コーヒーを美味しく飲むための保存方法

コーヒーを美味しく飲むための保存方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

391

美味しいコーヒーを飲みたいから、インスタントよりも、できるだけ自分で淹れたものを飲むようにしている!そんなこだわりのコーヒー党の方も多いですよね。


  • コーヒーは乾物でなく、生鮮食品です

  • コーヒーは乾物でなく、生鮮食品です
  • からからに乾いたコーヒー豆、乾物のような感覚で、袋を開けたら使い切るまで半開きの袋に入れたまま……。
    などという、保存方法はNG!

    コーヒーは、焙煎したてのときから、時間が経つごとに徐々に香気が失われ、含まれている油分酸化していく、言わば「生鮮食品」のようなものなのです。

    ですから、まずはできるだけ、焙煎して間もない豆を購入するのが基本です。
    豆を挽くミルやグラインダーをお持ちの方は、豆のまま購入されていると思うので、その場合は、2週間程度で飲みきるなら、密閉容器に入れれば、常温保存でも構いません。
    それでも、高温多湿になりやすい場所は避けましょう。

    もしも一度にたくさん購入して、2週間で飲みきれない場合は、冷凍庫で保存すると、鮮度が保てます。

    また、挽いてしまってからは香りが飛ぶスピードが急激に速くなりますので、お店で挽いてもらって購入している方は、常温なら3日以内に飲みきるようにし、そうでなければ買ってすぐ、小分けにして冷凍庫保存をおすすめします。
  • 冷凍保存の落とし穴

  • 冷凍保存の落とし穴
  • 前項で冷凍保存をおすすめしましたが、これには一つ、落とし穴があります。
    それは、豆への匂い移りがしやすいということ。

    コーヒー豆は多孔質=細かい空洞がたくさん開いている構造のため、消臭剤でおなじみの備長炭などと同じく、匂いを吸着しやすい性質を持っています。

    冷凍庫に入っているのはコーヒー豆だけではありません。お肉やお魚、作り置きのカレーなども入っていることがあると思います。
    これらの匂いをコーヒー豆が吸着すると、焙煎によって生まれた良い香りが、他の食品の匂いと混ざって、気持ち悪いニオイに変化してしまいます。

    この、匂い移りを防ぐため、冷凍保存する際も、密封袋を2重にするなどして他の食品からしっかりガードしましょう。
  • 飲み残っても、アイスコーヒーで美味しく

  • 飲み残っても、アイスコーヒーで美味しく
  • コーヒー豆だけでなく、淹れたあとのコーヒーの保管にも気を付けてみましょう。

    コーヒーメーカーなどで一度にたくさんコーヒーを淹れて、飲みきれず、いつの間にか、保温機能に熱されて煮詰まってしまった経験はありませんか?
    これは美味しくないですし、コーヒー自体が酸化して身体に悪いです。

    せっかく淹れたコーヒーを捨ててしまうくらいなら、保温機能をオフにして、残りは全てアイスコーヒーにしてしまいましょう。
    淹れてあまり時間を置かずに、サーバーごと水で冷やすのがベストですが、なかなかそうすることができない場合は、粗熱がとれるまでは室温でさまし、それから冷蔵庫で冷やせば、時間が経っても美味しく頂けます。

    こだわりの一杯なら、なるべく良い状態で飲みたいものですよね。
    香り高いコーヒーを、できるだけ美味しく保存するための工夫のご紹介でした。

コーヒーを美味しく飲むための保存方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事