植物由来のオーガニック成分を配合したボタニカル洗剤

植物由来のオーガニック成分を配合したボタニカル洗剤

Thumb?1414295452 muah♪さん

313

最近話題になっている「ボタニカル洗剤」は植物に由来する成分を使っているので肌に優しい自然な洗い上がりが魅力的で、環境保護にもつながるので世界中で注目されています。

  • ボタニカル洗剤って何?

  • ボタニカル洗剤って何?
  • 「ボタニカル」とは植物に由来するものを意味する言葉で、最近いろいろな場面で耳にします。

    ボタニカルのシャンプーや洗剤、石鹸、スキンケアなどコスメやクリーニング用品はもちろん、衣料品や食品などの分野でもボタニカルが注目されています。化学薬品や石油に頼らず、自然界に存在する植物を原料にして作られた製品は総称してボタニカルと呼ばれていて、中でも農薬を使わず自然の力で育てられた有機栽培のものには「オーガニック」という名前が使われています。

    オーガニックは自然派のコスメや洗剤の中でも特に品質が高いとされていて、ボタニカル洗剤の中でも敏感肌の人や環境問題に関心がある人が好んで使用しています。

    ボタニカルは自然派のイメージがあって、実際に植物由来の成分がたくさん入っているのでリサイクルや環境保護の観点からも使ってみたい商品です。

    パッケージも植物をイメージしたおしゃれなものが多く、洗濯機の横に置いておくだけでインテリアにもなって毎日家事をするのが楽しくなります。

    自然のハーブから抽出したエキスやオイルが配合されていて肌に優しく、香りも不自然で人工的なものではなく天然由来のアロマを使ったものが主流です。

    使用することで周囲に差を付けたり、トレンド感もあるのでファッションやコスメだけでなく家事をするときも最新流行の製品を使って新しいことにチャレンジすることができます。

    日本ではまだあまり知られていないボタニカル洗剤ですが、海外ではすでに流行していて積極的に選ぶ主婦もたくさんいます。

    特に環境保護や自然派の製品で知られているヨーロッパやオーストラリア、トレンド発信地のアメリカなどではスーパーマーケットやドラッグストアでボタニカルやオーガニックの製品が並んでいて、普通の洗剤やコスメよりも売れているくらいです。

    毎日使うものだからこそ環境や体のためによいものを選びたいので、若い女性からベテランの主婦、高齢者まで幅広い世代に支持されていて、今後もブームが予想されています。
  • 普通の洗剤とどこが違うのか

  • 「ボタニカル洗剤」と言っても実際に普通の洗剤と何が違うのか、知らない人にはよくわかりません。

    ボタニカルやオーガニックはよく耳にする単語でも、意味を聞かれると答えられない人もけっこう多いのできちんと理解しておきましょう。

    ボタニカル洗剤の最大の特徴は自然の成分をたくさん配合していることです。通常の洗剤には界面活性剤をはじめさまざまな化学薬品や石油を原料とした成分が入っています。

    中にはアレルギーの原因になったり環境によくないものもあるので、水質汚染につながったり健康を損なう恐れもあります。ボタニカルなタイプの洗剤だと自然界に存在する物質に由来する原料を多く使っているので、同じ油分でもヤシやナタネなど植物から抽出したものを選んでいて、肌に刺激を与えず環境にも優しいメリットがあります。

    オーガニックの表示があるタイプならさらに品質がよくて、原料となる自然の材料も農薬や殺虫剤などを使わずに天然の成分だけで栽培されているのが特徴です。使用することで肌をいたわる効果があり、アレルギーや敏感肌の人も安心して使えます。

    衣服を保護する面でも天然の成分で洗えるので、特にコットンや麻などを使った衣料品を洗濯するときには同じ自然の力で洗浄したほうが仕上がりがよく、繊維を傷つけずに優しく洗いあげることができるメリットがあります。

    使われている香料もボタニカル洗剤と普通の洗剤では大きく異なります。普通の洗剤だとしっかりと香りを付けるために化学的な成分が多用されていて、特に特殊な香りや強い消臭効果を得るための香りが付いている洗剤はさまざまな人工的な香料が入っています。

    香料が強すぎると頭痛の原因になったり不快感があったり、周囲の人にも迷惑がかかることがあるので、あまり強力な香りのする洗剤を使うのはよくありません。

    ボタニカルの場合は香料も自然界に存在するハーブや花を原料にしているので、バラやラベンダー、ローズマリーなどアロマオイルでもお馴染の天然の香りを楽しむことができます。
  • 何を基準に見分ければいいの?

