ダイエットを始める人必見!消費カロリーが高い運動とは?

ダイエットを始める人必見!消費カロリーが高い運動とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

625

さまざまなスポーツの中で、水泳は最も消費カロリーの高い運動と言われています。
水泳選手は、大量に食べないと体がもたない、ということを聞いたことがあると思います。
それほど、運動量が激しく、消費カロリーがダントツのスポーツなのです。
なぜ、水泳が他のスポーツと比べて、消費カロリーが高いのでしょうか。


  • ダイエットには、水泳が一番適している!?

  • ダイエットには、水泳が一番適している!?
  • さまざまなスポーツの中で、水泳は最も消費カロリーの高い運動と言われています。
    水泳は、ダイエットに適した有酸素運動であり、一時間の消費カロリーは、クロールで泳いだ場合、一般的に男性で1,337kcal、女性が1,039kcalとなっています。
    水泳選手は、大量に食べないと体がもたない、ということを聞いたことがあると思います。
    それほど、運動量が激しく、消費カロリーがダントツのスポーツなのです。
    なぜ、水泳が他のスポーツと比べて、消費カロリーが高いのでしょうか。
    これには、水の抵抗力が関係しています。
    水泳では、水の抵抗力を受けるので、陸上での活動よりも運動効果が上がり、消費カロリーが上昇します。
    そのため、ジョギングやウォーキングを行うよりも、水泳の方がより高いダイエット効果を得ることができます。
    また、体に浮力や水圧がかかるので、体への負担が少なく代謝も上がり、健康面でも効果に期待がもてます。
  • 日常と運動の消費カロリーについて

  • 日常と運動の消費カロリーについて
  • 「水泳をすれば、すぐに痩せられる!」と、過信してもいけません。
    私たちが一般的に消費しているカロリーの約7割は、基礎代謝です。
    残りの3割が、運動や生活活動などによる消費です。
    アスリートのように、毎日長時間に渡って運動を行わない限りは、3割の部分に+αした程度の増加なのです。
    具体的には、クロールを30分行ったときの消費カロリーは、女性(体重52kgの場合)が191kcal/30分、男性(体重65kgの場合)が239kcal/30分です。
    約ドーナッツ1個分程度のカロリーとなります。
    燃焼する脂肪の量で計算すると、26〜33gとなり、なかなかすぐには体重減とはいかないようです。
    けれども、運動による消費カロリーの増加は、日々の積み重ねが大切です。
    また、運動により筋肉量がアップすれば、基礎代謝が上がり、カロリー消費につながるのでご安心を。
  • 効果的なトレーニングの仕方は?

  • 効果的なトレーニングの仕方は?
  • 本気を出し、激しく泳いでしまうと、かなりの体力を消耗してしまいます。
    消費カロリーは高くなりますが、最初からはりきって飛ばしてしまうと、長続きしません。
    まずは、ゆったりとした大きなフォームで、最初は25mからスタートし、自分に合ったペースで少しずつ距離や時間を伸ばしていくようにしましょう。
    激しく25mを泳ぎ、こまめに休んでいては意味がありません。
    どんなに効果がある運動でも、続けなくては意味がないので、継続して取り組むようにしましょう。

    また、泳ぐのが苦手な人は、水中ウォーキングやアクアビクスなどでもOKです。
    水の抵抗によって、歩いたり、負荷のかかる運動を行うだけでも、充分な全身運動となります。
    水中ウォーキングは、最初は5分程度からスタートし、少しずつ時間を伸ばしていくとよいでしょう。
    プールには、ウォーキング専用のコースが設けられているので、ぜひ利用してみましょう。
  • とにかく継続が大切!

  • とにかく継続が大切!
  • 水泳に限らず、運動は続けることが大切です。
    すぐに効果が出ないからと、辞めてしまってはもったいないです。
    まずは、1ヶ月を目標に続けてみることをおすすめします。
    水着を準備したり、プールに通う面倒さがあったりしますが、「絶対痩せてキレイになる!」という強い意志をもって、ダイエットに臨んで下さいね。
ダイエットを始める人必見!消費カロリーが高い運動とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事