第三のビールの値段が高騰するかもしれません

第三のビールの値段が高騰するかもしれません

Thumb?1414295452 muah♪さん

233

巷で人気となっている第三のビール。安価な値段で売られている、庶民の味方ともいえるこのビールの売れ行きは良好で、各社が第三のビールを大々的に売り出しています。


  • 第三のビールとは

  • 第三のビールとは
  • 第三のビール?と首をかしげる人も、普段からビールを飲んでいる人ならば、気付かない間に購入していたり、目にしているものです。それほど、現在のビール業界で第三のビールは大々的に売り出されているのです。
    この第三のビールがこれほどまでに人気がある理由は一つです。それは、ビールと同じ味を再現しながら、値段が安いからなのです。同じ味であれば、より安価なものを選ぶのが人間です。誰もがその選択をするでしょう。
    しかし、この第三のビールは将来的に、通常のビールや発泡酒と同じような値段になるのではないかと言われています。これは憶測的な話ではなく、ほぼ確実に将来、訪れる変化です。その時期こそ不明ではありますが、間違いなく将来的に第三のビールの値段は上がることでしょう。
  • なぜ値段が上がるのか

  • なぜ値段が上がるのか
  • それはお酒にかかる税金が関係しています。そもそも、本来発売されていた通常のビール、これには税金がかかっておらず、現在の第三のビールと同じような値段で売り出されていました。ところが、酒税法により、ビールに税金がかかるようになり、それに伴って値段が大幅にあがったのです。ただ、そんなことをされては企業は困ってしまいます。値段があがれば、ビールを飲まなくなる人が増えるからです。そこで生み出されたものが、発泡酒と呼ばれる、ビールによく似たお酒です。これはビールとはいえない、別のお酒ということになるので、税金はかかりません。しかし、発泡酒が発売されてから数年後、政府は発泡酒に対しても税金をかけるという法律を制定しました。そして、その結果開発されたものが、発泡酒とはまた別の、第三のビールなのです。
  • まとめ

  • まとめ
  • この流れを見てもらえれば、確実に第三のビールにも税金がかかるようになります。もしかしたら企業は、第四のビールを開発するかもしれませんが、それが開発されるまでは、ビールの値段は高くなってしまうのです。
    現在、ビール業界はこのようなイタチごっこを続けています。ですが、それで済んでいれば良いほうでしょう。もしかしたら、将来的に、イタチごっこすらできないような法律が制定され、全てのビール、もしくはビールに似た味のお酒に、税金がかかるようになってしまうかもしれません。
    つまり、現在はちょうどビールが安く買える時期なのです。それを考えれば、今のうちに飲み溜めをしておいたほうがいいかもしれません。
第三のビールの値段が高騰するかもしれません
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事