毎日五月病は、心療内科に相談すると解決に向かいます

毎日五月病は、心療内科に相談すると解決に向かいます

Thumb?1414295452 muah♪さん

360

五月病のような症状が、しばらく時間が経過しても軽減しなくて、毎日五月病という状況になって、だるさを訴えて能力を全く発揮できなくなる場合が存在します。だるさを訴える毎日五月病は、心療内科に相談すると解決に向かいます。


  • 五月病とは?

  • 五月病とは?
  • いよいよ4月の新年度に切り替わる時期ですので、多くの新入社員が新しい門出を迎えていますが、そこから1ヶ月程度の期間を経過すると、いわゆる五月病というものにかかる人がよく見受けられるようになってきます。
    これは、新入社員が希望に燃えて新しい環境に挑んでいる初期の時期を少し過ぎて、社会の現実とのギャップなどを実感するのが5月くらいであるために、この時期にそれまでとは異なる肉体的な不調や精神的な不調を発症するのです。
    もちろんこの五月病の原因は、精神的なものが起点となっていますので、さらにしばらく経過して環境に慣れてくると、特別な治療を行わなくてもそのほとんどは軽快していくものなのです。
  • 毎日五月病という症状

  • 毎日五月病という症状
  • ところが、このような五月病のような症状が、しばらく時間が経過しても軽減しなくて、毎日五月病という状況になって、だるさを訴えて能力を全く発揮できなくなる場合が存在します。
    こうした状況の場合には、先述のような自然の経過だけに任せていては解決に導くことが困難なケースともいえますので、ほかの方法を選択することを考慮する必要性があります。
    その一つの方法としては、心の病気の専門機関である心療内科に受診してみることで、大きな効果発揮してくれます。心療内科というのは、風邪をひいていつも受診している内科などとは異なって、一般の人にはそれほど縁の深い科ではありませんが、社会のシステムが複雑になってきている現代社会においては、もっと社会的に利用すべきものなのです。
  • 心療内科を受診してみましょう

  • 心療内科を受診してみましょう
  • 例えば、こうした毎日だるさで能力が発揮できない毎日五月病という状況になると、それほど多いケースではないために、周囲から理解を得られない可能性もありますので、社会生活を送るうえで支障をきたしてきます。
    こうしたケースであっても、心療内科の医師に相談して診断治療を受けると、病名がはっきりしますので、結果的にそれが会社などでも周囲から理解を得ることが可能となります。
    例えば、以前までは社会的に認識されにくかったうつ病は、社会の認識が高まったことで、現在は休職や労災などの適応を受けることが、十分可能となってきていることからも理解できるはずです。
    さらにこうした病気というのは、やはり自分だけで悩んでいるケースも少なくありません。
    これは、家族構成や交友関係の社会的な変化も基盤になりますので、相談できない環境にあるならば、迷わずに心療内科の医師に相談すると、早期の解決に向けた道を探し出すことできます。
毎日五月病は、心療内科に相談すると解決に向かいます
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事