不安で眠れない時 3つの対処方法

不安で眠れない時 3つの対処方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

679

誰かと通話しながらやテレビを点けたまま布団に入る
誰かと会話をすると、不安が紛れるものです。
彼氏がおれば、布団に入り彼氏と通話しながら眠ってみては。
電話だと通話料が掛かりますが、通話無料アプリを利用すれば通話料は無料。
相手の時間の都合が合わない、相手が応じてくれない、相手がいない場合は、インターネットで気軽に寝落ち相手を見つけられます。
知らない相手と寝落ち通話を行う行為に抵抗を抱く女性も少なくありませんので、無理は禁物。
男性はセクシーな通話を期待し寝落ち通話相手を求めているケースが殆どですので、知らない相手と寝落ち通話する場合は、同性がお勧め。
人間との会話を好まない、眠る前くらいは一人でいたいという人は、テレビを点けたまま布団に入ります。
何かを見たり、聞いたりしていると、意識がそれて不安を忘れやすくなります。

最近では、インターネット動画もお勧めですが、人によってはパソコンやスマートフォンの映像が刺激となり、睡眠を妨げる可能性がありますので気をつけましょう。



  • できるだけ快眠対策を取り入れる
    睡眠のためになる行為を極力行いましょう。
    身体を冷やさない。
    早めに布団に入る。
    眠る前に激しい運動、熱い風呂、食事など刺激的な行為を行わない。
    朝は早めに起床し、日中はなるべく動き、帰宅をしたら静かに過ごす。
    緑茶やコーヒーなどカフェインが含まれている物は一切摂らない。
    毎日コーヒーを飲みながらも、夜になぜか眠れないと言っている人は少なくありません。
    少しでも睡眠を妨げる要素は取り除きましょう。
    不安から逃れるために眠る前にお酒を浴びる人がおりますが、寝酒は不眠を悪化させ、悪循環の原因となりますので避けましょう。

  • 睡眠薬を取り入れる
    どうしても眠れない時、というのはあります。
    特に、社会人になってから仕事の不安やストレスが募り不眠症に陥る人は多いのです。
    眠れなければ翌日に支障をきたしますし、疲れが溜まり大きな病気になる可能性も。
    睡眠不足は百害あって一利なし。
    眠れない日が続けば、睡眠薬を取り入れてみましょう。
    ドラッグストアにも睡眠導入薬は売られていますが、効果てきめんとは言えません。
    しかし心療内科を訪れることに抵抗がある人は、まずはドラッグストアで売られている睡眠導入薬から飲んでみても良いでしょう。
    効かなければ、心療内科へ。
    不安から眠れないと伝えると、睡眠薬を処方してくれます。
    医者が処方してくれる睡眠薬の効果は絶大であり、多くの人が眠りを手に入れることができています。
    睡眠薬にも種類があり、軽いものから重いものがありますので、効かなければもっとよく効く薬を希望しましょう。
不安で眠れない時 3つの対処方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事