知っておきたいコーヒーの効果

知っておきたいコーヒーの効果

Thumb?1414295452 muah♪さん

202

普段何気なく口にするコーヒーですが、様々な効果があることが明らかになっています。コーヒーに含まれている成分の中では、カフェインとポリフェノールが特に有効です。


  • カフェインの効果

  • カフェインの効果
  • コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られています。眠気を解消する目的でコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか。深煎りのコーヒーよりも浅煎りのコーヒーのほうがカフェインの含有量が多いため、カフェインの効果を実感したい時はアメリカンにするのがよいでしょう。近年ではカフェインレスのコーヒーもたくさん台頭してきているので、目的に応じてカフェインの有無を選ぶのがよいでしょう。

    ◆集中力を高める
     カフェインには脳を興奮させる効果があります。適度なカフェインを摂取することで、脳の働きが活発になり集中力を高めることができます。仕事や家事の合間など集中力が切れた時に、コーヒーを飲んで一息ついてはいかがでしょうか。

    ◆鎮痛作用
     カフェインは消炎鎮痛剤にも含まれている成分です。カフェインが脳の血管を収縮させるため、片頭痛などをやわらげることができます。

    ◆皮膚がんのリスクを軽減
     1日に4杯以上のカフェイン入りのコーヒーを飲むと、皮膚がんの一種であるメラノーマになるリスクを25%軽減できるということが明らかになっています。
  • ポリフェノール

  • ポリフェノール
  • 緑茶や紅茶をはじめとしてポリフェノールが含まれている飲料はたくさんありますが、その中でもコーヒーのポリフェノール含有量はトップクラスで、赤ワインにもひけをとりません。

    ◆美を追求する女子の強い味方
    ポリフェノールには、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。また老化を促進させる活性酸素の働きを阻害する効果もあるので、シミだけでなくシワやタルミも予防できます。

    ◆ダイエットに効果あり
    ポリフェノールが体に蓄積された脂肪を燃焼するので、ダイエットにもつながります。運動の前に飲むと更に脂肪の燃焼が高まるので、通勤の前後やショッピングの途中などに飲むのがおすすめです。
     ダイエット効果を期待するならコーヒーはブラックが良いと思われそうですが、砂糖の量にさえ気を付ければ問題ありません。食前に小さじ1杯の砂糖を入れたコーヒーを飲むと、満腹中枢が刺激されて食欲が低下するため食べ過ぎを防ぐことができます。

    ◆様々な疾患の予防に有効
     ポリフェノールには抗酸化作用があります。抗酸化作用により病気の原因となる活性酸素を阻害するため、糖尿病・肝疾患・動脈硬化などの疾患の予防になると注目されています。健康を気にしつつも、スイーツやお酒を楽しみたい女子には嬉しい効果です。
知っておきたいコーヒーの効果
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事