コーヒーの飲み過ぎによって発生するリスク

コーヒーの飲み過ぎによって発生するリスク

Thumb?1414295452 muah♪さん

250

コーヒーは健康効果の高い飲み物として世間では周知されています。


  • メリットとデメリット

  • メリットとデメリット
  • 実際に、そのダイエット効果や集中力アップの効果は誰もが認めるところです。毎朝、もしくは仕事場などで、常にコーヒーを愛飲しているという人も少なくないはずです。
    ですが、コーヒーの飲み過ぎは体に良くない、ということを聞いたことはないでしょうか。実はコーヒーは適度に飲まないと様々な副作用を発生させてしまうのです。その危険性を知っておかないと、知らず知らずのうちに体に悪影響が及んでいるということにもなりかねませんので、知っておく必要があります。
  • リスクとは

  • リスクとは
  • まず、コーヒーの飲み過ぎによって発生するリスクとして挙げられるのが、夜眠れなくなってしまうということです。このことは広く知られた話だと思いますが、意外にコーヒーを寝る前に飲んでしまうという人も多いのです。カフェインによる興奮作用がそのような眠れない状態を引き起こしてしまうのですが、これを何度も続けていると、不眠によって大きなストレスを抱えてしまうことになってしまいます。たとえ、自分では眠れたつもりになっていても、良質な睡眠を取れているとは限りません。もしかしたら、自分でも気付かぬ間に睡眠に悪影響を及ぼしており、普段から体のだるさが抜けておらず、その状態が常習化している可能性もあります。
  • 飲み過ぎには注意

  • 飲み過ぎには注意
  • また、カフェインには胃液の分泌を増量させるという働きがあります。このことによって、胃痛という症状に悩まされることがあるのです。原因不明の胃痛に悩まされているという人は、コーヒーを飲みすぎていないかということを見返してみる必要があるのです。
    カフェインには鉄分・亜鉛が体内に吸収されるのを阻害してしまうという性質もあります。これによって、貧血などの症状が引き起こされることもあり、食生活においてそのような物質を取得できていないという人は、突然、会社で倒れてしまうということもあるのです。
    他にも、カフェインは自律神経を乱れさせてしまうことがあります。コーヒーは興奮作用があるので、本来の自律神経の規則性を無視した形で興奮してしまいます。それが常習的に続けられると、自律神経のバランスが崩れ、気分が落ち込んでしまったりなどのうつ状態を引き起こしてしまう可能性があるのです。
    コーヒーを愛飲しているという人は、いつの間にか必要量以上のカフェインを体内に取り込んでしまいがちになってしまいます。一日だけならばまだしも、それが毎日のように続くと、様々な弊害を体にもたらしてしまいます。充分に注意しておきましょう。

コーヒーの飲み過ぎによって発生するリスク
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事