赤ちゃんにも使える肌に優しい石鹸ボディソープ

赤ちゃんにも使える肌に優しい石鹸ボディソープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

83

皮膚の薄い赤ちゃんには、使用するボディソープにも注意が必要です。ベビー用のボディソープがありますが、石鹸素材のボディソープも、肌に優しい素材で作られているため安心して使用することができます。
今回は石鹸ボディソープについて詳しくご紹介します。

  • 石鹸ボディソープとは?

  • 石鹸ボディソープとは?
  • 私達が日常生活で使用している洗浄製品には、粉末タイプ・固形タイプ・液体タイプと大きく3つの種類があります。

    この中で、固形タイプというと石鹸を思い浮かべますが、固形タイプのものだけが石鹸なのではありません。

    石鹸は、形状による呼び名ではなく原料による呼び名であるため、固形の他に液体タイプや粉末タイプもあるのです。

    また、石鹸の歴史は非常に古く、その歴史は紀元前3000年頃のメソポタミア文明にまでさかのぼります。

    その時代にメソポタミアで暮らしていたシュメール人が、石鹸の製造方法が書かれた粘土板が出土したことで、当時から石鹸を使用していたことが分かっています。

    今から5000年以上も前から、石鹸が使われていたということは驚きでもあります。

    石鹸の定義としては、植物や動物から抽出した油脂をアルカリで煮ることで作ることができ、油脂に苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を混ぜて煮ることで、固形石鹸や粉石けんができます。

    また、油脂に苛性カリウム(水酸化カリウム)を混ぜて煮ることで、液体石鹸を作ることができます。

    石鹸ボディソープとは、液体石鹸から作られたボディソープのことを指しています。

    ボディソープの種類には、石鹸ボディソープの他に、身近に販売されているボディソープがあり、この2種類は全く違う種類になります。

    一見、パッケージだけが異っていて、配合されているので成分は同じだと思ってしまいがちですが、実は配合成分に大きな違いがあるのです。

    一般的なボディソープは、洗浄成分として合成界面活性剤を使用しています。

    この界面活性剤は石油系のもので肌に刺激を与えたり、種類によっては皮膚の中に侵入して皮膚内に蓄積する可能性があります。

    皮膚の薄い赤ちゃんに使用すると、皮膚に刺激を与えるため炎症を起こす可能性があります。

    そのほかにも、皮膚から侵入した合成成分が体内に蓄積されることで、後に様々な疾患を引き起こす可能性もあります。

    一方、石鹸ボディソープは天然の界面活性剤であり、刺激になる成分を含まないので赤ちゃんにも使えるほどの優しいボディソープとなっています。
  • 石鹸ボディソープの特徴とその効果

  • 石鹸ボディソープの特徴とその効果
  • 石鹸ボディソープの特徴は、植物または動物の油脂が原料となっている天然界面活性剤を使用した、液体石鹸です。

    石鹸には、主に合成界面活性剤などの添加物を含まないものは「純石鹸」と呼ばれており、一般的に販売されているものには、合成香料や炭酸塩などの添加物を含むものもあります。

    石鹸ボディソープは、脂肪酸カリウムと呼ばれる洗浄成分が使用されています。

    この脂肪酸カリウムは、動植物から抽出した油脂を水酸化カリウムで煮たものであり、天然由来の成分であるため低刺激で肌にも優しいです。

    そのため、皮膚の薄い赤ちゃんにも使用することができます。

    主成分である脂肪酸カリウムには、油や汚れを水に分散させる作用を持っているため、油汚れを効果的に落とすことができます。

    さらに、細菌が住めない環境を作るため、殺菌・消毒効果も持っています。

    石鹸ボディソープの液性は弱酸性であり、赤ちゃんが使用するのには適しています。

    元々、人間の肌は弱酸性に保たれています。

    そのため、使用するボディソープも弱酸性を選ぶべきという意見もあります。

    もちろん、弱酸性のボディソープは肌に優しいですが、赤ちゃんにとっては弱アルカリ性で洗うことで、肌本来の力で弱酸性へと戻す力を付けることが、あらゆる刺激にも負けない丈夫な皮膚を作るためには効果的と言われています。

    また、弱酸性のボディソープの中には、配合している成分に問題があるものも出回っているため、全てが赤ちゃんに優しいとは言い切れないのです。

    一方、液体石鹸から作られているボディソープは、全て弱アルカリ性で余計な成分が一切含まれていないため、赤ちゃんには最適なのです。

    このボディソープには、純石鹸であっても製品によってはグリセリンやホホバホイル、オリーブオイルなどを配合しているため、天然の保湿効果で赤ちゃんの肌を優しく守ってくれます。

    ミリスチン酸と呼ばれる飽和脂肪酸の一種を配合した製品もあり、このミリスチン酸にはたんぱく質を刺激してホルモンの分泌を促進させたり細胞膜を保護する効果があり、成長因子の活動を活発にします。

    更に、ミリスチン酸は起泡性に優れているので泡立ちも良く、赤ちゃんに使用するのに最適です。
  • 石鹸ボディソープを見分けるには?

