コンプレックス解消に!えらを隠すおすすめの方法をご紹介

コンプレックス解消に!えらを隠すおすすめの方法をご紹介

Thumb?1414295452 muah♪さん

189

えらが張っている日本の女性は、えらをコンプレックスに感じている人が多いと思います。えらにはメリットもありますが、印象的なデメリットが大きいので解消したいものです。そんなえらを隠すにはどんな方法がよいのでしょうか?おすすめの方法をご紹介していきます。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • えらが目立つことによるデメリット
  • 髪型を変えて隠してみる
  • ミディアムやロングの髪型なら簡単
  • シェーディング技術を使った隠し方
  • お金を掛けたくない人におすすめの方法!
  • えらが目立つことによるデメリット

  • えらが目立つことによるデメリット
  • えらとは耳の下にある、顎の骨の先端部分が該当します。この部分が目立ってしまうと、顔が平面的に見えるようになり、面積が広い印象が強まります。

    美容的な印象が悪くなるデメリットを持っているため、えらが発達している人はどうにかえらを隠す方法がないかと探す傾向が見られます。

    ですが、えらが張っていることは必ずしもデメリットばかりではないのが現実です。国によってはえらが張っている方が美しい顔立ちだと判断されます。

    えらが張っていると筋肉が凝り固まった状態になっている場合もよくあり、固定された筋肉のおかげでたるみが目立ちにくいメリットも存在します。

    とはいえ、日本国内においては、あまりにもえらが張っている状態だと良い印象にならないため、本人にとってはとても辛い悩みです。いつまでも悩みを抱えているよりも、おすすめのえらを隠す方法を覚えて、毎日楽しく生活を続けられる環境づくりに専念したいところです。
  • 髪型を変えて隠してみる

  • おすすめの方法として髪型を変えるというのがあります。手軽に実践しやすく、同時にオシャレを楽しめるのが優れた点です。

    顔の輪郭部分が目立ちがちなショートを好む人は少ないですが、実はショートはえらを隠すには有効な髪型として知られています。

    えらが張っていると、こめかみの上の部分の幅が広がったような印象を相手に与えますので、ショートで頭頂部の部分をボリュームアップすると、縦方向に印象を強めることができ、幅の広さを上手く隠すことができます。

    また、ショートは頭部のシルエットがまとまりますから、頭を小さく見せ、小顔の効果があるのも、えらを隠す手段としては有効です。

    ふんわり系でもストレート系のショートでも上手に隠せますので、試してみるとよいでしょう。ちなみにボブにしてもえらを上手くごまかせます。ややふんわりとカールしたボブに仕上げることで、えらの張りの影響による、角ばった印象を和らげる効果を持っています。
  • ミディアムやロングの髪型なら簡単

  • 肩の部分よりも長いミディアムやロングの髪型は、えらを直接的に隠すのにおすすめです。

    髪の毛が長いだけでえら部分を隠せるのが便利ではあるものの、耳の部分に髪の毛を掛けたり、外側にカールが向いている髪型だと、えらが目立ってしまいますので注意が必要です。

    ストレートでも構いませんが、やや内向きにカールがかかっている髪型を選ぶのがよいでしょう。パーマをかけて、ふんわりとしたイメージにすると、上手く輪郭部分をぼやかすことができます。

    ミディアムであれば、自然なうねりを作り出すレイヤー入りの髪型にしてみます。レイヤーをやや大胆に深く入れて、その部分にパーマをあてます。
    頭頂部と前髪部分以外にレイヤーを入れ、パーマをかけてから整髪料で揉むようにスタイリングすると、ふっくらとした髪型になります。

    ロングならばヘアアレンジがいくらでもできます。毛先にレイヤーを入れてウェーブ状に仕上げてボリュームアップしたり、耳の付近にレイヤーを入れて、内向きにスタイリングするなど工夫してみます。
  • シェーディング技術を使った隠し方

  • 髪型だけでは満足できないなら、メイクを工夫してみましょう。えらを隠すだけでなく、顔全体を美しく仕上げるテクニックが身につく、おすすめの方法です。

    えらを目立たないようにするメイクのテクニックとして、シェーディングを使うというのがあります。
    コンピュータグラフィックスの世界でもよく使われる、平面のものを奥行きがあるように見せる、陰影をつけるテクニックになります。

    シェーディング用のメイクアイテムが売られていますので、それを活用してみましょう。
    パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプが存在します。クリームタイプはピンポイントにメイクする際によく使われますので、えらを隠すならパウダーかリキッドタイプが向いています。初心者なら扱いやすいパウダータイプを選びたいところです。

    地肌の色よりも、少し暗めの色を選びます。艶があるとえらが目立つことから、つや消し効果のあるアイテムが適しています。ベースメイクの後、えら部分に塗るのが基本です。
  • お金を掛けたくない人におすすめの方法!

  • 髪型を変えたり、シェーディングで隠す方法はどれもお金が掛かってしまいます。

    お金を掛けずに隠したいなら、マッサージや筋肉のコリをほぐす方法をやってみましょう。自分でやれば全くお金が掛からない、今すぐにでも始められるおすすめの方法です。

    えら付近の骨に指をあてて、上の方向へ円を描くようにマッサージします。
    20回程度繰り返してください。指を顎の関節に添えた状態で、あ行の発音をしてもマッサージ効果が得られます。この周辺にはリンパが流れており、疲労などでむくんでしまうとえらが目立ってしまう原因を作り出します。マッサージで老廃物を押し流すことで、すっきりした輪郭を手に入れられます。

    えら周辺の筋肉のコリも原因として有名です。筋肉のコリにはマッサージが有効ですが、筋肉のコリを作り出す要因の一つの、食いしばりを解消したいところです。無意識に歯を食いしばるのは、ストレスやかみ合わせの悪さなどがあります。原因を取り除く工夫が必要です。
コンプレックス解消に!えらを隠すおすすめの方法をご紹介
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事