植物性ボディソープに含まれるアミノ酸とアロエの力とは?

植物性ボディソープに含まれるアミノ酸とアロエの力とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

110

体を洗う時に使うものといえば、昔は固形の石鹸が主流でした。
固形石鹸は独特の心地よい香りと洗浄力が魅力なので、今も変わらず愛用している人というのもいるものですが、泡立てにくいのと最後まで綺麗に使い切ることができないという理由で、ボディソープを使う人が増えてきました。
ボディソープは泡立ちも良く、洗い流す時も綺麗にサッパリ洗い流せるのが良いですが、含まれている成分によって肌荒れする物もあるので、弱酸性のものや植物由来のものを探すと良いです。
そしておすすめは植物性ボディソープです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 植物性ボディソープって?
  • 植物性ボディソープの効果・特徴とは?
  • 植物性ボディソープの見分け方は?
  • 植物性ボディソープを使うメリット
  • 植物性ボディソープの注意点や副作用は?
  • 植物性ボディソープにはどんなものがあるの?
  • 植物性ボディソープって?

  • 植物性ボディソープって?
  • 植物性ボディソープとは主原料に植物の成分を使用していたり、植物から抽出される成分を配合した、肌に優しいボディソープです。

    ですから、植物性ボディソープの成分を見てみると、スキンケアに使用されている成分であったり、肌に良いということで口にしている植物が配合されていることもあるものです。

    代表的なのはアロエや桃で、どちらも美容と健康に良いものとしてヨーグルトに混ぜて食べられているものです。

    アロエはあまり香りが感じられないですが、桃はとても甘い香りがするので、ボディソープとして使用するにも良いでしょう。

    桃は女性が使うにもかわいいイメージもして良いです。

    そして、アロエは特にスキンケア製品に多く用いられている代表的な植物でもありますから、ハンドクリームや薬用の化粧水でも見かけることも多いです。

    それゆえ、安心して使ってしまうこともありますが、アロエの刺激が肌に合わないということもあるので、植物性ボディソープを使う時も、自分の肌がアロエによって荒れないかも確かめてから使うようにすると良いでしょう。
  • 植物性ボディソープの効果・特徴とは?

  • 植物性ボディソープの効果・特徴とは?
  • 植物性ボディソープの効果として、肌に適度な油分と保湿を補うことができる、ということがあります。

    一般的に販売されているボディソープは洗浄料が高く、皮膚の皮脂もしっかり洗い流せることでとても気持ちよく、爽快感の感じられる洗い上がりになることも多いです。

    ですが洗浄力が高いということはそれだけ表面の皮膚が乾燥しやすく、必要な脂も洗い流してしまうことによって皮膚がかゆくなってしまうという危険もあるものです。

    乾燥すると肌のカサカサが出やすくなり、きちんと体を洗っているのに体がかゆくなってしまう、ということにもなりやすいです。

    ですから汗をたっぷり掻く夏であっても、あまり強い洗浄力のあるボディソープは使わないほうが賢明でしょう。

    植物性ボディソープであれば弱酸性で肌にも優しいので、適度な洗浄と潤いを感じることができます。

    これは植物性ボディソープの特徴としてアミノ酸が含まれていることがあり、アミノ酸の成分で洗浄しているから肌に優しく、安心して使えるということがあります。
  • 植物性ボディソープの見分け方は?

  • 植物性ボディソープの見分け方は?
  • 植物性ボディソープの見分け方として、成分表をチェックしてみるというのも良いでしょう。

    植物性ボディソープの場合はアロエや桃、ビワの葉エキス、オリーブオイル、ココナッツオイル、ノニエキスなどの様々な植物成分が配合されています。

    ですが植物性ボディソープでも、主に使用している植物は製品それぞれで異なるので、どれがどれだけ配合されているのかを知るのは難しいものです。

    ほんの少量しか含まれていないのに植物性ボディソープということで販売されていることもあるので、どれだけ配合されているのかを知るには、成分表に書かれている順番を見てみましょう。

    植物性ボディソープに限らず、食品や化粧品も、多く配合されている成分順に記載されているものなので、何番目に記載されているかを見てみましょう。

    植物によってはあまり多く配合できないものや、多く配合されていなくても十分効果が見込めるものもありますが、どれくらい配合されているのかを知る目安にはなるでしょう。

    また、パッケージにアロエの絵が描かれていたり、アロエなどの植物成分配合を堂々とパッケージに記載しているような製品であればわかりやすいものです。

    植物性ボディソープでなくてもアミノ酸が配合されていることはあるので、どんな植物が使われているのかをもとに見分けをしてみても良いです。
  • 植物性ボディソープを使うメリット

  • 植物性ボディソープを使うメリット
  • 植物性ボディソープのメリットとして、肌に優しく使えるということがあります。

    また、免疫力のある強くて丈夫な肌をつくるにはアミノ酸の力が必要ですが、植物性ボディソープにはアミノ酸が配合されているものが多いというのも良いでしょう。

    普段使っているスキンケアやアンチエイジンウ用のクリームなどにも使用されるアミノ酸は、美肌維持には欠かせないものであるとも言えます。

    また、植物性ボディソープの魅力は、食べることができない植物の成分も補えるということです。

    普段野菜を多く食べている人でもアロエはヨーグルトに混ぜて食べる少量が限界ですし、またビワの葉エキスやヤシのエキスなども食事からはとることができません。

    こうした肌に良いと分かっていても、食べることができないものは植物性ボディソープで補うことができれば良いでしょう。

    また、肌が弱い家族がいても一緒に使えることがほとんどなので良いです。
  • 植物性ボディソープの注意点や副作用は?

  • 植物性ボディソープの注意点や副作用は?
  • 肌に良いとされる植物性ボディソープも、注意点・副作用があります。

    植物には肌に良い影響を及ぼすものもあれば、人によってはそれが悪いように働いてしまうものもあります。

    腸内環境を良くするような植物であっても、もともと腸の働きが良い人がそれを利用してしまえば、腹痛を引き起こしてしまうこともあります。

    ですから、植物性ボディソープを使う時も、配合されている植物が肌に悪影響を及ぼさないか、確認してみることが必要です。

    アロエは美肌効果があると言われますが、アロエも人によっては合わないこともありますし、アレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

    特にそばや小麦といった植物が原因の食べ物アレルギーがある人も注意しましょう。

    また、普段使っているスキンケアや美容製品との相乗効果で、副作用が出てしまうようなこともあるので、色々な美容品、サプリなどを使用している人は注意しましょう。

    ボディソープは肌の外側に使うものですから、食べているものや飲んでいるものは関係ないと思われることがありますが、肌の外側に使用したものでも毛穴から内側に入ってアレルギー反応や副作用を引き起こしてしまうことがあるので注意です。
  • 植物性ボディソープにはどんなものがあるの?

  • 植物性ボディソープにはどんなものがあるの?
  • 植物性ボディソープの商品例として、昔から良く見かけるのはアロエのボディソープです。

    また、シトラス系のミカン、グレープフルーツ、レモンの香りが好きな女性も多いので、そういった柑橘系の成分を配合している植物性ボディソープもあります。

    男性であれば体臭に悩む人も多いので、柿渋エキスが配合された植物性ボディソープも注目されているでしょう。

    植物性ボディソープはアミノ酸の力で肌に優しく洗える製品がほとんどです。

    また、ハーブ系のものやもっと香りにこだわった植物性ボディソープを見つけたいなら、外国製品のものを探してみると良いです。

    ですが外国製品は変わった香りも感じられて良い分、肌に合わないこともあります。
植物性ボディソープに含まれるアミノ酸とアロエの力とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事