生活環境の変化等が原因で起こる五月病について

生活環境の変化等が原因で起こる五月病について

Thumb?1414295452 muah♪さん

219

五月病とは精神的な症状の一種です。主に新入社員や、大学等の新入生に起こりやすいと言われています。ちなみに五月病という名前は、この症状が一番多く起こりやすい時期が、毎年5月頃だという事に由来しています。


  • 五月病とは

  • 五月病とは
  • 日本では4月が新年度のスタートの月になります。そのため4月を境にして、生活環境に変化が訪れる人が多いという特徴があります。例えば、新しい学校への入学や就職、それらに伴う一人暮らしのスタートなのです。
    これら生活環境の変化は、本人が思っている以上に精神の負担となる場合があります。新しい生活のスタートにあたって人は期待が膨らんだり、やる気に溢れて頑張ろうとしたりします。しかし、思っていた以上に新しい環境に上手く馴染めなかったりすると、精神が疲れてしまうのです。この精神の疲れが原因となって、様々な症状が現われるようになります。これが五月病です。
  • 五月病の症状

  • 五月病の症状
  • 五月病の症状としては、不安感や焦り、無気力等があります。これらの症状は精神的な症状ですが、それ以外にも不眠や食欲不振、全身の疲労感等といった身体的な症状が現われる場合もあります。
    これらの症状は、五月のゴールデンウィーク頃に特に現われる事が多いです。ずっと張っていた緊張の糸が、ゴールデンウィークという連休に緩むのです。その結果として、様々な症状が表面に出てくるようになります。五月病は長引くと症状が悪化する可能性もあるので、出来るだけ早めに対処する事が大切です。まず適切な対処をするためには、原因となっている事をしっかりと把握する事が重要になります。普段の生活を思い返してみて、どこに原因があるのかを探ります。自力では難しい場合には、専門の病院に相談するのも有効な手段です。
  • 原因に合った対処を

  • 原因を把握したら、それに合った対処を行ないます。原因が具体的な場合には、その対処を考えるのが良いです。例えば苦手な人がいる場合には、出来るだけ関わらないようにする、もしくは上手くかわす方法を身に付ける等があります。
  • 自分の心のケアに重点を置く

  • 自分の心のケアに重点を置く
  • しかし、もしも原因が漠然としていたり、自分の努力だけでは対処出来ない場合には、自分の心のケアに重点を置くようにします。例えば、自分なりの気分転換の方法を見付けて、ストレスの発散をまめに行う等です。他にも以前の環境の友人と会って話すのも、一つの有効な対処方法だと言えます。以前の慣れ親しんだ環境に身を置く事で、心が落ち着くのです。
    ただしストレス発散の方法を、アルコール等の物に求め過ぎるのは控えたほうが良いです。そうすると物に依存するようになり、アルコール中毒等の別の問題を引き起こす可能性があるからです。
生活環境の変化等が原因で起こる五月病について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事