環境が変わることでおこる五月病の予防

環境が変わることでおこる五月病の予防

Thumb?1414295452 muah♪さん

187

入学式や入社式が終わり、5月のゴールデンウィークが終わった頃に陥りやすいと言われている五月病。そうならないためにはどんなことが必要なのでしょう?


  • 五月病の症状

  • 五月病の症状
  • 入学式や入社式が終わり、5月のゴールデンウィークが終わった頃に陥りやすいと言われている病気に「五月病」があります。
    正式には五月病という病気はなく、ジャーナリズムの造語になりますが、新入生や新入社員などが学校や仕事に慣れてようと一生懸命になっている頃に大型連休のゴールデンウィークで緊張の糸が切れ、そのまま学校や仕事の環境に適応出来なくなり「やる気が出ない」「倦怠感」「気分が落ち込む」「疲れやすい」「仕事や勉強に集中できない」「不安や焦り」「思考力の低下」「マイナス思考になる」「ふさぎこんでしまう」「イライラする」などといった精神的な症状や「食欲不振」「胃の痛み」「頭痛」「めまい」「動悸」「眠れない・起きれないなどの睡眠障害」などといった身体的症状があらわれます。

    これらの五月病の症状は、1ヶ月〜2ヶ月すると自然と症状が治まることがほとんどです。
    しかし稀にどんどん症状が悪化してしまうこともあり、1ヶ月〜2ヶ月経っても症状が治まらなかったり悪化している場合、そのまま放置していると五月病からうつ病になることもありますので、早めにメンタルクリニックや心療内科、精神科などを受診し治療をする必要があります。五月病になりやすい人、そして五月病にならないための予防法などについて説明していきます。
  • 五月病になりやすい人のタイプ

  • 五月病になりやすい人のタイプ
  • まず五月病になりやすいタイプの人は「真面目な人」「責任感の強い人」「忍耐力のある人」「頑固で融通のきかない人」「理想が高い人」「完璧主義の人」「おとなしく内向的な人」「気を使う人」「感情を表に出さない人」というタイプの人は五月病になりやすい傾向にありますので注意が必要です。
    続いて五月病にならないための予防法ですが、発症する原因は色々ありますが、最も大きな原因となるのが「ストレス」です。
    ですから、いかにストレスを溜めないか、ストレスを発散出来るかということが最大の予防方法となります。
  • ストレスを溜めない方法、発散方法

  • ストレスを溜めない方法、発散方法
  • それではストレスを溜めない方法と、ストレスの発散方法について見ていきます。
    ストレスを溜めないためには頑張り過ぎないことです。全て自分で頑張ろうとせず、解らないことは人に聞き、手伝ってもらい、良い意味で適当に勉強や仕事をすることで前向きに考えることが出来ます。
    考え方を変えるだけでストレスが溜まりにくくなります。
    ストレスの発散方法は、とにかく自分の好きな事、やりたい事をとことん楽しむことです。
    仕事や勉強、そしてオフのスイッチの切り替えが上手くいくとストレスの発散もうまくいきます。
環境が変わることでおこる五月病の予防
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事