コーヒーの飲み過ぎに気を付けて

コーヒーの飲み過ぎに気を付けて

Thumb?1414295452 muah♪さん

432

コーヒーの飲み過ぎはよくありません。理由は、カフェインをとりすぎてしまうからです。何が悪いのか良いのかあらためて知識として知り、気をつけてみましょう。


  • カフェインをとりすぎると…

  • カフェインをとりすぎると…
  • ・カフェイン依存症に
    ・睡眠障害(夜眠れない)
    ・トイレが頻繁に(近くなる)
    ・胃、腸の不調
    ・頭がすっきりしない
    ・動悸や不整脈

    とりすぎるほど症状がひどくなってしまう可能性があります。
    カフェイン依存症は、コーヒーを飲むのをやめると頭痛や疲れやすさ(だるさ)、集中できない、頭がぼんやりするなどの症状が出てしまいます。

    あなたはカフェイン依存症になっていませんか?大丈夫ですか?

  • コーヒーは1日に何杯飲むのが良いのか

  • コーヒーは1日に何杯飲むのが良いのか
  • 一日に3、4杯が適量です。
    脂肪燃焼効果や精神安定にはこの摂取量が妥当です。
    5杯以上飲むと肥満のリスクや、糖尿病になる可能性があるとオーストラリアの研究で言われています。
    妊婦の場合は、1日1杯程度。
    カフェインには体を冷やす作用や流産の危険性があります。妊娠中はカフェインを極力とらないことをおすすめします。

    コーヒー摂り過ぎ対策

    飲みたい気持ちはわかりますが、たまにはカフェインをとらない日を決めてもいいのではないでしょうか。
    なかなかコーヒーの代わりになる飲み物はありませんが、ノンカフェインの飲み物をご紹介します。

    ・ノンカフェインのコーヒー(値段的には高めで、香りはよくないです)
    ・麦茶、コーン茶はノンカフェイン
    ・タンポポコーヒー(コーヒーではありませんが、香ばしい味がします)
    ・ハーブティー

  • コーヒーを適量に飲むと良い点

  • コーヒーを適量に飲むと良い点
  • ・疲労の回復
    人間は筋肉に乳酸がたまると疲労を感じます。
    カフェインは、乳酸をたまりにくくし、血行をよくし疲労回復に効果があります。

    ・ストレス解消
    コーヒーの香りや苦み、酸味は精神安定とストレス解消の効果があります。

    ・肥満予防、ダイエット効果
    カフェインは、脂肪の代謝を活発にし、燃焼させる作用があります。ダイエットにも効果的と言われています。

    ・消化を促進
    コーヒーは胃液の分泌をよくしたり、消化器官の働きを促進する作用があります。
    胃炎などある場合は、胃を痛めますので注意が必要です。

    コーヒーの飲み過ぎには注意して、くつろげるコーヒータイムをお過ごしください。
コーヒーの飲み過ぎに気を付けて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事