優しい植物由来の「ボタニカル洗剤」とオーガニックとの違いとは?

優しい植物由来の「ボタニカル洗剤」とオーガニックとの違いとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

177

ボタニカル洗剤が、注目を浴びています。ボタニカルとは、そもそも植物由来という意味があります。由来といえば、以前流行したオーガニックという言葉があります。どこがちがうのでしょうか。

  • ボタニカル洗剤とオーガーニックは違う?

  • ボタニカル洗剤とオーガーニックは違う?
  • ボタニカルとは、植物由来のものとの意味です。

    少し前から注目されているオーガニック由来の成分とはどんな違いがあるのでしょうか。

    オーガニックとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などによって土壌の持つ力を活かして栽培された植物成分を使うものです。オーガニック認定という制度がありその植物成分がはいっているというものだけをいいます。

    一方、ボタニカル洗剤は、由来の成分が入っていることが定義になりますが、オーガニックでできた成分かどうかは関係しません。

    非常にあいまいな区分けになりますが、目指している方向は同じです。自然の素材を使って、人体に悪いものは使わないというポリシーです。

    結論からいうと、ボタニカル洗剤の方が、少し泡立ちや、質感が良くて洗浄力が優れていると言えます。

    自然成分を含んだ商品だから、主成分がいいといった問題とは違う面があります。その使い心地がいいかどうかは、洗剤の主成分がいいかどうか、どんな成分が使われているかということです。

    たとえ由来の天然の有効成分が配合されていたとしても、洗剤の洗浄成分である界面活性剤が洗浄力の強いものが使われていたら、必要以上に皮膚の皮質を落としてしまうことになりますからお肌に良くないです。

    必要なのは、添加されている物質が何かです。表示をみればわかります。その内容を見て消費者は使うかどうかを判断することができます。

    「ボタニカル」「植物成分由来」という言葉に惑わされるのではなく、その成分に洗浄力が強くて危険と思われる物質が混じっていないかで洗剤を選ぶことが必要です。

    本物の由来成分でのみ使われている商品は、体によくて自然を目指す商品であることを忘れてはいけません。よく落ちる強力な洗浄力を欲するのか、少しぐらい汚れは落ちなくても体にいい、自然の感触を味わえる洗剤を使いたいのかがポイントになります。

    ボタニカルやオーガニックを名乗るものでも本当にやさしい成分を使っているかどうかを見分けて、その効果を判断することが必要です。
  • ボタニカル洗剤の利点と使用感

  • ボタニカル洗剤は、家庭用洗剤のケミカル独特の匂いが気になる人には、その香りが魅力だと感じられます。

    いくら洗浄力に優れていても、人や環境に有害なものは使うべきではありません。

    ボタニカル洗剤は由来の成分が主体でほかの添加物を使っていないことが条件です。

    合成着色料、石油由来原料など有害な化学物質は一切使っていないという利点があります。独特のにおいがしませんし、洗剤を使った後も、いつまでも自然素材の柔らかな香りを楽しむことができます。

    ボタニカル洗剤を名乗るということは、それなりの覚悟と利用者への配慮があってしかるべきです。少なくとも趣旨からいって自然界にはない石油由来原料が含まれているものは、たとえ微量であっても成分表示してもらいたいです。

    それこそ、ボタニカル商品を使っているんだという安心感につながります。

    今、世界中で植物を使おうという運動が広まりつつあります。ボタニカルが、自然に優しいというイメージにつながりつつあります。その機運は、自然界でつくられてものを、再生可能な資源として使ってゆきたいという思いにあります。

    過去に、排水に洗剤の界面活性剤が含まれていることが問題視されました。
    そんなことがないという前提が、ボタニカル洗剤を用いようという動きを強くすすめる流れを作っています。

    その趣旨を踏まえたうえでボタニカル洗剤は、体にとっていい成分でつくられており、お肌に優しく子供の肌に触れてもアレルギーを起こすことはないというものでなければ意味がありません。

    そのためには、もう一度オーガニック成分が、決めたような厳格な規定を思い返す必要があります。ボタニカルであり限り、最低限合成物質は排除する必要があります。ボタニカル剤を使っていることのメリットは、危険を避けるという意味があることも忘れてはいけません。

