コーヒーの過剰摂取には要注意

コーヒーの過剰摂取には要注意

Thumb?1414295452 muah♪さん

222

眠気を吹き飛ばすために、集中力を高めたい時に、仕事中のストレス解消に…ついつい飲みすぎてしまいがちなコーヒー。


  • コーヒーの飲みすぎは何杯から?

  • コーヒーの飲みすぎは何杯から?
  • コーヒーは、適量であれば健康に良いと言われています。実際、コーヒーの成分であるカフェインは、薬にも使用されています。しかし、適量とはどれくらいを示すのでしょうか?
    答えは、1〜5杯程度。カップや缶のサイズによっても異なりますが、大体の目安として覚えておいてください。飲みすぎといわれる量は明確ではありませんが、1日に30杯以上飲んでいるという場合は、明らかに飲みすぎの域に含まれます。逆に、1日10杯程度であれば全く問題ないと言えるでしょう。「もしかしてコーヒー飲みすぎかも!?」と過度に心配する必要はあまり無いのです。ですので、1〜5杯程度というのもあくまで目安です。
  • カフェイン過剰摂取による健康被害を認識しよう

  • カフェイン過剰摂取による健康被害を認識しよう
  • 一方で、人によって健康被害は異なるため、「○杯まで大丈夫」といった思い込みは危険です。コーヒーの大量摂取が健康に与える悪影響は意外と大きいのです。

    例えば、コーヒーは胃痛を引き起こす原因にもなり得ます。カフェインには胃液の分泌を促進する作用があります。そのため、空腹時にカフェインを摂取すると胃が荒れやすくなってしまうのです。

    また、カフェインには覚醒作用があるため、就寝前に飲むと睡眠の質が低下してしまいます。作用持続時間は長い人で10時間程度にも及ぶので、そのことを意識して、自分の就寝時間と照らし合わせてみましょう。といっても、飲みすぎなければそれほど気にすることはないので大丈夫です。
  • まとめ

  • まとめ
  • カフェインは一種の興奮剤のようなものなので、交感神経を刺激します。それにより脳の働きが活発化したり、集中力が増すわけです。しかし、良いことばかりではありません。交感神経が異常に活性化してしまうと副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。そのため、適量なら問題なくても、飲みすぎてしまうとイライラや不安を助長する原因となってしまうのです。自律神経失調症の方がコーヒーを飲む場合は、ノンカフェインのものにしましょう。



    カフェインには中毒性があるため、なかには依存症になってしまう方もいます。
    ただし、正しい容量を守っていれば、コーヒーの副作用は決して大騒ぎするほどのものではありません。健康的な生活を送るため、上記のことを頭の片隅に置いておき、少しだけ日々の生活を見直してみてください。

コーヒーの過剰摂取には要注意
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事