コーヒーダイエットの効果と正しい実践法

コーヒーダイエットの効果と正しい実践法

Thumb?1414295452 muah♪さん

370

コーヒーダイエットに関する正しい知識を身につけ、より効果的なダイエットを実践しましょう!


  • コーヒーのダイエット効果とは?

  • コーヒーのダイエット効果とは?
  • コーヒーに含まれるカフェインには、中性脂肪を分解しやすくする作用があります。しかし、コーヒーを飲むけでは意味がありません。あくまで燃焼しやすい状態にしてくれるだけですので、コーヒーを飲んだ後に運動をするようにしましょう。カフェインによる脂肪燃焼効果が発揮されるのは、コーヒーを飲んでから約30分後です。ですので、運動をする30分前に飲んでくださいね。
    また、運動だけでなくマッサージの前などにも摂取するようにしましょう。より高い効果が期待できます。

    意外と知らないクロロゲン酸効果
    カフェインの他にも、コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。コーヒーというとカフェインが先にイメージされがちですが、実はクロロゲン酸の含有量の方がカフェインよりも多いのです。
    クロロゲン酸は、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に役立つとされていますが、脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があるため、ダイエットにも最適です。また、カフェインと同様に交感神経を刺激するため、脂肪が燃焼しやすい体にしてくれます。
  • ダイエットに効果的な摂取方法

  • ダイエットに効果的な摂取方法
  • ?深煎りではなく、浅煎りコーヒーがおすすめ
    クロロゲン酸を多く摂取するためには、深煎りコーヒーではなく浅煎りコーヒーがおすすめです。熱に弱いクロロゲン酸は、深煎りになると少なくなってしまうため、十分な効果を得ることができなくなってしまいます。

    ?毎食後・入浴後・運動前に飲みましょう
    また、コーヒーは毎食後・入浴後・運動前に飲むように心がけ、一日5杯までに抑えておきましょう。飲めば飲むほど効果がアップするというものではありません。

    ?アイスよりホットの方が効果的
    夏にはアイスコーヒーをつい飲みがちですが、ダイエットに関してはホットの方が効果的です。ホットコーヒーを飲むことで体が温められ、脂肪燃焼効果を得やすくなるのです。ただし、クロロゲン酸が失われないよう、コーヒーを入れる時のお湯の温度は約80度前後と少しぬるめにしてください。

    ?ブラックか微糖で
    できるだけブラックで飲むことをおすすめしますが、苦手な方は少しだけ砂糖を入れてもOKです。少しであれば、糖分は空腹感を抑え、代謝をアップする効果があります。ただし、大量に摂取するのはやはりNGです。また、他のもので糖分を取っている方はブラックで飲むようにしてください。コーヒー独特の苦みが苦手だという方は、豆乳を合わせれば美味しく飲めますよ。


  • まとめ

  • まとめ
  • コーヒーには、イライラやストレスを軽減してくれる効果もあります。ダイエット中は何かとストレスが溜まると思いますので、そんな時にもぴったりのダイエット方法ですね。
    しかし、飲み過ぎてしまうと逆にイライラや不安が増す可能性もあるので、適量を考えてコーヒーダイエットを実践してください。

コーヒーダイエットの効果と正しい実践法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事