第三のビールってなに?

第三のビールってなに?

Thumb?1414295452 muah♪さん

312

ビール類にかかる酒税が見直されている現在の状況も含め、改めて第三のビールの意義を考えてみましょう。


  • ビールと発泡酒の違い

  • ビールと発泡酒の違い
  • ビールの主な原料は麦芽やホップ、副原料は米やコーンスターチです。
    独特の苦みとホップの香りが特徴で、「とりあえずビール!」に代表されるように、居酒屋での最初の1杯として飲まれることが多いです。

    発泡酒はいわゆるビール風味のお酒です。日本の酒税法においてビールは、麦芽使用率が原料の3分の2以上、使用される副原料は麦芽や麦、ホップ、米などと定義されています。なので、麦芽使用率が原料の3分の2に満たないもの、決められた副原料以外の原料を使用している発泡性のあるものは、発泡酒とされます。

    ビールに比べ価格は安く、ビールに似せた味ではありますが、本物よりはどうしても劣ってしまうという声が一般的には多く聞こえてきます。
  • 第三のビールとは?

  • 第三のビールとは?
  • では、第三のビールとは一体何なのでしょう?
    第三のビールは、酒税法において、その他の醸造酒またはリキュールのどちらかに分類されます。主原料に麦や麦芽以外を使用したものがその他の醸造酒として、発泡酒に麦由来のアルコール(スピリッツや焼酎)を使用したものがリキュールとして定義されています。ですので、厳密に言えば「ビール」ではないのです。一般的には第三のビールという用語が広まっていますが、各メーカーは名称によるビールとの混同を避けるため、第三のビールとはうたっておらず「新ジャンル」としています。キリンビールの「のどごし<生>」や「金麦」、サッポロビールの「麦とホップ」、アサヒビールの「クリアアサヒ」などが新ジャンル・第三のビールに該当します。これらが発泡酒だと思っていた方も多いでのではないでしょうか?
  • 第三のビールが躍進した理由と、今後の行方

  • 第三のビールが躍進した理由と、今後の行方
  • 第三のビールは、ビールや発泡酒に比べて安いですよね?節約のため、仕事から帰ってまず1杯目はビール、それ以降は第三のビールに移行するという人も多いのではないでしょうか?第三のビールが安いのには理由があります。酒税法上、第三のビールはその他の醸造酒かリキュールに分類されるため、かかる税率がビールよりも低いのです。
    これは消費者にとってはお財布に優しく嬉しいことですが、第三のビールが大幅に普及してしまうと、税を回収する国にとっては困った事態とも言えます。

    そこで、現在は酒税一本化が検討されています。これが本格的に導入されれば、安さが売りである第三のビールや発泡酒の税金が引き上げられ、低価格を保つことができなくなってしまいます。

    第三のビールを普段から愛飲している方は、今後の動向を見守ってください。

第三のビールってなに?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事