SOS!“1分”でできる今すぐ治したい頭痛の処方せん【薬剤師が教えるシリーズvol.1】

SOS!“1分”でできる今すぐ治したい頭痛の処方せん【薬剤師が教えるシリーズvol.1】

Thumb?1414295452 薬剤師コピーライターさん

1380

「今すぐ頭痛をなんとかしたい!」
どうしたら少しでも早く痛みが取れるの?

頭痛は「冷やす?」「あたためる?」
実は頭痛のタイプによって対処法も変わります。

気づかぬうちに間違った方法で逆に頭痛を悪化させているかも??
頭痛のタイプ別に「1秒でも早く」痛みが取れる方法を現役の薬剤師がお伝えします。


  • ズキンズキンと脈打つ頭痛の時は「冷やす」

  • ズキンズキンと脈打つ頭痛の時は「冷やす」
  • 脈打つ頭痛は血管が拡がって起こる片頭痛。動かずにゆっくりと休むのがベストです。

    冷やすと血管が収縮して痛みが軽くなります。
    なので、保冷剤をタオルでくるんだものや氷のうで痛む部分を冷やすのが効果的です。

    コーヒーも血管を収縮させる効果がありますが・・・多く取りすぎると逆に片頭痛の原因になるためあまりオススメはできません。

    市販のロキソニンやイブブロフェン製剤(イブやナロンエースなど)、イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイなど)も有効です。

    もちろん、病院でもらったお薬(マクサルトやイミグランなど)があればイチバンですね。
  • じわじわ締め付けられる頭痛の時は「あたためる」

  • じわじわ締め付けられる頭痛の時は「あたためる」
  • ふだんから首や肩がこっていませんか?

    じわじわ締め付けられるような頭痛は、多くの場合首や肩のこりが原因で起こる緊張型の頭痛です。

    痛い部分を蒸しタオルなどであたためることで痛みが軽くなります。
    あたためるのがいいので、お風呂に入るのも効果的です。

    片頭痛と同じで、痛みが強ければ市販のロキソニンやイブブロフェン製剤(イブやナロンエースなど)、イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイなど)を服用するのも1つの手です。
  • あれ?いつもと違う頭痛かな・・・?と思う時は病院へ

  • あれ?いつもと違う頭痛かな・・・?と思う時は病院へ
  • もし、次の症状がある場合はすぐに病院へ!

    ・動けないほど痛みが強いとき

    ・吐き気が伴っている時

    ・身体の一部がまひしている時

    ・意識がぼんやりする時

    ・文字の読み書きがしにくい、頭がぼーっとする時

    これらの症状がある場合は脳梗塞やくも膜下出血など、大きな病気の場合があります。
    命に関わる場合もあるので、症状の程度によっては救急車で病院へ行ってください。
  • 症状別の頭痛対処法で痛みとサヨナラ

  • 症状別の頭痛対処法で痛みとサヨナラ
  • ひとえに頭痛と言っても、原因により対処法は異なります。
    対処法を間違うと逆に頭痛を悪化させてしまうので注意してください。

    ・ズキンズキンと脈打つ頭痛の時 ⇒ 『冷やす』

    ・じわじわ締め付けられる頭痛の時 ⇒ 『あたためる』

    ・激しい痛み ⇒ すぐに病院へ

    すぐにできる対処法ということで、頭痛をざっくり分類していますが、本当は原因によってもっと細かく分けられます。

    「頭痛が長引く・・・」と言う人は頭痛外来を受診してみてください。

    また、最近は市販の薬でも頭痛に効くいい薬が出ています。
    市販薬については別の回でまとめているので、ぜひそちらも参考にしてくださいね。
SOS!“1分”でできる今すぐ治したい頭痛の処方せん【薬剤師が教えるシリーズvol.1】
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
薬剤師コピーライターさん

薬剤師コピーライターさん

現役薬剤師&現役コピーライター。薬剤師の知識を活かし、医療現場に近い立場からの記事を得意とする。その他、『薬機法の専門知識』を活かして健康食品・化粧品の販売ページなどの作成も多数行っている。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事