コーヒー豆の保存方法で美味しさに違いが

コーヒー豆の保存方法で美味しさに違いが

Thumb?1414295452 muah♪さん

349

コーヒー豆は鮮度が命。買ってきてそのまま放置していればどんどん劣化して味も風味も落ちていきます。よい保存状態を保ちいつまでも香りのよい美味しいコーヒーが飲みたいですね。


  • 温度・湿度・空気・光に注意する

  • 温度・湿度・空気・光に注意する
  • コーヒー豆を保存する際は「温度・湿度・空気・光」に気を付けるのがポイントとなります。できるだけ低温で保存し、湿気と空気と光が入らない環境を作ってあげることが大切です。

    保存は冷凍庫がベスト
    「温度・湿度・空気・光」からコーヒー豆を守るのに一番適した場所は冷凍庫です。冷凍庫で保存すればたいてい1〜2か月は鮮度をかなり良い状態で保つことができます。冷蔵庫も保存に適しているのですが、開け閉めの多い冷蔵庫は冷凍庫に比べるとその効果は多少落ちてしまいます。コーヒー豆を買ってきてから一週間くらいで飲みきるのであれば室内の冷暗所でもそれほど味は変わらないでしょう。
  • 小分けにして保存する

  • 小分けにして保存する
  • コーヒー豆はできるだけ小分けにして保存したほうがよいのです。買ってきたらまず一週間以内に飲む分を小分けにしましょう。そして冷凍庫や冷蔵庫で長期保存する分もできれば一回に使う分ずつ小分けにして保存するのがベストです。できるだけ細かく分けた方が頻繁に出し入れすることによる劣化を防ぐことができます。

    専用の容器に入れて
    コーヒー豆はできるだけ専用の容器で保存します。購入した際に入っている袋もたいていはそのまま保存しても大丈夫なものが多いですが、一番適しているのはフタがきちんと閉まるガラスの密閉容器です。コーヒー豆を詰める際は空気が入らないようにできるだけたくさん詰めます。もし一回分ずつ小分けにするのでしたらジップロックなどを利用してもよいでしょう。ジップロックは空気をできるだけ抜いて閉め口をきちんと閉じましょう。
  • 結露にも注意

  • 結露にも注意
  • 冷凍庫や冷蔵庫で上手に保存できていても、いざコーヒー豆を出して飲もうとするときに、部屋との温度差から結露を起こすことがあります。そのまま豆を容器から出してしまうと大敵である湿気を含んでしまって元も子もありません。コーヒー豆はできるだけ一度に使う分ずつ分けたほうがよいのですが、実際はそこまではなかなかできないこともあります。こんな時はコーヒー豆を冷凍庫や冷蔵庫から出してから室温に近くなるまで少し待ちます。それから容器から出すとよいでしょう。

  • 信頼できる店で新鮮な豆を買ってくるのが大切

  • どんなに完璧な保存方法であっても、買ってきたコーヒー豆が古かったり焙煎してから時間が経っていたりするとどうしようもありません。これではスタートから不利な状態なのです。野菜や肉を買う時もその新鮮さが購入のポイントとなるはず。コーヒー豆も生鮮食品と同じですから一番大切なのは鮮度なのです。コーヒー豆はできるだけ新鮮なものを買ってください。コーヒー豆にちゃんとした知識があって信頼できるお店を探し、できればお店のスタッフさんと親しくなって色々と相談したり試飲できるところがベストです。

コーヒー豆の保存方法で美味しさに違いが
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事