよいか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事