五月病の原因となるストレスについて

五月病の原因となるストレスについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

164

5月のゴールデンウィーク明けくらいからかかりやすい五月病。どうしたらこの気怠さから抜け出せるのでしょう?


  • 五月病とは?

  • 五月病とは?
  • 五月病とは進学や就職などで4月から新しい環境になった人が、新しい環境でのストレスが原因でうつ状態になることをいいます。4月は、頑張って新しい環境になじもうとしていたものの、5月のゴールデンウィーク明けくらいにうつ症状を発症することからそのように言われています。
    たとえば、夜眠れなかったり朝起きれなかったりといった睡眠に関係する症状です。そのほか倦怠感が取れなかったり、仕事に集中できなかったり、気分の落ち込みがひどくていつまでたっても治らなかったりします。精神的な症状だけにとどまらず、食欲がなくなったり胃が痛くなったり動悸やめまいを訴える人もいます。
  • 深刻化するとうつ病に・・・

  • 深刻化するとうつ病に・・・
  • うつ状態は、ストレスなどが原因で自律神経に異常をきたしていることあら表れるとされています。特に3月から5月は、気候の変動が激しく、自律神経に乱れが生じやすい状況にあります。加えて、4月からの新しい環境に対して適応しようと頑張ってしまうため、心身が疲れてしまい、五月病を発症してしまいます。
    五月病はたいていの場合、一過性のうつ状態であり時間がたつと症状が改善することが多いです。
    しかしながら、うつ状態が長く続いてうつ病のように症状が深刻化する人もいます。五月病かなと思ったら、まずは心身をリラックスさせる必要があります。
  • ストレスを解消する

  • ストレスを解消する
  • しっかりと休養を取ったり、日光を浴びることで自律神経のバランスを整えます。さらに、心身の不調をよくするために、趣味を楽しんだり、アロマテラピーなど心が安らぐようなことを行ったりします。
    ストレスに感じていることがあれば、友人や家族などに話を聞いてもらったりして気分を良くしていくことが必要です。
    気分の落ち込みがよくなかったり少しのことでもイライラしてしまう場合は、カルシウムやミネラルをしっかり摂取することが必要です。特に学生や若い社会人は食生活が乱れ気味ですが、野菜やフルーツ、魚などをバランスよく摂取することでストレスを感じにくくなることもあります。
  • 疲れやストレスを感じたら・・・

  • このような工夫をしても症状が治まらなかったり、1か月以上の長きにわたって心身に異常をきたす場合は、軽度のうつ病を発症している可能性があります。そのような場合は自己判断せずに、心療内科などの診察、カウンセリング、場合によっては投薬治療などを受けることで改善することができます。
    五月病は、環境変化だけでなくささいなストレスでもなることがあります。ですので少しでも心身に疲れを感じたらしっかりと休むことが必要です。
五月病の原因となるストレスについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事