植物が使われたボタニカル歯磨きとオーガニックとの違いとは?

植物が使われたボタニカル歯磨きとオーガニックとの違いとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

47

歯磨き粉に拘る人達の間で、ボタニカル歯磨きというものが流行っています。あまり聞き慣れない名前ですが、オーガニックや天然の植物という言葉が好きな人におすすめの歯磨き剤です。

  • ボタニカル歯磨きってなんだろう?

  • ボタニカル歯磨きってなんだろう?
  • 特に難しく考えることはなく、普通の歯磨き剤と同じです。

    歯磨きで使いやすいペースト状の商品に仕上がっていることが殆どです。
    口腔内の清潔を保つために、歯ブラシに容器からペーストを取り出して、適量をつけます。そのまま口の中に運び、歯を丁寧にブラッシングすることで洗浄効果を引き出してくれる商品です。

    ポイントになってくるのが、ボタニカルという言葉でしょう。聞き慣れない言葉ですし、あまり内容を理解できていない人も少なくありません。

    しかし、テレビ番組やコマーシャルなどでしばしばこの言葉が使われ始めていますので、覚えておくと損をしません。

    ボタニカルの言葉には植物の、植物から作られたという意味が込められています。
    つまり、ボタニカル歯磨きは植物由来の成分が配合されている歯磨き剤だと考えればちょうどよいでしょう。草や花、木が世界中の至るところに生えていますが、これらから成分を抽出して、人の身体に使えるように加工されています。

    天然由来成分の商品ですので、オーガニックと同じ意味を持つと考えるところです。確かにオーガニックは化学肥料などを使っていない、天然の成分が使われていることで有名な言葉です。

    様々な商品に使われているものの、ボタニカルとオーガニックの歯磨き剤には違いがあります。

    オーガニックは天然由来や有機肥料によって育てられた、採取されたものから抽出した成分を使っているものの、世界的な権威を持つ、オーガニックの認定団体の許可を受けたものだけがオーガニックの言葉を使えるようになっています。

    一方のボタニカルは認定団体を通じなくても、意味さえあっていればあらゆるものに使える一般的な言葉です。

    つまり、歯磨き剤でオーガニック認定を受けているものなら、それは同時にボタニカルの歯磨き剤であるともいえます。実際には条件があるものの、一般の人にはオーガニックの言葉が天然由来の意味を持つイメージが強くなっているため、認定を受けていない商品に対しても、この言葉が使われる例が少なくありません。
  • ボタニカルが持つ特徴と使うことによる効果

  • 一般の歯磨き剤に比べると、あまり商品ラインナップが多くないのが特徴的です。

    オーガニックや植物由来といった商品を多数取り扱う店舗や、インターネット通販を利用したほうが入手しやすいでしょう。

    パッケージが比較的オシャレな商品に仕上がっているものが目立ちます。植物を連想させるようなデザインをしており、洗面台やバスルームに置いておくと、インテリアとしても映えるほど、見た目の良さが光ります。

    やや高価な商品が目立ちますので、高級志向な歯磨き剤といったところです。天然由来成分が使われており、石油などを使って化学合成で簡単に作られる成分とは違い、製造工程で手間がかかる部分が価格にあらわれていると判断できるでしょう。

    効果の面で見ると、ボタニカル歯磨きには天然植物が使われているとはいえ、基本的に普通の歯磨き剤と同じ機能を持っていますから、歯やその周辺の汚れを落とす機能を持っていることは確かです。

    食事をすることで歯に汚れが付着し、プラークが作られて次第に歯石になって固まり、落ちにくい汚れがこびりついてしまいます。歯磨き剤の洗浄成分を利用することによって、ブラッシングしただけでは落としきれない汚れを取り除き、口腔内の衛生環境を整えることができます。

    ただペーストを付着するだけでなく、歯ブラシでブラッシングしながら洗浄成分を行き渡らせるのがコツです。

    歯の汚れが原因で発症しやすい、虫歯や歯周病を防ぐことができます。また、食べかすやプラークなどが原因の口臭を和らげる作用も期待できるでしょう。口の中の粘つきや不快感を無くし、さっぱりとした口腔内に仕上げることが可能です。

