デリケートな肌の赤ちゃんにおすすめの日焼け止めとは

デリケートな肌の赤ちゃんにおすすめの日焼け止めとは

Thumb?1414295452 muah♪さん

224

日差しのきつい季節になってくると、日焼けに注意するようになってきますが、赤ちゃんにも日焼けは良くないことをご存知でしょうか。大人にとっては肌が少し赤くなる程度の軽い日焼けでも、赤ちゃんにとってはやけどに近い症状になってしまうこともあります。将来皮膚がんを引き起こす可能性もあるので、しっかりケアしてあげたいものです。


  • 赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚さしかない

  • 赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚さしかない
  • 日差しのきつい季節になってくると、日焼けに注意するようになってきますが、赤ちゃんにも日焼けは良くないことをご存知でしょうか。
    赤ちゃんの肌は非常にデリケートなのは言わずと知れたことですが、その理由は、皮膚の厚さが1、2ミリメートルと薄いからです。大人の皮膚の厚さは2、3ミリメートルと言われているので、半分の厚さしかないのです。
    そのため、少しの刺激でも敏感に反応してしまい、バリア機能も壊されやすいのです。大人にとっては肌が少し赤くなる程度の軽い日焼けでも、赤ちゃんにとってはやけどに近い症状になってしまうこともありますし、シミやそばかすなどの肌のトラブルにつながるだけでなく、将来皮膚がんを引き起こす可能性もあるので、しっかりケアしてあげたいものです。
  • オーガニックがおすすめ

  • オーガニックがおすすめ
  • 日焼けを防止するには日焼け止めが大変効果的ですが、赤ちゃんに使うものは大人と同じという訳にはいきません。大人の日焼け止めには紫外線吸収剤というものが含まれている場合があります。この紫外線吸着剤というのは、それ自体が紫外線を取り込んで化学反応させて放出させることによって、肌に紫外線が届かないようにする物質です。日焼けに対しては高い効果がありますが、赤ちゃんの肌には刺激が強いので、まずは紫外線吸着剤の使われていないものを選びましょう。また、SPF・PAが高いものは刺激が強すぎるので避けたほうが無難です。
    更に日焼け止めを舐めてしまうことがあるので、無添加なものや天然成分が使われているものやオーガニックなものがおすすめです。そして、肌の露出している部分に均一に薄く塗り、塗り忘れがないよう注意し、汗などで落ちてしまえばその都度塗り直してあげましょう。
  • 万が一日焼けをしてしまったら

  • 万が一日焼けをしてしまったら
  • 日焼け止めを使う他にも注意したいことがあります。できるだけ肌の露出をおさえるために、薄手のカーディガンなどを羽織らせたり、帽子もつばの広いものを被らせると良いでしょう。
    ベビーカーで外出するときは必ず屋根をつけ 、屋根でカバーできないときはブランケットなどで覆って直接日差しが当たらないようにしましょう。
    また、紫外線が強い所に行く時には、目への影響も考えて、赤ちゃん用のサングラスも有効です。
    そして万が一日焼けをしてしまった時のために、すぐに患部を冷やすことができるように濡れタオルや保冷剤、クールローションなどを用意しておくことをおすすめします。
    このように万全の準備で日焼けによるトラブルを防止しましょう。
デリケートな肌の赤ちゃんにおすすめの日焼け止めとは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事