  • 石鹸ボディソープを見分けるには?
  • 石鹸ボディソープと一般のボディソープを見分けるには、どの点に注目すれば良いのでしょう?

    注目するポイントは、①洗浄成分は何か、②合成成分は配合されていないか、③液性は弱アルカリ性か、という3点です。

    ①洗浄成分は何か

    純石鹸として製造されている液体タイプは、動物または植物性の油脂と苛性カリウム(水酸化カリウム)を煮立てて脂肪酸カリウム(カリ石鹸)が主な原料となっています。

    そこに天然の保湿成分や天然香料などを配合しています。

    そのため、まず商品の原材料を見て「カリ石鹸素地」などと書かれているかを確認しましょう。


    ②合成成分は配合されていないか

    純石鹸は天然の界面活性剤を洗浄成分としているため、石油系の合成界面活性剤は一切使用していません。

    これも原材料名を確認すると分かります。

    合成界面活性剤には、「スルホン酸Na」「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」などが広く利用されています。

    これらの成分が入っているものは合成界面活性剤を使用しているということになります。


    ③液性は弱アルカリ性か

    石鹸の定義では、液性は弱アルカリ性であり、弱酸性や中性の石鹸はありません。

    それは、石鹸の主成分である脂肪酸ナトリウム(固形・粉末タイプ)や脂肪酸カリウム(液体タイプ)は、強アルカリ性の水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウムが、弱酸性の脂肪酸と反応することで作られるからです。

    これは、弱酸性の成分と強アルカリ性の成分でできた化合物は、最終的に弱アルカリ性になるためです。

    液性が弱アルカリ性かそうでないかをチェックすることで、石鹸かどうかが分かります。


    この3点に注目することで、使用するボディソープが純石鹸かそうでないかが分かります。

    特に注目したいのが、①洗浄成分と②合成成分が不使用であるかです。

    洗浄成分が天然の界面活性剤でない場合、肌に刺激を与える可能性があります。

    また、他の合成成分も皮膚から体内に蓄積される可能性があり、皮膚の薄い赤ちゃんには優しいとは言えないため避ける必要があります。
  • 石鹸ボディソープから得られるメリット

  • 石鹸ボディソープから得られるメリット
  • 石鹸ボディソープを使用することで得られるメリットとしては、以下の4つなどが考えられます。


    ①肌トラブルを予防できる

    液体石鹸の洗浄成分は、天然界面活性剤なので赤ちゃんの薄い肌にも刺激を与えることがありません。

    また、ボディソープの場合には天然の保湿成分も配合されているので、洗い上がりによる皮膚の乾燥を防いで潤いを保ってくれます。

    これにより、合成界面活性剤による肌トラブルを改善したり、予防することができます。


    ②赤ちゃんの肌を強くすることができる

    人間の肌は弱酸性に保たれているためボディソープも弱酸性の方が優しいですが、弱酸性ボディソープは決して肌に優しいであるとは言えません。

    中には、刺激の強いものもあるため赤ちゃんの肌には適していません。

    弱アルカリ性の液体石鹸を使用することにより、肌が自らの力で弱酸性と戻す力を高めることができます。

    これにより肌を丈夫にすることができます。また、純石鹸は天然成分のみで作られており肌に優しいので、赤ちゃんの肌には適しています。


    ③自然にも優しい

    合成成分は排水後に、河川や海に流れても微生物に分解されることがなく、環境破壊につながります。

    一方、天然成分で作られている石鹸は、排水後には微生物に分解され自然へと還るため、環境にも優しいのです。


    ④安心して使用できる

    デリケートな赤ちゃんの肌は、刺激の強いものを使用するとすぐにかぶれなどの肌トラブルにつながります。

    石鹸ボディソープには低刺激の天然成分のみで作られているので、赤ちゃんの肌を効果的に保護します。

    そのため、家族みんなで使用することができます。

    また、国産の製品を選ぶことで、更に安心して使用することができます。

    石鹸ボディソープは、赤ちゃんの肌に優しいだけではなく、肌を丈夫にする効果もあります。

    また、環境にも配慮されているので、自然と環境保護にも貢献することができるのです。
  • 石鹸ボディソープの副作用・注意点は?