    毎日の洗濯で使用される洗剤であるからこそ、本物のボタニカル仕様のもので赤ちゃんが使ってもアレルギーに悩まされる成分が含まれていまいことが最大の利点になります。
  • ボタニカル洗剤を見分けるには

  • 本物の植物由来を目指すためには、有害な成分が含まれていては趣旨を果たせません。

    そのためには、どうやってボタニカル洗剤を見分けるかを知っておかなければなりません。

    オーガニックの考え方は、米国の認証基準では、成分中のオーガニックが70%以下の製品には、オーガニックという言葉がつかえません。そもそもオーガニックであるためには95%以上の成分が入っているという厳しい基準があります。

    一方、ボタニカルの定義としては、植物由来が義務付けられているわけではありません。しかしながらボタニカルという言葉が持つ体や環境にやさしいイメージを悪用する企業があります。「ボタニカル」と記載された洗剤に自然由来でない成分が含まれている可能性があるのです。

    特に添加物には注意しましょう。
    界面活性剤が、自然固有のものでつくられているという話は聞いたことがありません。合成成分だと考えていいでしょう。汚れを強く落とすためには界面活性剤を使うのが業界では通例となっています。合成香料も同じです。匂いの感覚は、非常にわかりにくいですが添加物として入れられていました。

    ボタニカルと名乗る以上、最低限自然界に存在しない物質は使うべきではありません。界面剤の成分には、ベンゼンを含むものもあります。成分表を見れば合成物質が含まれているかどうかはわかります。米国では、オールナチュラルという表示で天然成分でなかったため訴訟が提起されています。注意が必要です。

    現状ではボタニカルと表記のある洗剤が、通常の洗剤よりも体や環境にやさしいというわけではなく、単に企業がPR用にボタニカルという言葉を使用しているにすぎないという面もあることは否定できません。

    ボタニカルの定義を定める必要があります。
    原料が自然界に存在する再生可能な資源由来のものであって、石油化学等の石油化合物であってはならない。

    この程度のことは、最低限販売上規制することが必要です。成分表示でこのことを確認しなければいけないのが現状であることは残念なことです。
  • ボタニカル洗剤はどこがいいの?

  • ボタニカル洗剤は、自然に由来するものを使用するというポリシーから生まれた商品です。日常で毎日使う商品は、安全性が一番の要素になります。

    ボタニカルは、化学合成農法や、化学肥料ではない自然の恵みでできた植物を使っているわけではありませんが、最低限体に悪かったり、お肌に影響する石油由来製品を原料にはしていないという利点があることは誰もが認めるところです。

    従来の洗剤の考え方は、汚れがさっと落ちる、雑菌をすべて殺すので部屋干しで使っても安心といったイメージとは違います、自然成分を使った石鹸成分や重曹などを使用することで、合成洗剤をつかわなくても十分汚れは落とせるし、雑菌をなくすことができますという発想自体が評価されるべきです。

    それこそ自然に優しい、毎日洗濯するたびにお肌の心配をしてきた方に配慮する考え方です。

    現在ボタニカルという概念で、オーガニックのような厳密な区分けはありません。しかしながらボタニカルな洗剤は、使い心地が良くて使ってみたいという流れができつつあることは間違いありません。

    自然由来の植物から作られたものの評価も高まりつつあります。由来成分を明示することによって匂いを合成の香料を使わなくても出せるのだという評価がでてきています。

    現在使われている商品では、潤滑剤などでも植物由来成分のさわやかな香りを前面にだしてきています。本物志向、消費者のニーズが大切な世の中において、安心で安全であることが求められているのです。

    ボタニカル洗剤は、少なくとも体に悪い成分は使いたくないという利用者の声を反映するような商品であることが普及するための最大のポイントになります。

    単に宣伝効果のために、厳しいオーガニックの基準こそ満たしていないが、他の優れた成分をふくんでいることによって、消費者が納得して使ってもらえる商品であることがボタニカル洗剤を使ってよかったと言ってもらえる商品になることです。

