コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆の保存方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

341

コーヒーにこだわりのある方には、手軽に入れられるインスタントコーヒーでは飽き足らず、豆から入れる方も多いのではないでしょうか。


  • 1ヶ月以内に飲み切れる量は密閉して冷蔵庫へ

  • 1ヶ月以内に飲み切れる量は密閉して冷蔵庫へ
  • コーヒー豆の保存方法には、その量によって適した保存方法が異なります。1ヶ月以内に飲み切れる程度の量であれば、冷蔵庫での保存が適しています。瓶やタッパー、チャック付きの袋などに入れて保存してください。コーヒー豆が空気に触れると風味が損なわれてしまいますので、しっかりと密閉することが大切です。また、冷蔵庫内の他の食品の匂いが移らないように、匂いの強い食品の近くに置かないよう注意してください。
  • 飲み切るのに1ヶ月以上かかる量は冷凍庫で保存

  • 飲み切るのに1ヶ月以上かかる量は冷凍庫で保存
  • 冷蔵庫は長期間にわたって保存しておくと、どうしても冷蔵庫内の匂いが豆に移ってしまうため、1ヶ月以上保存する場合は、冷蔵庫ではなく冷凍庫に保存するようにしましょう。冷凍した豆を使用する際は解凍させる必要はなく、冷凍庫から出してすぐに使用して問題はありません。ただし、何度も冷凍と解凍を繰り返すと豆の品質を低下させてしまうため、一度解凍してしまった豆は再度冷凍しないようにしましょう。そのためには、冷凍する際に一度に使い切れる量に小分けしてから保存するといいでしょう。
  • それでも品質は劣化する

  • それでも品質は劣化する
  • いくら適切な方法で保存をしていても、それでも時間の経過とともに豆の品質は劣化していきます。これらの保存方法は、豆の品質を保ち続けるものではなく、あくまでもその劣化を緩やかにするためのものだと考えましょう。基本的には一度封を開けたコーヒー豆は短期間で飲み切ることを念頭に置くことが、美味しいコーヒーを楽しむためには大切なのです。一般的には、コーヒー豆は粉末の状態の方が美味しく飲める期間は短いとされていますので、粉末のコーヒーは特に短期間で飲み切るよう意識しましょう。
  • さいごに

  • コーヒー豆は生鮮食品に例えられるほど、美味しく飲むには鮮度が大切です。コーヒーの味や香りは豆が空気に触れることや周囲の匂いによって変わってしまう、とても繊細なものなのです。新鮮な豆を選び、コーヒーを抽出する際にひと手間かけるのと同じように、保存にもひと手間かけることも、味わい深く美味しいコーヒーを楽しむためには不可欠と言えるでしょう。
コーヒー豆の保存方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事