髪を優しい成分でコーティングする植物由来のボタニカルコンディショナー

髪を優しい成分でコーティングする植物由来のボタニカルコンディショナー

Thumb?1414295452 muah♪さん

298

髪を洗った直後は、毛髪内部の水分がどんどんと蒸発している状態です。水分が失われて弱った髪には、植物由来の優しい成分で包んであげることが重要です。
そこで、おすすめするのが「ボタニカルコンディショナー」です。

  • ボタニカルコンディショナーとは?

  • ボタニカルコンディショナーとは?
  • 髪のケアは、主にシャンプー、コンディショナー、トリートメントの3ステップで行います。

    このうち、コンディショナーとトリートメントは、髪の毛を保護すると共に内部にまで潤いを与えることが目的となっています。

    ですが、いまいちコンディショナーとトリートメントの違いがよく分からないという方もいることと思います。

    トリートメントは、様々な外的刺激によって傷んだ髪を補修するのが大きな役割です。

    髪は直接紫外線を浴びることが多く、それによって髪内部の水分が失われがちです。

    これが原因で髪がパサついてうねってしまったり、枝毛ができたりするのです。

    トリートメントは、成分が髪の内部にまで浸透して保湿することで、健康な髪へと導いていきます。

    一方、コンディショナーは髪の毛を保護することが大きな役割となっています。

    シャンプーをすると、髪に付着した皮脂や汚れが洗い流された状態になっています。

    このまま放置すると、髪内部の水分がどんどんと蒸発して失われていくことになります。

    シャンプー直後は、髪をコーティングしていた皮脂が無くなっているため、様々な外的刺激を受けやすい状態になっています。

    コンディショナーは、髪をコーティングすることで内部の水分蒸発を防ぐと共に、外的刺激から髪を守る働きをします。

    コンディショナーをしてからトリートメントをすることで、真っ先に髪をコーティングして水分蒸発を防いで、その後に内部にしっかり潤いを与えることができるのです。

    髪の毛は、皮膚と同じタンパク質からできています。

    そのため、使用するケア製品も肌と同様に刺激を与えることのない優しいものでなければなりません。

    それは、シャンプーのみならずコンディショナーなども同様です。

    髪を優しく保護するには「ボタニカルコンディショナー」がおすすめです。

    ボタニカルコンディショナーとは、植物由来成分を豊富に使用して作られた、髪と頭皮に優しいコンディショナーです。

    植物には、人工的に作られた合成成分では補えない働きを持っているものが多くあり、その様々な植物由来成分を合わせて配合することで、髪に効果的に働きます。

    ボタニカルコンディショナーには、そんな植物由来成分が豊富に含まれています。
  • ボタニカルコンディショナーの特徴と効果

  • ボタニカルコンディショナーの特徴と効果
  • ボタニカルコンディショナーの特徴は、成分のほとんどが植物由来成分でできていることです。

    植物由来成分とは、植物を原料とした有効成分のことで、植物の持つ良い効果のみを抽出して吸収しやすいのように加工したもので、髪に優しい成分となっているものが多いです。

    シャンプーなどに使用されている成分には、洗浄成分の他に防腐剤、香料、着色料などがありますが、安価なシャンプーになると、成分のほとんどが石油系の合成成分からできています。

    その理由としては、石油を原料にすることで洗浄成分をはじめ、様々な成分に加工できるからです。また、植物と違い石油は安定した量を確保できるため、大量生産が可能です。

    こうしたことから、シャンプーやボディソープ、ハンドソープ、洗顔料、各種洗剤など、様々な製品に配合されています。

    このようなシャンプーに使用されている洗浄成分は「石油系界面活性剤」と呼ばれるもので、高い洗浄力を持っています。

    その反面、肌への刺激が強く、また皮膚への浸透性も高いことから、その発がん性が問題視されています。

    これはコンディショナーでも同様で、様々な合成成分が使用されており、髪を保護する目的でありながら刺激の強い成分を使用するという矛盾が起こっているのです。

    これでは、本当に髪を刺激から守ることにはなりません。

    ボタニカルコンディショナーには、植物由来成分が豊富に含まれており、この成分は石油系合成成分のような刺激がなく髪や肌に優しいです。

    それでいて、植物の持つ力を十分に発揮してくれるので髪を効果的に健康へと導きます。

    このコンディショナーを使うことで、植物が由来の保湿成分が髪を包み込み、失われがちな水分を閉じ込めます。

    これによって、紫外線や整髪料などの外的刺激から髪の毛を守ることができ、髪の傷みを予防することができます。

    保湿成分一つをとっても、植物によってその効果の発揮具合や浸透具合などが異なります。

    このコンディショナーは成分のほとんどが植物が由来となった原料であるため、補いたい効果によって様々な成分の組み合わせが可能です。
  • ボタニカルコンディショナーの見分け方

  • ボタニカルコンディショナーの見分け方
  • ボタニカルコンディショナーと他のコンディショナーとを見分けるにはどうすれば良いのでしょう?