  • ボタニカル洗剤を使ってみたいけれど、どの洗剤がボタニカルなのかわからない、どこで買えばいいのか迷ってしまう、見分け方の基準が不明確、など疑問を持っている人も多いはずです。

    ボタニカルという単語を使用するためには法律で定められた基準などはないので、見分けるためには洗剤のパッケージに付いている成分表示を見て、天然の成分が多く配合されていればボタニカルだとわかります。

    ほとんどのボタニカル洗剤はボタニカルであることを売り物にしているので、大きく表示が書いてあったりどんな自然の成分が入っているのかアピールする表記があるので見ればすぐにわかります。

    ドラッグストアやバラエティショップではボタニカルやオーガニックの専用コーナーを設けているお店も多いので、最初からそこに並んでいる商品を選べば間違いがありません。パッケージも自然をイメージしていたり草花のイラストや写真が使われていたり、天然の優しい色使いの商品が多くてわかりやすくなっています。

    ボタニカル洗剤の中でもオーガニックのものは法律で定められた基準があるので検査に合格したマークやロゴなどが付いています。
    ただし、基準は日本、アメリカ、ヨーロッパなど国や地域によって異なるので、どの国で作られた製品なのかを確認してから選ぶようにしましょう。

    化学薬品や農薬の規制が厳しいヨーロッパは特に検査基準が高いので、ドイツやイギリス、フランス、スイスなどから輸入された洗剤は環境に優しくて水質を守るための成分が多く使われています。

    香料に使われているアロマも天然由来なので、人工的な香料だと頭が痛くなってしまったり気分が悪くなる人もボタニカルやオーガニックなら自然な香りを楽しむことができます。

    オンラインストアで売っているボタニカル洗剤は最初からボタニカル専門のショップだったり製造メーカーの直売だったりするので、見分けるのが比較的簡単です。輸入品の珍しい商品も手に入るので、近くに売っているお店がなければ通販を利用するのが便利です。
  • ボタニカル洗剤を使うメリットとは

  • 普通の洗剤だと刺激が強くて肌荒れを起こしたりじんましんが出たりする人や、赤ちゃんや小さな子供がいる家庭、お年寄りなどは肌に直接触れる衣料品を洗濯するとき注意が必要です。一般的な洗剤は石油製品や化学薬品がたくさん使われているので、アレルギー反応が起こったり肌を刺激して不快な思いをすることがあります。

    ボタニカル洗剤なら大部分に植物由来の天然成分が使われているので、アレルギーや敏感肌の人でも使えるメリットがあります。薬品のように見える成分でも原材料が自然のヤシ油やナタネ油なので、肌に優しくて余計な刺激を与えません。

    洗剤に入っている香料が苦手で香りが強すぎると感じる人も、ボタニカルなら自然のハーブや花が使われているので人工的な香料独特のいやな香りがなく、ほのかに感じられる優しい仕上がりになります。

    アロマオイルなど天然の香料なのでリラックス効果もあり、好きな香りを選んで一日中幸せな気分で過ごすことができます。自然の成分だけとは思えない香水のような良い香りのするボタニカル洗剤もあって、香水を使わなくても毎日衣類を洗濯するだけで素敵な香りを身につけて気持ちよく生活できます。

    ボタニカルやオーガニックは環境保護のためにもたくさんのメリットがあります。
    原材料の多くが自然に由来する成分なので、下水として出る水が水質汚染の原因になるのを防いでくれるほか、製造過程で出る廃棄物などもリサイクル可能な植物だったり、パッケージにもリサイクル容器が使われていることがほとんどです。

    自分の体に優しいだけでなく、地球環境のためにも優しい製品をコンセプトにして作られているので、洗濯をすることで環境保護に貢献できます。

    せっかく家事をするなら最新流行やトレンドにも着目したいので、ブームになっているボタニカルの製品を使えば退屈で面倒な洗濯も楽しく行えるメリットもあります。周囲とは違う特別な洗剤を使うことで、衣類が上質な仕上がりになって珍しい香りも楽しめるので一石二鳥です。
  • 使用するときの注意点や副作用