    これらの効果を引き出すには、毎食後の歯磨きの際にボタニカル歯磨きを使うことです。就寝前にも使うとより高い効果が発揮されます。

    植物から得られる爽快感や、豊かな香りを感じながらブラッシングができるようになっています。ハーブが配合された商品であれば、それぞれが持つ精神や身体への作用を引き出せることで、心地よくブラッシングができるでしょう。
  • 商品の見分け方は天然由来と無添加

  • ボタニカル歯磨きは厳密にいえばオーガニックとは違いますので、植物由来成分が使われていれば、基本的にどのような歯磨き剤でもボタニカルだといえます。

    定義などは決まっていませんから、ボタニカルの本来の意味を知っていれば、商品を探しやすくなるでしょう。

    ボタニカルという文字が商品に記載されていなくても構いません。好みの天然成分が使われているなら、それを選択するだけで十分でしょう。
    しかし、植物由来とはいっても、自然環境の中で育ったものと、室内で人工的に育てられたものがありますから、天然の文字が記載されているからといって、どれも同じとは限りません。

    この点の見分け方は非常に難しいですが、商品を作っているメーカーの製造過程の説明を熟読し、判断するしかありません。

    また、天然由来成分と書かれていれば、100%天然由来の原料だけを使っているとも限らないことを覚えておきましょう。一部だけ天然由来で、他は石油などの化学合成の成分がたくさん使われている例が割と少なくないのが現実です。

    日本の法律で明確化されていないのが原因でもあります。この辺りもメーカーの説明を聞いて判断するのが良いですが、原材料名の部分を確認すると、ある程度見分けがつきますので調べてみましょう。

    原材料名にセージ葉エキスやラベンダー油、ローズマリー葉エキスなど、植物の名前がそのまま記載されているものは天然由来だと判断できます。このような記載が多い商品を選ぶのがおすすめです。

    無添加と書かれている商品を選ぶことも大切です。防腐剤のパラベンといった合成保存料が使われていないもの、石油由来の香料などが配合されていないものなら、ボタニカルの本来の性質を体験できるようになるでしょう。但し、防腐剤や香料には天然由来のものも存在しますので、その点には注意してください。

    判断が難しいなら、オーガニック認定を受けた商品に拘るのも構いませんが、商品探しの難易度がやや高いため、そこまで拘らないなら、天然由来成分と無添加の部分を重視して商品選びをするだけで構いません。
  • 天然の安心感を得ながら疾患を防止できる

  • 天然の植物由来成分が配合されたボタニカル歯磨きを使うメリットは、圧倒的な安心感でしょう。

    石油由来の成分だと、人体への悪影響が気になる部分があります。スキンケア化粧品でよく話題になりますが、ケアをしているにも関わらず、配合されている刺激物のせいで肌荒れを起こしたり、アレルギー症状が出るなどのトラブルが頻繁に聞かれます。

    歯磨き剤は口の中に直接入れるものですから、刺激物が体内に入り込むリスクが更に増します。自分自身の身体だけでなく、妊娠を希望する人や妊娠をしている人、授乳中の場合に大切な赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分を使いたくないという気持ちが強くなります。そんな時にボタニカル歯磨きがあれば、天然由来の優しい成分の安心感が得られるでしょう。
    抵抗力のない小さなお子さんや、高齢者にとっても使いやすい商品です。

    天然由来の風味や香りを楽しめますし、ハーブ由来のアロマオイルのようなリラックスやリフレッシュ作用を得られる場合があるのもメリットです。

    歯磨きをするだけで、肉体的や精神的な安定が得られる期待が持てるのが、優れた部分だといえます。ストレスを感じやすい現代人には、相性の良い商品です。

    魅力的な成分を含みつつも、歯磨き剤としての効果をしっかりと持っているのが嬉しい部分だといえます。虫歯や歯周病になると大切な歯が大きく削られてしまったり、最悪の場合には歯を失うことにも繋がりかねません。

    毎日歯磨きをしていないと歯の疾患に対するリスクが大きく跳ね上がりますし、悪くなった歯を元の状態に戻すのは非常に困難です。
    使い続けることで疾患のリスクが減りますから、歯の健康を守り続けるには歯磨き剤の存在は必要不可欠だといえるでしょう。

    丁寧に磨いていれば、高齢者の立場になっても多くの歯を残せる状態になり、自分の歯で食事を美味しく食べられます。歯だけでなく、歯茎やその周囲の健康状態も良くなります。ボタニカル歯磨きの作用で口臭が減れば、人前で思う存分おしゃべりができるのも大きなメリットです。
  • 深刻な副作用は存在するのか

