緑茶はダイエットに向いている!?その効果と成分とは

緑茶はダイエットに向いている!?その効果と成分とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

289

体中の脂肪を燃やして元の体型に戻すことをダイエットといいますが、そのダイエットを成功させるためには運動だけでは不十分です。運動と共に、体質改善が大切です。その体質改善では緑茶の効果が再認識されています。

  • 緑茶がダイエットに良い理由とは

  • 緑茶がダイエットに良い理由とは
  • 緑茶がダイエットに良い理由とは、元々人間の体に備わっている脂肪を燃やす力を蘇らせる効果があることです。

    脂肪の印象は悪いものとして扱われているものですが、本来は人間が生きていくうえで必要な3大栄養素として数えられています。

    脂肪は血管を通して全身に運ばれると、肉体の組織を作り上げる細胞に届けられることで細胞がそれを食べて活力とし、活力を得た細胞は肉体の組織を新しく作り上げるだけでなくウィルスが生きることのできない体温を生み出す役目を持ちます。

    問題は、その脂肪が細胞が食べづらいものに代わってしまう事です。
    脂肪は細胞が消化しきれない量になると再び肝臓に運ばれると再構成されて粘着性の強い脂肪に切り替わります。

    その粘着性の強い脂肪は細胞が簡単に消化しきれない脂肪となり内臓脂肪として蓄積し、さらに内臓脂肪として蓄積した脂肪は体内で発生する悪性の活性酸素を結びつくと白く凝固します。

    この白く凝固した脂肪が消化しきれない脂肪となり、運動をしても簡単に消化しきれない脂肪として見た目にわかる形で現れるのです。

    それを簡単に燃やすのに役に立つのが、緑茶の効果にある悪性の活性酸素を除去する力があるからです。
  • 緑茶ダイエットの効能とは

  • 緑茶に備わっている悪性の活性酸素を除去する力というのは、緑茶の緑色をしている理由であり緑茶を飲んだ時に苦みとして感じる成分であるカテキンです。

    カテキンは緑茶の中に含まれているポリフェノールの一種で、カテキンは太陽の光に含まれている紫外線が強く反応しないように茶葉自身が作り出して守るための物質です。

    このカテキンの一般的な認識としては強い殺菌抗菌作用があり、有害な風邪のウィルスを駆除することに役に立つ成分だったのです。それが後々の研究で脂肪の燃焼にも役に立つと分かったのです。

    先に言ったとおりに、ダイエットの失敗の原因は、体内に蓄積した脂肪が燃やす細胞が消化しきれない物質に変化していることが原因です。

    その消化しきれない脂肪に変化させているのが悪性の活性酸素です。

    悪性の活性酸素は体内に取り込んだ酸素が肝臓の分解や吸収した紫外線の影響を受けて有害化したもので、脂肪に取り付くと脂肪の組織を変容させて固く粘着性のある物質に変化させてしまいます。

    そこで緑茶に含まれているカテキンをうまく摂取することによって、緑茶のカテキンの効果には悪性の活性酸素を除去する力があるので元の消化しやすい脂肪に戻せるので痩せられるというわけです。
  • 緑茶ダイエットのやり方

  • 緑茶に含まれているカテキンの効果による悪性の活性酸素を除去する力に加えて、緑茶の中には体質改善と細胞の活動を促進するビタミンとミネラルが豊富という点もダイエットに向いています。

    ただ、いくら向いているといっても、その適切なやり方を知っていないと緑茶をただ飲んだだけでは効果を発揮しにくいです。

    そこで正確な緑茶を飲む方法として3つの要点があります。

    一つ目は運動前に飲むことです。運動前に緑茶を飲むことによって血液中に存在していた活性酸素の影響が薄くなり脂肪が柔らかくなるとともに、緑茶に含まれているそのほかの栄養素が血管をめぐって全身に行き渡るので脂肪燃焼を促進しやすくなります。そして2つ目は食前と食中に飲むことです。

    脂肪の蓄積の原因の一つが体の許容範囲を超える食事量なので、食前と食中に緑茶を飲むことでカテキンが満腹中枢を刺激するので食べ過ぎを防いでくれます。

    そして3つ目は食後に飲むことです。脂肪が一番作られやすいのは食事後の30分後です。その食事後の30分以内に緑茶を飲むことによって、体内で作られた脂肪が悪性の活性酸素の影響を受ける前に消化しやすい形を維持できるので良いタイミングとなります。
  • ダイエットに向いている緑茶の種類