    植物は、自然界が生んだ再生可能な成分である必要があります。
  • ボタニカル洗剤のデメリットと注意点

  • ボタニカル洗剤は、独特の強烈なにおいに惑わされることはありません。

    最近流行しているのが。香りのいい柔軟剤です。洗剤や化粧品は、使う人だけの問題ですから我慢すればすみます。着ている服の強烈な匂いは周囲に迷惑をかけるもとになります。成分表示を見ればすぐにわかります。香料が含まれている場合が多いです。自然のものではなくて合成されたものです。

    成分のなかで界面活性剤ですが、安全な合成の界面活性剤はなかなか見たことがないのが現状です。界面活性剤として入れられている物質で、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムをご存知ですか。
    今話題になっているベンゼンです。

    自然界にはない成分だから問題になります。国が指定した表示指定成分でした。アレルギー等の肌のトラブルを起こす恐れのある成分です。特定化学物質の一つだから危険なのです。確かにきれいに汚れを落とすことができるので洗剤の要素としては入れたくなる成分です。

    しかしながら人間の肌には、常在菌というお肌を守ってくれる菌があります。そのバリアー効果がある菌を殺してしまうのです。殺菌効果、洗浄力を誇ることの怖さです。

    ボタニカル洗剤の本来の目的は、洗浄力を競うことでも、殺菌力を強くすることでもありません。植物由来の成分を使うことによって、お肌に優しいうえに、自然な使い心地を味わえることです。

    オーガニック成分のように合成着色料や合成香料を使わないという趣旨からいえば、洗浄力にすぐれるから添加物を入れるのは本来の趣旨から外れてきます。配合成分には、危険なものがあることをよく理解しておくことが必要です。

    有機性のある化学物質での栽培したものかどうかはわかりませんが、配合成分に界面活性剤ほかの有害物が入っている限り、表面上植物由来をうたっていたとしても、副作用の危険はありますし、使うこと自体が問題があります。

    特定化学物質は、成分表示を見ればすぐにわかりますので洗剤を選ぶときに必ず見るという習慣をつけてください。
  • ボタニカル洗剤の商品紹介

  • ボタニカル洗剤を具体的に使った商品を紹介します。

    ボンディウォシュ オーストラリア出身のブランドです。調合されている成分は、最高のオーストラリアブッシュオイルにはじまり、世界中から集めた原料が加えられています。

    それらは、トップノート、ミドルノート、ベースノートと表現されているものです。それらのオイルは、香りや香りの効果だけにとどまることがありません。洗浄力、除菌力にも優れています。自然由来のボタニカル製品だと感じられないほどに優れた製品です。


    「アマザ ボタニカルシリーズ」 
    界面活性剤不使用、肌にも環境にもやさしいのに、重曹と酵素の力でしっかり洗浄できます。メイドインジャパンの商品です。新潟、秋田、青森でつくられています。暮らしの中で、美しいの概念を取り入れることを目指しています。


    「ランドリーボタニカル」
    ランドリーは、香りだけでなく肌触りのよさ、滑らかさを追求します。オーガニック抽出エキスを厳選配合しています。オーガニック認証を受けています。

    衣類を、なめらかにしてお肌と衣類の摩擦を抑えます。赤ちゃんの肌にも優しいので適しています。ユニセックスのフローラルです。トップは、ピーチとアップルです。

    ミドルは、ローズ、ミュゲ、ジャスミンです。ラストは、ウッディ、ムスク、シダー、バルサミックです。このように商品によって配合成分は違いますが由来のボタニカル成分を使っています。

    独自性を出したオリジナリティが好まれています。ボタニカル本来の意味を打ち出すことによって他との差別化が図られています。

    私たちは、今求めているのは自然界の成分です。
    ボタニカルそれは生活・ライフスタイルに自然なものを取り入れることです。

    もたらす恵みが、あなたの肌を守ります。石鹸成分で洗うので弱酸性の成分が汚れを落とします。潤いと輝きをもたらします。

    必要な潤いが、繊維を柔らかく包み込みます。ダブルフレグランスが味わえます。心地よい香りに包まれることで後味をさっぱりしてボタニカル本来の植物の香りをもたらします。
優しい植物由来の「ボタニカル洗剤」とオーガニックとの違いとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事