  • ボタニカル洗剤の使い方は基本的に普通の洗剤と同じです。

    全自動の洗濯機なら洗濯物の量に合わせて指定された量の洗剤を入れて洗うだけなので簡単です。ほとんどの場合は計量カップが付いていたり容器のキャップに目盛りがあるので簡単に必要な量がわかります。手洗いの場合でも普通の洗剤と同様に適量を洗面器などに入れて優しく洗えばいいので、難しいことはありません。

    注意しなければいけないのは、ボタニカルやオーガニックの洗剤は普通の洗剤に比べて香りがあまり感じられなかったり泡立ちが少なかったりするので、洗剤の量が少なすぎたと思ってしまうことです。

    天然の成分なので化学薬品や人工香料に比べると効果が薄いと感じてしまい、ついたくさん入れてしまうケースがありますが、洗っている間は少ないように感じても仕上がりはしっかりと汚れが落ちて、天然アロマも心地よく香るので指定された量以上の洗剤を使わないように気をつけましょう。

    汚れがひどい洗濯物を洗うときには、ボタニカルだけではどうしても落ちないこともあるのでシミや特殊な汚れを落とすための洗剤を併用することが必要になるケースもあります。最初に特殊な洗剤を使って、仕上げをボタニカルにすれば洗い上がりは天然由来の成分になるので気持ちよく着用できます。

    自然の成分なので副作用はほとんどありませんが、それでも成分が肌に合わず痒みや赤らみが生じたり、不快だと感じたときには一度使用を中止して皮膚科を受診するなど対策を行いましょう。

    花粉症など自然界の成分が原因でアレルギーが起こるのと同様に、オーガニックやボタニカルでも特定の成分に反応してしまう体質の人もいて、ボタニカルなら必ず安心というわけではありません。

    また、ボタニカルと書いてあっても成分表示を見たらほとんど自然の成分が入っていなくて人工的な素材ばかりが使われている商品もあります。買う前に成分をしっかり確かめて、香りの成分なども確認して自分の好みや体質に合うものを探してみましょう。
  • どんな種類の商品があるのか

  • ボタニカル洗剤には国内外のさまざまなブランドがあり、今後も人気が高まって新商品が登場することが予想されます。発売中のもので人気がある商品をいくつか紹介してみます。

    「BOND WASH」はオーストラリア発のボタニカルブランドで、まるで香水のようなユニークな香りが特徴です。自然が豊かなオーストラリアで栽培された花やハーブをたっぷり配合して優しく洗いあげる洗剤は、ボトルデザインもおしゃれなので幸せな気分で家事が楽しめます。食器用、洗濯用などさまざまなバリエーションがあるのも魅力です。

    「Little Innoscents」は化学物質を含まず安全な成分だけでできた洗剤のシリーズで、赤ちゃんのためにも安心して使えるのをコンセプトにしています。オーストラリア産で、洗濯用洗剤や柔軟剤、多目的クリーナーなどが揃っています。

    「ソネット」は環境問題に敏感なドイツで生まれたブランドで、オーガニックにこだわった洗剤作りをしています。オリーブ油、ヤシ油、ココナッツ油など全ての植物原料にオーガニック栽培のものを使っていて、ラベンダーやレモングラスの優しい香りが魅力です。

    洗濯用洗剤には液状、粉末、固形石鹸、柔軟剤やアイロン用の仕上げスプレーまでさまざまな種類があり、ハンドソープやボディソープなど姉妹品も充実しています。

    「HARMONIE VERTE」はフランスのボタニカル洗剤ブランドで、天然由来成分をたっぷり配合しているのに抜群の洗浄力を持つ洗剤が自慢です。手荒れや肌荒れを防いで赤ちゃんにも優しく、自然の香りが心地よく残る洗い上がりになります。

    容器も自然に分解できる天然成分を使っているので、全てが環境に優しくて未来のことを考えて作られています。食器用洗剤と洗濯洗剤があり、香りの種類も自由に選べます。

    「フォーリア」はイタリアのボタニカル洗剤で、天然のオリーブを使って作られています。洗濯用、キッチン用、住まいのマルチタイプがあり、全ての原料成分を公開していて安心して使うことができます。
植物由来のオーガニック成分を配合したボタニカル洗剤
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事