赤ちゃんにも使える?優しいボディソープは石鹸ボディソープ!

赤ちゃんにも使える?優しいボディソープは石鹸ボディソープ!

Thumb?1414295452 muah♪さん

284

肌に優しい固形石鹸と使いやすいボディソープが合わさった石鹸ボディソープが登場していますが、一体どのようなものなのか?特徴やメリット、注意点などについて説明していきます。

  • 石鹸+ボディソープ=石鹸ボディソープ?

  • 石鹸+ボディソープ=石鹸ボディソープ?
  • 石鹸ボディソープという名称だけを見聞きすると、一体どのような石鹸なの?ボディソープなの?など疑問が生まれますよね。

    簡単に説明すると、石鹸ボディソープは石鹸を使用して作られたボディソープのことで、石鹸かボディソープかで言ったらボディソープに属します。

    分かりやすいイメージでは、固形石鹸を溶かしたものをポンプ式で使用するといった感じです。

    植物性石鹸を原料として用いている石鹸ボディソープは、肌にも環境にも優しいため赤ちゃんの肌にも使用することができます。

    固形石鹸はネットがないと泡立ちにくかったりツルツル滑って扱いにくい難点があるため、肌に優しいといっても難点を理由に使うことを避ける人も多いようです。

    ボディソープは液状なのでポンプに入れて使用しますが、石鹸のようにツルツル滑ることがないので扱いが楽です。

    固形石鹸より肌への優しさに欠ける商品が多いため肌が弱い人や赤ちゃんのことを考えて使わない人もいますが、現代では固形石鹸より一般的な体を洗う用洗剤となっています。

    石鹸には優しいという良さが、ボディソープには扱いやすいという良さがあります。

    実際に使う側としては、優しくて扱いやすいことが理想ですよね。

    石鹸ボディソープはポンプ式で使いやすく、原料が固形石鹸なので肌にも環境にも優しいことが実現されたものなのです。

    商品によって肌や環境にどれくらい優しいのかは違ってきますが、植物性石鹸で作られている石鹸ボディソープは優しい方だと思います。

    そもそも石鹸とボディソープの違いは配合成分にあり、石鹸には石鹸を作るために必要なものだけが含まれていて、ボディソープは合成洗剤なので化学的なものが含まれています。

    そのため、石鹸ボディソープには多少化学的なものが配合されていることが多いです。

    完璧に肌に優しい環境に優しいとは言えませんが、一般的なボディソープよりも肌と環境への優しさがあり、一般的な固形石鹸よりは使いやすいことが魅力となっている洗剤です。
  • 要は液状石鹸だけど商品で成分は異なる

  • 要は液状石鹸だけど商品で成分は異なる
  • 石鹸ボディソープは簡単に言えば液状石鹸なので、そのような名称で呼ぶと固形石鹸と相対する石鹸ということになります。

    ただ、固形石鹸よりは石鹸とは言えないものです。

    石鹸は石鹸素地である脂肪酸ナトリウムが主原料となりますが、ボディソープには脂肪酸ナトリウム又はカリウム以外の成分が用いられます。

    石鹸ボディソープ商品によって、石鹸寄りなのか合成洗剤寄りなのかが異なります。

    添加物や石油系成分が含まれていた場合は、寄りというよりは正しく合成洗剤です。

    添加物や石油系成分など石鹸とは言えなくなるようなものが含まれていない石鹸ボディソープは、どちらかと言えば石鹸寄りでしょう。

    商品としての括りに石鹸ボディソープという括りはないので曖昧な点もありますが、固形石鹸を液状にしたボディソープが石鹸ボディソープの基本です。

    肌に優しいかどうかを確認する上では、どのような固形石鹸を液状にしたのか、他に配合されている成分はどのようなものなのかをチェックします。

    固形石鹸を液状にした石鹸ボディソープと書かれていたとしても、固形石鹸にも植物性と石油系があります。

    固形石鹸=優しいというイメージが強いようですが、成分及び原料によります。

    優しいイメージの強い固形石鹸をもとに作られたボディソープと書かれているとそれだけで肌に優しさが考えられていると思われがちですが、何を使って作られているのかで優しさの度合いには差が生じます。

    そのことから、石鹸ボディソープを使用したい時にはどのような固形石鹸で作られているのかだけでなく、成分表記も要チェックです。

    植物性を配合していたとしても、本当のところは石油系や添加物も含まれていることは珍しくありません。

    そのような商品は「植物性も」であり、植物性ではないので注意しましょう。

    肌や環境への優しさを考えるなら植物性の固形石鹸をもとに刺激性のあるものを加えず作られた石鹸ボディソープを選ぶことで、赤ちゃんや敏感肌などデリケートな肌を持つ人でも問題なく使用し続けることができますよ。
  • 成分をチェックして見分ける

