胸にできるニキビがかゆいときの治療法と予防法をご紹介

胸にできるニキビがかゆいときの治療法と予防法をご紹介

Thumb?1414295452 muah♪さん

103

胸にニキビができるとその部分が何となくかゆくなってきます。赤いポツポツとした湿疹ができていることがわかりますが、どうして症状が発生してしまうのか、その原因と対処法を考えていきましょう。

  • 皮脂の分泌の多さと乾燥などが症状の原因

  • 皮脂の分泌の多さと乾燥などが症状の原因
  • 顔の部分にニキビができるのはポピュラーですが、胸にできるのは何か特別な原因が潜んでいるのではと心配になってくるでしょう。しかし、基本的に顔も胸もニキビができる原因は同じです。皮脂の分泌の多さが関係してきます。

    胸の部分は汗をじっとりと掻きやすい部分で、同時に皮脂がたくさん分泌されます。ニキビの原因菌は皮脂を餌にして繁殖しますから、好条件の部位だといえるでしょう。古い角質が硬くなったり、汚れが毛穴に詰まるなどして毛穴が塞がってしまい、内部に皮脂が溜まってしまうことで原因菌の働きが活発になります。

    原因菌は他から移ってくるのではなく、元々人が持っているもので、皮膚に生息しています。普段は特に悪さをしない存在ではあるものの、皮脂の分泌が盛んになり、毛穴が詰まると急激に繁殖して赤い炎症を引き起こしますので、注意が必要です。症状が悪化すると、膿が溜まるようになり、肌が傷ついた跡が残るのが厄介だといえます。

    ニキビができると胸がかゆい状態になりますが、白くぽつんとした湿疹ができたり、炎症を引き起こしていると、肌が乾燥したり、雑菌の繁殖を助けてしまうことで、かゆいと感じられるのが理由のひとつです。
  • 市販の薬を使って治すことが可能

  • できてしまった胸のニキビは自宅でセルフケアができます。治療方法として胸には薬を使うのが基本です。スキンケア化粧品で治そうとする人もいるでしょうが、スキンケア化粧品には治療効果はなく、予防する程度の作用しか持っていません。

    治療するには市販薬を用いましょう。ニキビ用の胸に塗れる薬がドラッグストアや薬局で普通に売られています。胸専用ではなく、一般のもので構いません。因みに医薬部外品に該当する商品も売られているものの、ある程度の有効性は持っていても、医薬品には敵いません。しっかりと胸の状態を治療するには、必ず市販薬を使いましょう。

    市販薬には説明書が同梱されています。パッケージに直接記載されているパターンもありますので、必ず熟読して、用法用量を確認しましょう。定められた使い方を守ってください。基本的に清潔にした状態で薬を塗るケースが多いですので、入浴して胸の部分を綺麗に洗い流してから使用します。

    量が明確ではなく、適量と書かれているなら、胸の症状の部分に合わせて患部に浸透させる程度の量に調整してみましょう。大量に塗っても効き目が高まることはありません。症状が治まるまで根気よく塗り続けるのがコツです。
  • 皮膚科の治療は市販薬よりも効き目が高い

  • 自宅でのセルフケアとは別に、病院で治療を受ける手段が用意されています。胸の部分にできたニキビは皮膚疾患に該当しますから、皮膚科に通うようにしましょう。かゆい症状についてや、胸の部分にできていることを医者に伝えてください。胸の部分を見て確認したりして、診断してくれるでしょう。

    皮膚科で胸の症状を治療する場合には、市販薬よりも強力な薬剤が含まれた治療薬が使われます。その分だけ効き目があり、素早く治せるメリットを持っているのが特徴です。但し、効き目が強い分、取り扱いに慎重になりましょう。間違った使い方をすると、胸やその他の部分に副作用が発生するリスクを高めてしまいます。

    治療薬には抗生物質と胸の毛穴の詰まりを取り除く、もしくは詰まりにくくするものが使われます。医者の処方が必須のもので、市販薬としては売られていないものばかりです。抗生物質は胸の部分に赤く腫れ上がったニキビができた時によく使われます。

