なんとなく不安で眠れない・・そんな時の対処法

なんとなく不安で眠れない・・そんな時の対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

585

ちょっと怖いテレビ番組を見た夜や、怖いニュースを聞いた日、あるいは気味の悪い画像見ちゃって後悔した時、仕事で嫌なことがあって次の日が不安で眠れない、など現代の生活にはちょっとしたストレスと緊張で眠れなくなってしまうことがありますよね。
特に感受性の強い人は、ちょっとしたことで不安や恐怖を感じるので困ったものです。
そこで今回は、そんな不安で眠れない時になんとか眠れるようにするための対処法をご紹介します。


  • 寝室の電気を暖色系の明るめランプなどで癒し系モードにしてみる

  • 寝室の電気を暖色系の明るめランプなどで癒し系モードにしてみる
  • お部屋に温かい色合い(オレンジ暖色系)のランプのようなものがあれば、それをつけて部屋を明るくしたまま眠るのもありです。人間はどうしても不安な時に、暗闇にいるとネガティブな思考を続けてしまうのです。ですから、部屋を明るくして不安を少しでも和らげるといいでしょう。
    またもし明るすぎてそれじゃ眠れない・・という方は、部屋を明るくしたまま、アイマスクをつけて寝ましょう。部屋全体が真っ暗な中で寝ようとするのと、目元だけ暗くして眠るのでは案外精神的に大きな違いがありますよ。
  • ヒーリングミュージックを流しながら眠る

  • ヒーリングミュージックを流しながら眠る
  • 不安な心境の中で眠ろうとしている時、静かな状況だとちょっとした音が気になってしまいます。
    風の音や時計の音など、ちょっとした音でびっくりしたり目が覚めてしまうものです。
    そんな時には、ゆったりとしたリズムのピアノ系ヒーリングミュージックやさざ波や森の音などの音楽をかけながら眠ると精神的に安定します。心が落ち着くと、自然と脳の緊張もほどけて、気づいたら眠れていた、なんてこともありますので、ぜひ試してみてください。
  • 寝る前に、寝室である程度過ごして寝室の雰囲気に慣らしてから眠る

  • 寝る前に、寝室である程度過ごして寝室の雰囲気に慣らしてから眠る
  • リビングと寝室が分かれていて、寝室には本当に眠るときにしか行かない、という場合、いざ眠ろうとして寝室に入って急に眠ろうとしても、寝室は眠る場所であり眠らなければならないという意識が働き、逆に緊張してしまうことがあります。
    そんな時は、ちょっと暗めに照明を落として、読書や音楽を聴くなどしてちょっとした時間を眠らずに過ごして体を寝室の雰囲気に慣れさせてから自然と眠るのがおすすめです。

    いかがでしたでしょうか。
    人は案外臆病なのでちょっとしたことで不安になって眠れなくなることもあります。
    そんな時は無理せずにできるだけ自然に眠れるよう、ちょっとだけ遠回りしてから眠るようにしてみてください。眠らなきゃ、と焦ってしまうと逆効果なのです。
なんとなく不安で眠れない・・そんな時の対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事