  • 石鹸ボディソープの副作用・注意点は?
  • 純石鹸は、石けん素地(ソーダ石鹸・カリ石鹸)と呼ばれる、弱アルカリ性成分から作られています。

    肌には、合成成分が無添加であり、不要な成分を省いたものが最も刺激が少ないとされています。

    しかし、純石鹸の場合、石けん素地のみのもので洗うと皮膚が乾燥しやすくなります。

    それは、石けん素地には洗浄効果のある成分しか含まれておらず、肌に潤いを与える保湿成分は含まれていないからです。

    また、洗浄力も高いため油分をしっかりと落とします。

    特に固形タイプの純石鹸は、石けん素地のみのものが多いため、洗い上がりに乾燥しやすくなります。

    石鹸ボディソープの場合では、洗い上がりの乾燥を防ぐためグリセリンなどの天然保湿成分を配合しているものもありますが、中にはカリ石鹸素地と水のみで作られているものもあります。

    乾燥肌や敏感肌の赤ちゃんの場合、保湿成分が配合されていないものを使うことで、肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。

    赤ちゃんの肌は薄くデリケートなため、いくら肌に優しい製品であっても、種類によっては合うものと合わないものがあります。

    石鹸ボディソープを選ぶ際に注意すべきことは、界面活性剤は何を使っているか、石油系の合成成分は含まれていないかなどの他に、「保湿効果のある天然成分が含まれているか」「アレルギー症状を引き起こす成分が含まれていないか」を確認することです。

    天然の保湿成分としてよく利用されているのが「グリセリン」などがあります。

    グリセリンは、手作り化粧水を作る際にも使用される天然保湿成分です。

    アトピーや敏感肌の赤ちゃんの場合、配合されている天然成分によってはアレルギー症状を引き起こす可能性もあります。

    そのため、使用する前にアレルゲンとなる成分が入っていないかをしっかりと確認しましょう。

    使用する際には、ボディソープをしっかりと泡立ててから肌を優しく洗うことが重要です。

    しっかりと泡立てていないと、薄い皮膚を傷付けてしまう可能性があるからです。優しく洗うだけでも十分にきれいになります。
  • おすすめの石鹸ボディソープをご紹介!

  • おすすめの石鹸ボディソープをご紹介!

    出典: miethical01.theshop.jp

  • 石鹸ボディソープの中でおすすめな商品をいくつかご紹介します。


    【石けん百貨 お風呂の液体せっけん】

    このボディソープは、これ1つで髪の毛、顔、体を洗うことができる、国産の浴用液体石鹸です。

    無香料・シトラス&フルーツ・オレンジ&イランイランの3つのタイプから選ぶことができます。

    香料として使用していているのは、柑橘類などの天然精油であり、合成香料は使用していません。

    また、他の合成成分も一切使用していない無添加液体石鹸です。

    洗い上がりの乾燥を防ぐため、天然保湿成分であるグリセリンを配合しています。

    内容量と価格は、無香料が1500ml・1,026円(税込み)で、香料入りは共に1000ml・1,512円(税込み)となっています。

    公式サイトから購入すると今なら10%~15%オフで購入できます。


    【pax Olie (パックスオリー)】

    このボディソープは、オリーブオイル由来の石鹸素地を使用している他、人間の皮脂成分に近いとされるオリーブスクワラン、クマザサ、陳皮などの植物エキスを豊富に配合した、国産の無添加・高保湿ボディソープです。

    赤ちゃんのデリケートな肌も、洗い上がりの乾燥から効果的に守ります。

    オリーブオイルのオレイン酸が、皮脂を必要以上に落とさないので、特に乾燥しやすい肌におすすめです。

    内容量はボトルタイプが550ml・詰め替え用が500ml、価格はボトルタイプが1,404円・詰め替え用が972円(共に税込み)となっています。


    【暁石鹸 ORIBU果樹亜瑠 ボディソープ】

    このボディソープはサラサラした液体のボディソープですが、とても泡立ちが良いので赤ちゃんの薄い肌も優しく洗うことができます。

    保湿効果のあるビワ葉エキスを配合しているので、洗い上がりも乾燥することがなく、しっとり仕上がります。

    内容量は本体が800ml・詰め替え用が700mlで、価格は本体が1,296円・詰め替え用が1,080円(共に税込み)となっています。

    インターネットショップから購入する際、まとめ買いにより3%~8%オフで購入することができます。
赤ちゃんにも使える肌に優しい石鹸ボディソープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事