二日酔いで頭の右側だけが痛いという偏頭痛

二日酔いで頭の右側だけが痛いという偏頭痛

Thumb?1414295452 muah♪さん

4165

お酒を飲みすぎて二日酔いになってしまったような場合には、頭の右側や左側だけが痛くなる、といった場合がよくあります。

このように、頭の片側だけが痛くなるような頭痛のことは、偏頭痛と呼ばれているわけなのですが、二日酔いの場合には、このようなパターンが多いようです。


  • 出典: instagram.com

  • そもそも二日酔いというのは、その言葉の通りに、飲んだお酒が身体に残ってしまっているために、その酔いが一日では消えずに、二日にわたって続いてしまうということから来ているのでしょうが、たいていの場合、その症状としては、風邪を引いてしまった時のように頭痛がして気分がすぐれない、といったものとして出てくるわけです。

    こうした症状は、アルコールに弱い人がお酒を飲んだ時にだけ表れるものではなく、アルコールに強い人であっても、その度を越して大量にお酒を飲み過ぎてしまったり、いわゆる「ちゃんぽん」と呼ばれている、複数の種類の違うお酒を飲んだりした場合には、その翌日の朝に目が覚めた時に、頭の右側だけがズキズキとして頭が重く、何とも気分がすぐれなくて、寝床から起き上がるのも嫌になる、といった典型的な二日酔いの症状を呈することになったりします。
  • 出典: instagram.com

  • もちろん、この症状は風邪を引いた場合のように、ウイルスによって引き起こされたものではなく、身体が受け付ける限度を超えてアルコールが体内に入ってしまったために、引き起こされたものなわけですが、要は、一時的に身体のバランスが正常に保たれない状態となってしまって、特にそれが脳に出てしまったために、頭の右側だけや左側だけに痛みとして出てくる、といった症状となってしまうわけなのです。

    といっても、風邪の場合のような病原菌による病気ではないので、その余分なアルコール分が分解されてしまえば、その頭痛も自然に引いて行くわけなのですが、そうなってしまった当の本人としては、何とも憂鬱な気分になってしまうものです。

  • 出典: instagram.com

  • 適度に飲んでいる限りでは、お酒というものは、むしろ活力を生んでくれて景気付けになってくれるものでもあり、また、少々気分がすぐれなかったり、少し落ち込み気味になったような時には、その憂さを晴らしてくれて、気持ちを明るくしてくれるものでもあるために、用い方によっては「百薬の長」ともなるのですが、暴飲暴食と言われるように飲み過ぎてしまったり、元々、アルコールに弱い人が無理して飲んだりすれば、二日酔いという好ましくないことにもなってしまうのです。

二日酔いで頭の右側だけが痛いという偏頭痛
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事