産後のバストに起こる変化と心掛けたいバストケアの方法

産後のバストに起こる変化と心掛けたいバストケアの方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

93

妊娠出産により女性の体は大きな変化が起こります。産後に適切な方法でバストケアを行うことで、ハリが無くしぼんで形が崩れるといったバストの変化を緩やかできる可能性が広がります。

  • 出産でバストにはどんな変化が起こるか

  • 出産でバストにはどんな変化が起こるか
  • ふっくらとしてマシュマロのように柔らかく形の良いバストは男性ばかりでなく女性にとっても大きな憧れです。でも、出産後にはなかなか独身時代のようなバストに戻るのは難しいうえ、バストが急激に変化することで産後の自分に幻滅してしまう女性もいると言われています。

    女性は妊娠するとお腹の中で赤ちゃんが成長することに伴って体に様々な変化が起こります。おなかが大きくなってボディラインが変化すること以外にもバストも産後の授乳に備えてだんだん大きくなってゆき、出産直後の3日目くらいが大きさのピークに達すると言われています。

    産後に授乳が始まり赤ちゃんの授乳が終了するときまで1年ほどの間に少しずつ小さくなっていずれ元のサイズに戻るという経過をたどるのですが、残念ながら妊娠前のハリのある美しいバストと同じ状態に完全に戻るバストケアの方法はありません。

    妊娠によって乳腺が発達しバストは授乳の準備を始めますが、急激にサイズが大きくなることで皮膚に授乳線ができたり、バストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまうことで、授乳の役割を終えたバストが小さくなった後にも、膨らませた後の風船のように張りのない状態になってしまうためバストがしぼんで垂れた状態になりやすいというものです。
  • 産後にバストが垂れたりしぼんだりする原因

  • 産後は授乳中は豊かでハリのあるバストだったのに、授乳期間が終了したらバストがみるみるしぼんでしまったというのは多くの女性が経験することです。

    女性のバストは妊娠中に授乳に備えてどんどん乳腺が発達することでバストそのものが大きくなり、授乳が終わるころには乳腺が小さくなっていくにつれてバストの脂肪の量も減ってゆくことでサイズダウンします。

    そして風船のように一度パンパンになるまで膨らませてから空気を抜けば風船の表面は膨らませる前のように戻ることはなく、小さくはなっても表面にハリの無い状態になってしまうことと同じことが産後のバストにも起こるということです。

    そのため、たとえサイズそのものは出産前とほとんど変わりない状態まで戻ったとしても、バストは張りを失って緩んだ状態になり、形も下垂気味になってしまいやすくなります。

    出産によって乳腺が急激に発達し、大きく重くなったバストを支えるためにクーパー靭帯も伸びてしまうことが産後のバストが垂れてしまうことの最大の原因だと考えられています。また、妊娠出産によってバストがどれくらい大きなサイズ変化を起こすかにもよりますが、人によっては真皮が断裂して授乳線ができてしまうことも産後のバストのしぼみの原因だと言われています。
  • 保湿とマッサージの正しいバストケアの方法

  • 妊娠出産を経てバストが急激にサイズアップするのはごく自然のことで、バストの形が崩れるからと言って妊娠によって乳腺が発達するのをやめさせる方法はありません。

    けれども、バストの形が一気に大きくサイズアップすることで、出産前後にお腹に妊娠線ができてしまうようにバストも真皮の部分が成長についていけずに断裂してしまい授乳線と呼ばれる肉割れを起こすことがあります。

    この断裂はできたての頃は赤紫色をした細かい線のようなものが現れるのですが、やがて白っぽく目立たない状態にはなりますが、傷跡のように生涯消えることのない傷となってバストに残ります。

    バストケア専用のクリームなども市販されており、真皮の断裂が起こる前に保湿性の高い専用のクリームを使ってバストケアをする方法も予防のためには効果的です。

    バストに専用のクリームを塗って下から上へと左右交互に手を動かす方法でマッサージしたり、脇の脂肪をバストの中心に向けてマッサージする方法も効果的です。

    バストケアはできれば毎日同じ時間に行うことでより効果が期待できるので、たとえばお風呂上りに着替える前には必ずバストケアを行うなどの方法にすれば、血行も良い状態なのでさらに効果的だと言えます。
  • きちんとサイズの合ったブラジャーをつける