    このコンディショナーは、植物が由来となった成分が豊富に含まれているのが大きな特徴です。

    由来成分が豊富に含まれたコンディショナーには、表面に「植物由来成分○○%以上配合」などと記載されているものが多いです。

    一方、石油系合成成分が多い製品には、配合成分ではなく得られる効果を大きく謳っているものが多いです。

    植物由来成分を配合しているコンディショナーでも、製品によって配合割合が大きく異なります。

    石油系合成成分と一緒に植物などの天然由来成分を配合しているものも多くあり、これらも同じボタニカルコンディショナーに分類されてしまいます。

    しかし、石油系合成成分が配合されているか、配合されていないかによって髪に与えるダメージや、肌が受ける刺激は大きく変わってきます。

    より優しい成分のみのコンディショナーを見分けるためには、表面のキャッチコピーだけで決めてしまうのではなく、裏面の成分欄をチェックして配合成分を確認する必要があります。

    コンディショナーに配合されている植物の由来成分としては、主に高い保湿力を持ったものが多いです。

    例えば、ココヤシ油・パームヤシ油・大豆エキス・マカデミアナッツエキス・アーモンドエキス・シアバターなどがあります。

    また、香料として天然精油などが使用されていることが多く、ラベンダー・カモミール・ジャスミンなどのハーブ類や、アップル・オレンジ・レモン・アプリコットなどの果物類などが多く利用されています。

    このような髪と肌に優しい天然成分を配合しているもので、石油系合成成分を含まないものが理想のボタニカルコンディショナーです。

    石油系合成成分として多く使用されているものとしては、石油系合成界面活性剤のラウリル硫酸Na(ナトリウム)、ラウレス硫酸Naなどがあり、その他にパラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油などがあります。

    このような石油系合成成分が配合されているものは避けるようにしましょう。
  • ボタニカルコンディショナーのメリット

  • ボタニカルコンディショナーのメリット
  • ボタニカルコンディショナーを使用することで様々なメリットが得られます。


    1つは、髪と頭皮を傷めないことです。

    植物が由来の有効成分が髪を効果的にコーティングしてくれるので、紫外線やドライヤー、整髪料などから受けるダメージを抑えることができます。

    髪は皮膚と同様にタンパク質からできているため、紫外線を多く浴びることで気付かぬうちにダメージを受けています。

    髪がパサついたり、切れたりするのはこうした要因が関係していることが多いです。

    このコンディショナーを使うことで、優しい有効成分が外的刺激から髪を効果的に保護します。


    2つ目は、洗髪後の水分蒸発を抑えてパサつきを防ぐことです。

    シャンプー後は髪の汚れと共にコーティング(皮脂)も洗い流された状態で、素肌と同じような状態になっています。

    お風呂上がりの皮膚は、水分がどんどん失われている状態であり、これは同じタンパク質からなる髪の毛も同じです。

    トリートメントで髪に潤いを与えることはとても大切なことですが、髪の水分蒸発を防いでからでなければ意味がありません。

    このコンディショナーを使うことで、植物の有効成分が様々な髪質でもしっかりと包み込み、水分蒸発を防ぎます。

    コンディショナーを使うことで、その後のトリートメントの力をしっかり得ることができるのです。


    3つ目は、髪の毛が健康になることです。

    本物のボタニカル製品には、石油系の合成成分は一切使用されていません。

    配合されているのは様々な効果を持った植物由来の優しい成分です。

    こうした成分を髪に補うことで、徐々に髪に潤いが戻り健康でツヤのある美しい髪へと変わっていきます。

    また、刺激が少ない成分であるため、頭皮にも優しいです。

    頭皮が健康になると髪の生える頭皮環境が整えられるため、太くて切れない丈夫な髪の毛が育ちます。

    太くて丈夫な髪は多くの水分を溜めることができ、より健康で美しい髪にすることができます。

    このコンディショナーには、髪のダメージをいたわりながら、健康で輝く美しい髪へ導くメリットがあります。
  • ボタニカルコンディショナーの注意点

  • ボタニカルコンディショナーの注意点
  • 多くのメリットがある髪に優しいボタニカルコンディショナーですが、使う上で注意すべきことなどはあるのでしょうか?

