クリームトリートメントはいいとこ取り!エアリーツヤ髪が手に入る♪

クリームトリートメントはいいとこ取り!エアリーツヤ髪が手に入る♪

Thumb?1414295452 muah♪さん

103

クリームトリートメントを使ってみたい、どうしたらもっと髪をきれいにできるかな?と思っていませんか?クリームトリートメントは油分とうるおいのどちらも持ち合わせているので、軽くてサラサラな質感とオイルらしいツヤを両方手に入れることができるトリートメントです。今回は、クリームトリートメントの魅力、どんな風に使えばいいのか、そしておすすめのクリームトリートメントをご紹介します。

  • クリームトリートメントとは?

  • クリームトリートメントとは?
  • クリームトリートメントは、油分と水分が混ざりあった(乳化している)トリートメントです。

    そのため、油分のいいところと、水分のいいところを同時に併せ持っています。

    油分の良いところである、髪をコーティングして熱や乾燥、紫外線、ホコリなど外部の刺激から髪をガードし、傷んだ髪から水分や栄養が抜けることを防ぐ働きがあります。

    水分の良いところとして、髪になじみやすく、うるおいを与えてまとまりやすくしてくれます。

    ヘアトリートメントには、オイルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ミストタイプなどがあり、オイルタイプよりは油分が多く、ミストタイプよりは水分が多くなっています。

    クリームトリートメントは、オイルのツヤ感と落ち着き、ミストやミルクの潤いを同時に与えてくれるのです。

    重すぎず軽すぎずの使用感なので、ツヤ感と程よい重さがほしい人や、髪の傷みが強くない人などにおすすめです。
  • クリームトリートメントは幅広い髪悩みをカバーできる

  • クリームトリートメントは幅広い髪悩みをカバーできる
  • クリームトリートメントは、油分のいいところと、水分のいいところを同時に併せ持っているため、幅広い髪悩みをカバーできます。

    さらに、クリームタイプのトリートメントはたくさん販売されており、それぞれ油分と水分の割合が異なったり、仕上がりをアップさせるための成分が配合されています。

    ですので、クリームトリートメントの中でも、自分がイメージする仕上がりに一番合うものを選ぶことが美髪への近道になります。

    ただ、油分も水分も程よく含まれている分、とにかくしっとり落ち着かせたい、エアリーな仕上がりにしたいなど、どちらか一方の特性を強く希望する場合には、少し力不足です。

    クリームトリートメントは傷みが激しくしっかり髪をコーティングして落ち着かせたい人や、軽い仕上がりで指通りだけ良くしたい場合などにはオイルタイプやミストタイプを試して見ましょう。

    なお、クリームトリートメントと同様に乳化したトリートメントにミルクトリートメントもあります。

    ミルクトリートメントは水分が多めなので、多少はコーティング力が欲しいけれどより軽い仕上がり、という場合はミルクトリートメントがおすすめです。
  • クリームトリートメントは使いすぎ厳禁!

  • クリームトリートメントは使いすぎ厳禁!
  • クリームトリートメントは油分が含まれているため、使いすぎるとベタつきが出てしまいます。

    毎日シャンプーをしても、髪にたくさん油分がついていれば落としきれず、油分のコーティングが厚くなってしまいます。

    油は油とくっつく性質があるので、髪に皮脂などを吸着しやすくなります。

    油分は空気に触れると酸化してしまい、傷みや嫌なニオイの原因になることがあります。

    商品それぞれの適量や目安を守って使いましょう。

    特に記載がない場合は、少なめからスタートしてだんだんと自分にとっての適量を見つけるようにしましょう。
  • クリームトリートメントの使い方

  • クリームトリートメントの使い方
  • どんなトリートメントも適切に使うことでより素敵な髪に近づけることができます。

    クリームトリートメントの良さを最大限に活かすための適切な入浴後のヘアケア方法をご紹介します。

    シャンプー後の清潔髪を軽くタオルドライして水分をある程度とったらクリームトリートメントを使います。

    1 クリームトリートメントを手に取る



    クリームトリートメントが一部分にベッタリついてしまうと、ベタつきの原因になってしまいます。

    髪全体にトリートメントをなじませるため、まずは両手や指の間にまでしっかりとクリームトリートメントを広げましょう。

    2 毛先からクリームトリートメントをつけていく



    まずは、髪の傷みたハネがでやすい毛先に優先的にトリートメントをつけていきます。

    髪をまとめられる長さの場合は、毛先をひとまとめにして目でみながらつけていきましょう。

    3 髪の中にクリームトリートメントをつけていく



    毛先になじませたら、段々と髪の内側に手を動かしクリームトリートメントをつけていきます。

    髪の表面に先にトリートメントをつけてしまうとベタつきの原因になってしまうので、気をつけましょう。

    また、頭皮にトリートメントがつくと肌トラブルを招きやすくなるので、頭皮や髪の根元にはつけないようにしましょう。

    4 髪の表面にクリームトリートメントをつける



    最後に髪の表面にクリームトリートメントをつけていきます。表面は軽くなじませるだけにとどめましょう。

    とくに気になるところには入念につけましょう。

    もし、物足りないと思っても、一度ドライヤーで乾かして触感を試したほうが失敗する可能性は低いです。

    明日以降少しトリートメントの量を増やせばいいだけですが、付けすぎるとベタつきがでてしまったり、寝具への付着が気になってしまいます。

    5 ドライヤーで髪を乾かす



    クリームトリートメントをつけ終わったら、ドライヤーで髪を乾かしていきます。

    キューティクルと同じ流れで温風があたるよう、上から下へとかけていきましょう。

    また、必要以上に熱せられないよう、髪とドライヤーは20センチ以上離して使いましょう。

    最後に冷風で仕上げるとツヤ感が増すと言われています。

    なお、髪を乾かさず濡れた状態で長時間放置することは避けましょう。

    濡れた髪は柔らかく傷みやすいですし、頭皮に雑菌が増える要因になってしまいます。

    クリームトリートメントは油分がある程度含まれており、髪の毛を1本1本コーティングしてくれますが、それでも長時間熱風を当てていると傷みの原因になってしまいます。

    最後に寝ている間の髪の絡まりを予防するため、ブラッシングをしましょう。
  • クリームトリートメントアイテム紹介!

  • クリームトリートメントにはさまざまなアイテムがありますが、そのなかでもポピュラーなものをご紹介します。

    アイテム選びの参考になさってください。
  • まとめ

  • クリームトリートメントはオイルタイプとミルクタイプのいいとこ取りをできるアウトバストリートメントです!

    あまりに傷みが激しくとにかく落ち着かせたい、ふんわりスタイリング前に使いたいといいった時でなければ、多くのタイミングでマッチするアイテムです。

    さらに、油分と水分のバランスや、その他の美容成分などにより、さまざまな悩み向けのアイテムが揃っていますので、ぜひ自分にピッタリのクリームトリートメントを見つけてくださいね♪
クリームトリートメントはいいとこ取り!エアリーツヤ髪が手に入る♪
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事