辛い二日酔いの頭痛を撃退

辛い二日酔いの頭痛を撃退

Thumb?1414295452 muah♪さん

404

お酒を飲みすぎてしまった翌朝は、二日酔いで頭がガンガンと痛みませんか?
ひどい時には夜まで頭痛が続くこともありますよね。


  • 二日酔いはなぜ起こる?

  • 二日酔いはなぜ起こる?
  • 二日酔いを引き起こす原因は、アセトアルデヒドという物質にあります。
    アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドはさらに分解され体外に排出されますが、大量にアルコール摂取した場合、分解されなかったアセトアルデヒドが体内に残ってしまいます。アセトアルデヒドは非常に毒性が強いため、頭痛や吐き気といった症状を引き起こします。
    お酒をたくさん飲んでも酔わない人と、少量で酔ってしまう人は、この分解能力に差があると言えます。遺伝や人種により差があるようです。
  • 予防法

  • 予防法
  • 事前にお酒を飲むことが分かっている場合は、二日酔い対策を欠かさないようにしましょう。きちんと予防をしておくと、強烈な二日酔いにはならずに済みますよ。

    ・空腹時の飲酒は避ける
    空腹時にアルコールを摂取すると、血中アルコール濃度が高くなり、空腹でない場合よりも多くのアルコールが吸収されることになります。すると体内でアルコールの分解が間に合わず、酔いやすくなってしまいます。

    ・水分をとる
    お酒を飲む前には、水を大量に飲んでください。アルコールを摂取する際、体内の水分でアルコールが薄められ、血中アルコール濃度が抑えられます。
    また、お酒を飲むと、アルコールの利尿作用で体内から水分が奪われ、脱水症状を起こしてしまいます。これが二日酔いの頭痛を引き起こす要因の一つでもあるため、お酒を飲む前に水分をとることは、最も有効な予防法と言えます。

    ・市販の二日酔い予防ドリンクを飲む
    コンビニやドラッグストアで手に入る二日酔い予防ドリンクには、アルコール分解促進効果があります。「今日はたくさん飲むぞ〜」という日にはぜひ試してください。

  • 対処法

  • 予防をきちんとしていても、翌朝頭が痛くて目が覚めた…なんていうことも十分起こり得ます。お酒の飲み方や体調により、予防は絶対!とは言えないです。
    そんな時にもきちんと対処すれば、二日酔いの頭痛や吐き気がそれほど長引くことはありませんので、ゆっくりベッドで休みながら、以下のことを実践してみてください。

    ・スポーツドリンクを飲む
    身体が脱水症状を起こしているため、とにかく水分を大量にとってください。アルコール分解には糖分が必要となるので、水ではなくスポーツドリンクがおすすめです。

    ・コーヒーやお茶でカフェインを摂取
    コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、拡張した血管を収縮させ、頭痛を抑える効果があります。ただし、カフェインには利尿効果もあるため、とりすぎてしまうと、もともと脱水症状を起こしている体に悪影響を与えます。同時に他の水分をとるようにしてください。

    ・しじみの味噌汁を飲む
    しじみに含まれるアミノ酸には、アルコールの代謝を促進する作用があります。またアルコールで弱った肝機能を高めてくれる効果もあるため、二日酔いの症状を和らげてくれるだけでなく、肝臓を元気にしてくれます。



    辛い二日酔いを避けるためには、事前の予防が何よりも大切です。
    しかし、お酒は美味しいし、飲み会の雰囲気次第では予防に徹することが不可能な場合もありますよね。対処法もしっかりと身につけ、二日酔いを撃退しましょう!
辛い二日酔いの頭痛を撃退
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事