  • 成分をチェックして見分ける
  • ほとんどの石鹸ボディソープは、詰め替えタイプでのみ販売されています。

    詰め替えタイプでのみ販売されている商品には専用容器がないので、容器を自分で用意する必要があります。

    100円均一や雑貨屋さん、大型の家具屋さんなどでボディソープ用の容器が販売されているので自分好みの容器を使用すると良いでしょう。

    見た感じは、液状ということで詰め替えの場合はパウチに入っています。

    固形石鹸との区別は難しくないと思いますが、一見して一般的なボディソープと変わりないので間違える可能性が高いのですが、ネットショッピングで購入する時には石鹸ボディソープと表記されているので分かりやすいです。

    ただし、成分もちゃんと確認することを忘れないようにしましょう。

    特に、赤ちゃんにも使う・敏感肌の人がいる・アトピーの人がいる場合は成分を忘れずにチェックすることでボディソープで肌トラブルを起こすリスクを軽減できます。

    また、ニキビなどの肌トラブルが起きている人にも100%植物性が向きます。

    石鹸で作られていない一般的なボディソープの成分には、石油系や鉱石系、添加物やアルコール類などが含まれています。

    これらは肌に刺激を与えるため、肌が弱くない人であれば使っても問題はありませんが肌がデリケートな人には向かないので避けることをおすすめします。

    避けるためには成分をチェックし、100%植物性であることを確認します。

    ボディソープやシャンプーなど体に使う洗剤類に添加物などが加えられる理由は、洗浄力と美容効果です。

    石油系は植物性より洗浄力が高いとされていますが、肌にも環境にも良くないことが明らかになってからは賛否両論になっています。

    美容効果ではサラサラ感・乾燥を防ぐ・ツヤ出しなどがシャンプーに求められ、保湿・美白・ツルスベ感などをボディソープに求められる時代です。

    100%植物性でも美容効果と洗浄力について意識しており、植物性の中から洗浄力が高い成分と美容効果を得られる成分を取り入れています。

    植物性では難しい名前の成分がないので、成分表記を見ることで化学的な知識がそれほどなくても植物性かどうかの区別をすることが可能です。
  • 使用メリットは低刺激さにある

  • 使用メリットは低刺激さにある
  • 刺激性の強い成分や添加物が配合されていない、又は配合されている量が少ない商品であれば肌への優しさ・環境に配慮・赤ちゃんでも使用できるなどのメリットが得られます。


    ○メリット1 低刺激

    石鹸は低刺激であることは有名ですが、なぜ低刺激と言われているのかを知っていますか?

