コーヒーがダイエットに効果的である理由

コーヒーがダイエットに効果的である理由

Thumb?1414295452 muah♪さん

385

コーヒーのどのような成分がダイエットに効果があるのか、飲む際の注意点などをまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。


  • カフェインの効果

  • カフェインの効果
  • コーヒーに含まれるカフェインには、効率よくダイエットを進めるための効果がたくさんあります。
    まず、有名なのが脂肪燃焼効果。
    カフェインは中枢神経を刺激し、体内の脂肪をエネルギーとして消費してくれるカテコールアミンという成分を分泌します。
    また、脂肪を蓄積させるPD酵素の働きを抑え、脂肪を分解するリバーゼという酵素の働きを高める効果もあるのです。
    これだけ脂肪を燃やし、吸収を抑えてくれるのですから、カフェインがダイエットに効果的だと言われるのは納得ですね。
    それに加えて利尿作用の期待できるカフェインは、ダイエット中に陥りがちなむくみを解消してくれる強い味方。
    正しいカフェインの取り方を徹底すれば、コーヒーを使わずに減量するよりもずっと早いペースで体重が減っていくこと間違いありません。
  • クロロゲン酸の効果

  • クロロゲン酸の効果
  • クロロゲン酸とは、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種のこと。
    脂質とは、肝臓の細胞内にあるミトコンドリアの働きによって燃焼します。
    その働きに大きく作用するのがクロロゲン酸。
    クロロゲン酸を摂取することによってミトコンドリアの働きが活発化し、より多くの脂肪を取り込み燃焼させ、エネルギーへと変換することができるのです。
    また、クロロゲン酸には自立神経の働きを高めて肥満を事前に予防する効果や、リバウンドを防ぎ、減量後の体重を維持する効果まであると言われています。
    カフェインに続いてダイエットを優位に進めることのできるクロロゲン酸を、活用しない理由はありませんね。
  • コーヒーダイエットをする際の注意点

  • コーヒーダイエットをする際の注意点
  • いくら減量に効果的なコーヒーとはいえ、正しい方法で飲まなければいくら摂取しても体重は減りません。
    まず、気をつけなければならないのがコーヒーはブラックか微糖で飲むこと。
    砂糖はカフェインの働きを悪くしてしまうため、コーヒーに入れるのはなるべく控えましょう。
    また、カフェインやクロロゲン酸はインスタントよりもドリップに多く含まれていますので、少し手間がかかってもドリップコーヒーを飲むのがおすすめ。
    クロロゲン酸は熱に弱いので、使用する豆は浅煎りを選ぶようにしましょう。
    同じ理由から熱湯を使用するのもクロロゲン酸を殺してしまうため、NG。
    ダイエットのために煎れるコーヒーは、約80度を目安にして下さい。
    1日に摂取する量は3〜4杯程度にとどめ、それを少しずつ飲むようにすると脂肪燃焼効果がアップするとのこと。
    毎日のように摂取しているとカフェインの効果が低下してしまうので、定期的にコーヒーを飲まない日を作ることをおすすめします。
  • まとめ

  • なぜコーヒーがダイエットをする際に有効なのか、分かって頂けましたか?
    脂肪の燃焼効果を高めるコーヒーですが、妊娠している方がカフェインを過剰摂取した場合、胎児に多大な影響を与える恐れがあります。
    妊娠中に体重が増えすぎた場合はなるべくコーヒーに頼らず、食事制限や運動などでの減量を行いましょう。
コーヒーがダイエットに効果的である理由
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事