    基本的に保険診療に該当しますので、割と安い治療費で済んでしまうことが多いでしょう。手術をするケースはまずなく、外用薬や内服薬を渡されて、自宅で胸に薬を使うケースが殆どを占めている状態です。
  • かゆい胸の部分を絶対にかじらないこと

  • 見た目的にはっきりとわかる胸のニキビがあると、かゆい状態が大変苦痛を伴うでしょうが、やってはいけないことをしてしまうと、ますます胸の症状が悪化してしまいますので、絶対に避けてください。

    かゆい胸に耐えられなくなり、つい爪でかじってしまいたくなるところです。しかし、胸の部分をかじると皮膚を傷つけてしまいます。傷口から雑菌が入り込んで症状が悪化する危険がありますから、絶対にやめましょう。見た目は傷ついていなくても、細かな傷が胸の皮膚表面についている状態です。

    せっかく治りかけていたところを胸をかじることで、自然な皮膚の修復が遅れてしまいます。胸のニキビがいつまでも残るリスクが高まり、かじったからといって胸のかゆい症状が完治するわけではありません。やるだけ無駄ですから、胸をかじらない工夫をしてください。爪にはたくさんの雑菌が付着していることも忘れないようにしましょう。

    不潔な状態にするのもよくありません。胸の毛穴の中で原因菌が繁殖している状態ですから、繁殖を防ぐためにもお風呂で石鹸やボディーソープを用いて、綺麗に胸の皮脂汚れや汗の汚れを取り除いてあげることが重要です。不潔にしていると胸の部分に雑菌が繁殖する心配があります。
  • スキンケア化粧品を胸に使おう

  • 胸にできやすいかゆいニキビを予防する方法として、普段からスキンケア化粧品を使う方法があります。かゆい胸のニキビを治療することはできませんが、予防することは可能ですので、積極的に使っていきたいところです。

    顔に使う商品が大半ではあるものの、胸に使っても構いません。胸も顔と同じ皮膚でできていますので、問題なく使えます。おすすめのスキンケア化粧品が、化粧水やクリームです。化粧水は胸の乾燥を防いでくれ、クリームは保湿した胸の皮膚の蒸発を防ぐ作用をもちます。

    保湿することで古い角質ができにくくなり、胸の毛穴の詰まりを予防することが可能です。乾燥は胸のかゆいニキビの大敵ですから、毎日のように化粧水で保湿してやってください。仕上げにクリームを塗ることで、なめらかな胸の状態を作り出すことができるでしょう。

    クリームを使うとかえって胸の毛穴が詰まり、かゆいニキビが胸にできてしまう場合もあるでしょうが、胸に薄く塗ったり胸に油分を残さないようなさっぱり系のクリームを使うなどして対処してください。それでも胸に症状が出るなら、相性が悪い可能性がありますので、乳液や美容液などの他のスキンケア化粧品を使って保湿しましょう。
  • 治療と予防が胸の症状を抑える

  • 見た目的にも精神的にも辛い胸のかゆいニキビですが、胸に症状が見られるなら、まず治療に専念することが一番です。市販薬を使ってみて駄目であれば、皮膚科で胸の部分を診てもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。

    胸の部分をかじらないことも重要です。治療しても胸の症状を悪化させる原因になります。治療薬にはかゆみ止めが含まれているものが多いですので、胸に塗って症状をしずめてみてください。

    保湿を胸に行うことは、とても重要なことです。毛穴の多い胸が乾燥すると、みるみるうちに毛穴が詰まって胸から分泌される皮脂が原因菌の餌になってしまいます。菌が繁殖して胸に赤いニキビを作り出しますから、スキンケア化粧品を胸に使って、潤いを逃さないようにしましょう。

    清潔に胸を保つことで、原因菌や雑菌の繁殖が防げます。特に暑い季節は汗や皮脂の分泌が盛んになりますから、毎日入浴して汚れを落としてください。

    汚れを落とす際には、石鹸やボディーソープを使ってください。ゴシゴシ洗うと爪でかじるのと同じ状態を作り出してしまいますので、優しく丁寧に洗うようにします。これらの治療法と予防法をしっかりと行うことで、かゆいニキビができにくい胸の状態にすることが可能です。
胸にできるニキビがかゆいときの治療法と予防法をご紹介
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事