  • 緑茶がダイエットに向いているのはカテキンが一番の理由ですが、緑茶と一口に言っても様々な種類がありどれが良いのかわからないということもあると思います。

    実際に脂肪燃焼を期待して飲む場合において、どの種類を選べばいいのかというはやはりカテキンの量が多い種類を選ぶことが重要となります。

    そのカテキンが多い種類として挙げられるのは煎茶です。

    なぜ煎茶がいいのかというと、煎茶の生育方法に関係しています。
    カテキンは先に言ったとおりにポリフェノールの一種であり、太陽からの紫外線から自身の体を守るために茶葉が分泌している成分です。

    その特性から、太陽の紫外線を浴びる環境にあればあるほどカテキンの量が多くなることを意味します。

    煎茶の場合は茶葉をあえて太陽の紫外線に当てることによって、茶葉に含まれるカテキンの量をあえて多くすることで濃厚な味わいと鮮やかな緑色を作り出すのです。
    そのため脂肪燃焼効果を期待して飲む場合には煎茶がよいです。

    さらに脂肪燃焼を期待する場合において茶葉のまま抽出するのではなく、茶葉をミキサーなどにかけて粉末にした抹茶の状態にすることで茶葉の細胞膜が壊れることで抽出しやすくなります。
  • 緑茶ダイエットの注意点

  • 脂肪燃焼効果を含めた緑茶に含まれている健康効果を期待して飲むのはとても良いことですが、ただし緑茶には高い健康効果がある代わりに注意しなければならないことがあることを知っておく必要があります。

    一つ目はカフェインであり、カフェインもカテキンと協力して脂肪を燃焼させやすい力を発揮する成分ですがその反面としてカフェインは血液に乗って脳に運ばれると交感神経を刺激して神経活動を促進する力も持っています。

    そのため緑茶をあまり飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取につながり、カフェインの覚せい作用の力によって夜寝付けなくなる軽度の不眠症を起こすリスクがあります。

    そして緑茶の殺菌抗菌作用のもう一つの効果であるタンニンには鉄分に吸着して外に排出する力があります。
    そのため緑茶を飲み過ぎると血中に含まれている鉄分を外に放出してしまうので、元々鉄分の吸収率が低い人は貧血気味になってしまうので要注意です。

    3つ目の注意点は、緑茶は殺菌抗菌作用が強いことが強みですが、その殺菌抗菌作用を空腹時に飲んでしまうと強い力によって胃腸の壁を攻撃して炎症を起こす場合があります。そのため緑茶を飲むときには空腹時と睡眠前は避けることが大事です。
  • 緑茶ダイエットのまとめ

  • 悪い脂肪の蓄積は痩せにくく見た目も崩してしまうだけでなく、全身の健康を悪くするものであるため出来るだけ早く解消することが望ましいです。

    そのために緑茶を飲むというのは、市販薬のように副作用のリスクは少ないかつ飲む量も500ミリリットルでペットボトル2本分を1日に分割して飲むだけなので最も手っ取り早い方法です。

    ただ先に言ったとおり、市販薬のように副作用のリスクはないとっても、その緑茶に含まれているカテキンやタンニンそしてカフェインを過剰に摂取してしまうと個人差にとって体に負担がかかってしまう場合があります。

    なにより脂肪の蓄積の多くは車を使うことが多くなり歩く機会が少なくなったなどの運動不足が大きな要因です。
    そういった脂肪の蓄積の要因を放置したまま緑茶を飲んでコントロールしようとしても、その蓄積量に緑茶の分解が追い付かないので思っているほどの効果を上げることはできないです。

    緑茶を飲むこと自体はとても良いことですが、やはり脂肪の蓄積を促進するためには緑茶とともに体中の毒素を排出するためのバランスのとれた食事と昼寝と夜の6時間以上の適度な睡眠そして30分以上を目安とした運動を欠かさずに行うことが健康につながります。
緑茶はダイエットに向いている!?その効果と成分とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事