蓄膿症の怖い合併症 頭痛とポリープ

蓄膿症の怖い合併症 頭痛とポリープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

1208

みなさん、蓄膿症ってご存知でしょうか?鼻が詰まる、口の奥や鼻の奥で変なにおいがするなど、アバウトなイメージをつかんでいる方は多いと思いますが、ここで蓄膿症の症状の主なものと、それが引き起こす意外な合併症について知っておきませんか?
風邪・花粉・カビなどの原因により、鼻の入り口の鼻腔が炎症しその症状が長引くと、鼻の奥の副鼻腔(ふくびこう)に炎症が起こります。さらに、副鼻腔の炎症が長引くとその部分に、普通の皮膚の炎症を放置しておくと膿が出るように、ここでも膿がわいてきます。この状態が3カ月以上続くと慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症と呼ばれるものになり、男女関係なく発症します。


  • 出典: instagram.com

  • 鼻が詰まってしまう、かんでもかんでも鼻が詰まった感じが治らない、ドロドロとした黄色い鼻水が出てくる。このあたりの症状は、比較的知られていますが、じつは怖い合併症がほかにあるんです。
    その一つは、頭痛です。一見、鼻とは関係ないものだと思います。しかし、蓄膿症になると、膿が副鼻腔にたまって鼻の中が膨張してしまうため、鼻の周りのところに異変を発生させてしまうのです。頭痛の出方としては、「頭がモヤモヤする」「頭が重く感じる」「ぼーっとして集中力がそがれる」といったものがあります。
    同じ要領で、虫歯でもないのに歯が痛くなったり、目の周りが膨張して痛くなったりすることもあるそうです。また、頭痛などの症状によって疲れやすく感じる人もいます。こういった症状は、私たちから集中力を奪い、勉強や仕事に多くの影響をきたします。
  • 出典: instagram.com

  • 二つ目に、ポリープの発症があります。ポリープといったら口の中、という印象が強い方もいるかもしれませんが、蓄膿症の症状の一つに、鼻ポリープというものがあります。基本的にはそこまで重い病気にはならないのですが、放置しておくとかなり厄介です。
    ポリープは、どんどん成長し、その数は10にも20にもなります。これらは、鼻づまり感の悪化、頭痛のところで述べた頭部、顔面部の痛みというものを拡大させます。
    治療方法は、手術になります。しかし、ポリープは一回の手術ですべて取り除くことはできません。しかも一度改善してもすぐに発症しやすく、完治に時間がかかるのです。しかも癖になりやすい病気です。よって、一度治ったあとでも、手術をしてくれた耳鼻科に定期的に診療に行き、経過を確認してもらう必要があります。
  • 出典: instagram.com

  • 怖い合併症を引き起こす恐れのある蓄膿症。具体的な予防法はないので、早期発見がカギを握ります。
    あなたのその鼻づまり、放っておくと大変なことになるかもしれません。

蓄膿症の怖い合併症 頭痛とポリープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事