  • 副作用で気にしたいのは、強い成分が使われている例です。

    ボタニカル歯磨きにおいてはその殆どが市販品として流通していますから、基本的に深刻な副作用が発生することはありません。全く起こらないとは言い切れませんが、これはどのような商品にも当てはまることですので、ボタニカル歯磨きだけが持っている問題ではないことを知っておいてください。

    市販品の中で最も副作用のリスクが高いのが医薬品です。医薬品は効果効能が確かにある、強い薬剤が使われています。

    おかげである程度の即効性が得られるのがメリットですが、薬剤が強ければ強いほど、身体への影響も強くなりますから、同時に副作用のリスクが高くなります。

    とはいえ、医師の処方が必要な医薬品よりは弱い作用に限定されますので、使い方さえ間違えなければ基本的にあまり心配することはありません。
    ボタニカル歯磨きの場合だと、市販薬として販売されているものは少ない状態です。

    どちらかといえば、医薬部外品や通常の歯磨き、ペーストとして販売されているものが殆どです。これらは市販薬よりも遥かに身体への影響が少ない成分量や種類が配合されていますので、副作用のリスクが極端に低くなっています。普通に使っていれば、気にすることはないでしょう。

    医薬部外品には市販薬にも使われる薬剤が使われているものの、市販薬ほどの影響がないレベルに調整されていますから安心して使い続けることができます。

    まず身体への悪影響を気にするレベルの商品ではないものの、アレルギー体質の人は注意したほうが良いでしょう。ボタニカルの性質上、複数の天然成分が使われていますが、植物によるアレルギーも少なからずあります。相性の悪い成分を口に含んだり、粘膜や皮膚に付着すると、炎症を起こしたり、痛みや痒みが出るようになりますので気を付けてください。

    アレルギー症状が気になる場合は、最初は少量で使うのがおすすめです。使用後に体調が悪くなったら使用を中止し、医師や歯科医師に相談しましょう。
    また、傷口があると成分により刺激を受けますから、使用を控えるようにしてください。
  • シリカを配合する人気の商品などをご紹介

  • 天然由来の歯磨き剤ならばボタニカル歯磨きと呼べるものの、ボタニカルの言葉が明確に使われている商品で人気があったり、話題に取り上げられる、ネット通販で購入しやすいものに厳選して紹介しましょう。

    口コミでも頻繁に取り上げられているのが、7種類の天然由来成分を配合した商品です。

    カニナバラ果実エキスやセージ葉エキス、タチジャコウソウの花や葉のエキス、ビルベリー葉エキスにローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキスとアルガニアスピノサ核油の7つが贅沢に使われています。口の中の爽快感を演出してくれるハッカ油、優雅な香りを感じさせてくれるダマスクローズウォーターが使われているのもポイントです。

    この商品にはシリカが配合されています。研磨剤の代わりになるような天然由来のパウダーですが、一般の歯磨き剤に使われる研磨剤とは違って、歯のエナメル質を傷つけるリスクが少ないのが優れています。

    エナメル質が削られすぎると知覚過敏の原因になりかねませんが、シリカであれば非常に細かなパウダーでエナメル質を守りながら磨くことが可能です。食品や化粧品にも使われている安全性の高い天然成分ですから、安心して使えるでしょう。
    無添加仕様で、着色料や鉱物油が使われていません。

    1本で税別1200円の高級品ではあるものの、公式サイトから5本セットや定期購入を選ぶことで、お得に商品を入手できます。

    他の商品では、ホワイトニング機能を持ったボタニカル歯磨きが存在します。ステインやタンパク質汚れをパパイン酵素の働きで除去しやすくするため、輝くような本来の歯の色を保つことができるのが魅力です。樹木から採取される天然物質の働きにより、消臭作用を得られます。

    また、黄ばみ汚れや口臭を予防するために、ヤグルマギク花エキスやオトギリソウエキス、ローマカツミレ花エキスにフユボダイジュ花エキス、カツミレ花エキスとトウキンセンカ花エキスがたっぷりと配合されているのも注目したい部分です。スタンダードな商品とプレミアム仕様の商品の2種類があるのが特徴です。
植物が使われたボタニカル歯磨きとオーガニックとの違いとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事