    「ボタニカル」と表示された製品が多く販売されていますが、表示するための一定条件としては「植物由来成分を配合していること」ということ以外、特にありません。

    そのため、植物の由来成分の他に石油系合成成分を配合しているものもあります。

    例えば、界面活性剤としては植物などの天然系洗浄成分と使用しているのに、香料や着色料、防腐剤などで石油系の成分を使用しているなどです。

    最も刺激が強く、人体に悪影響を与えるとされる石油系界面活性剤は避けていても、他の成分で石油系を使っていては肌への刺激が少なかったとしても、使い続けることによる人体への影響が心配されます。

    また、化学物質に過敏に反応してしまう方では、微量であっても刺激の強い成分が配合されているものを使うと、かぶれやただれ、湿疹などが起こる可能性が高く、場合によっては呼吸困難などの重篤な症状を引き起こす可能性もあります。

    このようなことにならないためには、植物由来成分の配合割合が高く、石油系合成成分が配合されていないものを使うことがポイントとなります。

    製品によっては由来成分の配合割合は異なりますが、ボタニカル製品の多くは成分の90%以上が植物の由来成分で作られています。

    中には100%由来成分というものもあります。

    このコンディショナーを使用する際には、一緒にシャンプーとトリートメントも同じブランド(メーカー)で揃えることが良いでしょう。

    髪に優しい成分で洗い、コーティングし、保湿することが最も理想の毛髪ケアと言えます。

    同じブランドであれば、シャンプー・コンディショナー・トリートメントによって違う植物の由来成分が配合されていることが多く、それぞれのケアで最も有効に働く成分を補うことができるからです。

    例えば、シャンプーでは優しく洗い上げること、コンディショナーでは髪を保護しながら水分蒸発を防ぐこと、トリートメントでは髪の内部から保湿することなどです。

    ボタニカル製品をトータルで揃えることで、この3ステップを効果的に行うことができます。
  • お勧めボタニカルコンディショナーをご紹介

  • お勧めボタニカルコンディショナーをご紹介

    出典: www.nature-and-co.com

  • ボタニカルコンディショナーの中でおすすめな商品をいくつかご紹介します。


    【TIENS Aprotie ボタニカル コンディショナー】

    このコンディショナーは、マヌカハニーをはじめとする植物・天然由来成分のみで作られた、髪に優しいノンシリコンコンディショナーです。
    植物などの有効成分が髪を保護しながら内部にも浸透していくので、外的刺激よるダメージから髪を守り、同時に潤いもしっかりと与えます。
    香りは、ラベンダー・オレンジ・レモン・ミントで、心地良い香りを楽しめます。
    内容量は500mlで、価格は2,980円(税込み)となっています。
    インターネットショップでは、30%オフの2,086円(税込み)にて購入も可能です。


    【NATURE&CO ボタニカル コンディショナー】

    このコンディショナーは、厳選された3種類のボタニカルオイルを使用しているノンシリコンコンディショナーです。
    髪に浸透するようになじむため、すすいだ瞬間からしっかりと髪を保護して滑らかにしてくれます。
    ノンシリコンならではのふんわり感を感じられ、ツヤのある健康な髪に導きます。
    香りは、爽やかなハーバルグリーンで、リラックス効果も得られます。
    内容量は500mlで、価格は1,400円となっています。
    また、レフィルは450mlで1,200円です。


    【ORBIS ナチュラルボタニカル コンディショナー】

    このコンディショナーには、エンドウ豆のプロテインが配合されており、髪をしなやかに整えます。
    更にアーモンドのプロテインも配合されており、髪を優しくコーティングします。
    また、ボタニカルモイスチャー成分が配合されているので、傷んだ髪も効果的に補修し、水分を逃がしません。
    無香料・無着色でノンシリコンの安心・安全なボタニカルコンディショナーです。
    内容量は420mlで、価格は1,778円となっています。
    インターネット通販では、ボトルタイプが1,178円(税込み)~購入可能で、詰替えは1,050円(税込み)~購入可能となっています。
髪を優しい成分でコーティングする植物由来のボタニカルコンディショナー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事