    低刺激と言われている理由は、配合されている界面活性剤にあります。

    界面活性剤は環境を汚染するものとか肌を荒れさせるものとされていますが、もっと正確に言うと環境汚染や肌トラブルを招く界面活性剤の種類があるのです。

    環境を汚染したり肌トラブルを起こさない界面活性剤も存在していて、それが石鹸に使用されている成分なのです。

    商品の成分表記ではカリ石ケン素地と書かれていることが多く、水とカリ石ケン素地があれば石鹸は作れます。

    カリ石ケン素地のように安全性の高い界面活性剤は植物性であり、水に薄まる性質があるので排水されるまでに界面活性剤の毒性が消滅します。

    石油系のように環境を汚染する界面活性剤は合成界面活性剤と呼ばれ、水に薄まることができない性質を持っていることから自然界に悪影響を与えるとされています。

    水に薄まる性質があると、肌に浴室で使用した時にも刺激性が弱まります。

    逆に薄まらないと洗浄力が強くなり、肌への刺激が強くなります。


    ○メリット2 肌が弱い人でも使える

    肌が弱い人といっても状況はさまざまで、アトピー・乾燥肌・敏感肌・肌荒れ中・赤ちゃんなど状況によって原因が異なるためそれぞれに適したケアを行う必要があります。

    しかし、低刺激でケアすることというのはどの状況にも当てはまることです。

    赤ちゃんの肌は薄くデリケートなので、生まれたてで肌質は良くても肌トラブルを起こしやすいとされます。

    赤ちゃんに使用するボディソープ100%植物性が良く、赤ちゃん片手に固形石鹸を泡立てるのは大変なので液状石鹸の石鹸ボディソープを活用しましょう。

    肌荒れ中若しくはアトピーなどで肌が荒れやすい人も、日常的に活用することで適切なケアを行えます。
  • 使用上気を付けたいことは基本的なこと

  • 使用上気を付けたいことは基本的なこと
  • 石鹸ボディソープを使用することで起きる副作用というものはありませんが、使用する上で気を付けることはあります。

    それは、誤飲です。

    誤飲に関しては石鹸ボディソープでなく一般的なボディソープでも気を付けたいことですが、植物性で安全だから少しぐらい大丈夫と油断している人も割と多いようです。

    肌への優しさは確かにありますが、だからといって飲んで良い、食べて良いわけではありません。

    特に赤ちゃんや幼い子どもさんは誤飲する可能性が高いので、注意しましょう。

    口に入ってしまうだけでなく、目に入ってしまった時にもすぐに対処します。

    入ってしまった時にはよく洗って、できるだけ入らないようにシャンプーハットなどのアイテムを利用して目に入らない工夫を行うと良いです。

    他に気を付けたいことは、肌に異常がある時に使用しないということです。

    湿疹など、肌に異常が起きている時でも体を洗いたい気持ちは分かりますが、植物性で低刺激であったとしても異常がある時には使用しない方が賢明です。

    湿疹などの異常が起きている肌は、外部からの刺激にとても弱くなっています。

    植物性で用いられるカリ石ケン素地は低刺激ですが界面活性剤としての洗浄力を持っているので、肌に異常がみられる時には使用を避けましょう。

    湿疹などの他、傷がある時も使用を避けます。傷の具合にもよりますが、すり傷でも表皮がめくれて中の皮膚層がみえてしまっているので刺激となるものは触れさせない方が良いかと思います。

    傷は乾燥させることでカサブタができ、傷口を守りながら皮膚を修正していくので、ゴシゴシと洗ったり洗剤でしっかり洗うことは避けた方が良いです。

    植物性100%の成分的に安全性が高いことが分かる石鹸ボディソープは、適切に使用することで問題が起きることはありません。

    赤ちゃんや肌が弱い人、肌トラブルがある人は使用前にはパッチテストを行いましょう。

    肌が弱くなくても、念のために行うことをおすすめします。

    そして、傷や肌に異常がある時には植物性でも治るまで使用は避けましょう。
  • 石鹸ボディソープの商品例

  • 石鹸ボディソープの商品例

    出典: www.live-science.co.jp

  • ○石けんボディソープ

    無印用品が販売しているので、容器がとてもシンプルです。

    容器自体の色はホワイトで、石けんボディソープと書かれたシールが貼られています。

    主原料は水に次いでカリ石ケン素地、これは植物性の石鹸です。

    着色料不使用で鉱石油も不使用、アルコールも使用していませんがメチルパラベンなどの添加物が少々含まれています。

    全体的にみて、配慮されている部分としきれなかった部分があるようですが、泡立ちがキメ細かくて洗いあがりも良く、400ミリリットルで650円(税抜)なので肌に対してそれほど意識する必要はないけど安くて植物性寄りのボディソープを使用したい方向きです。


    ○石けん百貨お風呂の液体せっけん(シトラスフルーツの香り)

    生活と科学社による石けん百貨にて販売されている商品で、原料は水・カリ石ケン素地・グリセリン・クエン酸・グレープフルーツなどの果皮油となっています。

    気になるのはアルコールの一種であるグリセリンですが、グリセリンは製品の質を保つために必要な成分であり、多くの化粧品に含まれています。

    グリセリンがないと質が落ちてしまうので配合されていますが、エタノールより刺激性は低く赤ちゃんにも使用できる成分なので安全です。

    果皮油はグレープフルーツの他、オレンジ・レモン・ユズが用いられています。

    石けん百貨の姉妹サイトには石鹸についての情報が満載なので、安全な石鹸への意識の高さがうかがえます。


    ○ミヨシ無添加せっけん泡のボディソープ

    ミヨシ石鹸の商品で、なんと!水とカリ石ケン素地だけで作られているという正真正銘の石けんボディソープです。

    合成界面活性剤の石油系などを一切含まず、香料や防腐剤などの添加物も不使用で本当に余分なものが入っていないただの石鹸で作られたボディソープと言えます。

    正に石鹸なので、低温の場所に使用せず長らく置いておくと固まることがあるそうです。

    固まってしまったら温めることで、元通りになるので大丈夫です。

    赤ちゃんにも使えるようですが、念のためにパッチテストは行うようにしましょう。
赤ちゃんにも使える?優しいボディソープは石鹸ボディソープ!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事