コーヒーの種類はどのくらいあるの?

コーヒーの種類はどのくらいあるの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

302

コーヒーといっても、いろんな原産地のコーヒーがあり、また焙煎の仕方によってもさまざまで、奥が深いものです。


  • アラビカ種とロブスタ種

  • アラビカ種とロブスタ種
  • コーヒーは主に赤道を中心に、南回帰線から北回帰線の間のコーヒーベルトといわれる熱帯地方で栽培されております。コーヒー豆の種類も原産地によって分かれ、アフリカ東部、エチオピア産の高地で栽培されているのがアラビカ種、アフリカ中央部など低地栽培のロブスタ種、ごくわずかではありますが、アフリカ西部のリベリカ種があります。アラビカ種が最高品質といわれ、味、香り共に優れています。原産国のアフリカから世界に渡り、今では全体の70
    %がこのアラビカ種です。私たちがいつも飲んでいるコーヒーもこのアラビカ種がほとんどです。残りの30%がロブスタ種で、味は劣ますが、低地で栽培され、病気などに強い種で、主に缶コーヒーなどで使われています。
  • 産地による味の違いは?

  • 産地による味の違いは?
  • コーヒーは栽培された土地の気候、風土によって味が異なります。コーヒーを味わうと、その生産地の風景、自然が思い起こされるほどコーヒーの味に集約されます。インドネシア、スマトラなどの東南アジア産は、濃厚なコクと酸味が少ないのが特徴です。エチオピア、モカなどのアフリカ産は芳醇な香りと酸味が特徴で、柑橘系の風味がとても個性的です。アフリカ産はコーヒー好きの中でもファンが多いです。ブラジル、コロンビア、グアテマラなどの中南米は、コク、酸味がバランスよく、華やかな風味です。



  • ローストについて

  • ローストについて
  • ローストとは焙煎のことです。焙煎の度合いで、コク、苦味が変わります。このローストも主に8段階に分かれます。

    1、ライトロースト
    2、シナモンロースト
    3、ミディアムロースト
    4、ハイロースト
    5、シティロースト
    6、フルシティロースト
    7、フレンチロースト
    8、イタリアンロースト

    番号が下に行くほど、深煎りとなり、コク、苦味が強くなります。
    自分の好みにあったローストを選ぶのがいいでしょう。ちなみに8のイタリアンローストは、アイスコーヒーによく使われています。

    このように、生産国やローストの種類によって、コーヒーの味が変わることがわかります。これらの個性的なコーヒーの配合うまくブレンドすると全体的にバランスのとれた味になりますし、生産地オリジナルのコーヒーをストレートで味わうのもいいでしょう。コーヒーの種類について説明しましたが、少しはコーヒーの知識が増えたことでしょう。尚一層コーヒーが好きになるかもしれません。産地やローストを調べ、自分に合ったコーヒーを選んでみてはいかかでしょうか?

コーヒーの種類はどのくらいあるの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事