  • 出産直後には、妊娠前には小ぶりな胸だった人でも人生で初めて巨乳体験ができるというくらいサイズが大きくなる人が少なくありません。

    妊娠、出産、授乳という、子供を授かって育てるうえで何よりも大切な行為のためにバストが頑張ってくれた後には自然に元の状態へと戻り、しぼんでしまうのも役目を終えたのだから仕方がないというものの、やはり女性なら少しでもきれいで形の良いバストを取り戻したいと望むもので、そのためのバストケアの方法には下着の選び方も大切です。

    出産直後から授乳期間中は授乳用のブラジャーをつけるようにします。授乳中は無理な締め付けは乳腺に悪いので、一般的なブラジャーにするのは授乳期間が終了してからにしましょう。そしていくら体重は妊娠前とほぼ同じに戻ったとしても、体のあちこちが妊娠前とは違っています。

    バストのサイズも妊娠前とは変わっているのが一般的なので、効果的なバストケアの方法には授乳終了後に普通のブラジャーをつける時には一度正しく採寸してもらうようにする必要があります。

    無理にきついブラジャーをつければバストの脂肪が流れてワキや背中に醜い段を作り、さらにバストの形を崩してしまうことにもつながります。バストケアを正しく行うためにはきつく締め付けることも、ゆるすぎてホールド力の少ないものもよくないので採寸して新しいものを着用するのがおすすめです。
  • 大胸筋を鍛えるエクササイズをする方法

  • バストは柔らかな脂肪や乳腺などの組織をクーパー靭帯が支える形でできており、そのバストを支えているのが大胸筋という胸の筋肉です。

    特に妊娠中は運動もある程度制限され筋力自体が低下している状態なので、大胸筋を鍛えることをしないと余計にバストが下垂してしぼんでしまうことにつながります。

    バストの形を整え、それ以上胸が下垂してしまうのを予防するバストケアのための方法には大胸筋を鍛えるための運動を日常生活の中に取り入れるのが効果的です。

    まずは背中をまっすぐにして姿勢を良くして手のひらを胸の前で合わせ合掌のポーズをとります。この状態でゆっくりと息を吐きながら両掌に力を入れてお互いに手のひらを押し合うような状態で15秒ほどキープしてから息を吸いながら力を緩めます。

    この運動を10セット程度気が付いた時に行うことで、日常生活の中ではなかなか鍛えにくい大胸筋を効率よく強化することができます。

    また、腕立て伏せも大胸筋を鍛えることができ、産後のバストケアには効果抜群な方法なのですが、負荷が大きすぎる時には両方の膝をついた状態で負荷を軽くして行うのがおすすめです。

    この時呼吸は自然にしながら腕ではなく胸の筋肉を意識しながら肘を曲げてから伸ばすようにするのがポイントです。
  • 産後のバストケアは無理せずできる方法で

  • 出産は女性にとって人生で最大の大仕事です。新しい命を産み育てるというとても尊い仕事をすることで女性の体には大きな変化が訪れます。

    出産前の体の状態と出産後の状態が変化するのはある意味当然なのですが、子供を産んだのだから産後はバストの形が崩れたりボディラインが変化するのは当たり前だという一言で片づけてしまうのはあまりにも強引かもしれません。

    特にバストは女性らしさの象徴でもあり、出産、授乳という役目を終ええた後でも女性にとっては特別な存在であり続けるものです。だからこそ少しでも美しい状態でいられるように、バストケアのための方法としてできる努力はたくさんあります。

    もちろんバストが妊娠出産によってどの程度大きさが変化するかなどは人によって異なるのですが、バストの皮膚が急激な変化による影響を少しでも受けにくくしたり、バストが垂れにくいように筋肉を鍛える方法など様々な対策がありますが、自分にできる方法をできる範囲で行うことが産後のバストをストレスを感じることなく効果的にバストケアすることにつながります。

    あくまでも無理することなく続けることで、ただ何もせずに自然なままにしておくよりもバストの状態を良くできる可能性が広がります。
産後のバストに起こる変化と心掛けたいバストケアの方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事