五月病チェックのための自己診断

五月病チェックのための自己診断

Thumb?1414295452 muah♪さん

390

せっかく希望の会社や学校に採用、合格が決まったのに、ゴールデンウイーク明けから落ち込んで気持ちが暗い…。適応できなかったりすることがとても大きなストレスになり得ます。そのプレッシャーのために五月病になる可能性があります。


  • 五月病は一種の適応障害

  • 五月病は一種の適応障害
  • せっかく希望の会社や学校に採用、合格が決まったのに、ゴールデンウイーク明けから落ち込んで気持ちが暗い…。そんな時に良く使われる「五月病」ですが、医学用語ではありません。
    四月は、就職や部署移動、進学や進級などで環境や人間関係が大きく変わる時です。その新しい環境に馴染めなかったり、適応できなかったりすることがとても大きなストレスになり得ます。そのプレッシャーのためにうつ状態を引き起こすことがあり、程度の差はあれ、仕事や勉強に支障をきたす精神状態を、一般的に五月病と言います。
    医学用語の「適応障害」がこれに当たりますが、つまり、環境に適応できず、その精神的なストレスから普通の社会生活に支障が出てしまうのです。ですから、春に限ったことではなく、ストレスの要因があれば一年を通して起こり得る症状です。新しい環境馴染めない、新しい人間関係でつまずく、期待していた理想や夢と現実のギャップが大きい、目的を達成した後の燃え尽き感などは、どれもストレスの要因になります。
  • 五月病チェックをしてみましょう

  • 五月病チェックをしてみましょう
  • 五月病チェックとして、参考になる主な症状はありますが、自己診断は時に危険です。新しい環境に慣れ、自分の居場所が見つかることで数ヶ月で自然に回復することも多くあります。反面、本格的な鬱や他の精神障害が隠れていることもありますので、症状が長引く場合は、精神科や心療内科などを訪ねることをお勧めします。五月病チェックとして、次の症状を参考にしてみてください。

    肉体的には、不眠、食欲不振、頭痛、腹痛、めまいや動悸、息切れなど。
    精神的には、無気力感、不安感、苛立ち、焦燥感、抑うつ感など。

    それに加えて、
    ・睡眠不足、睡眠障害が続くー特に一日の始まりの朝が辛い
    ・人と会うのが億劫になる
    ・服装や身だしなみに構わなくなる(お風呂に入るのも面倒など)
    ・考えが否定的になり、いつまでも立ち直れない
    ・今まで楽しんでいた趣味、好きだったテレビ番組や雑誌にも興味がなくなる
    ・勉強や仕事に集中できずミスが目立つ
    ・出かける前後に体調が悪くなる

    いくつか当てはまるようであれば、かなりストレスを感じている軽いうつ状態だと思われます。この時点では、意識的にリフレッシュしたり、ストレスケアをすることで症状が軽減し、やがて回復していくケースも多々あります。チェックリストが8個以上である場合は赤信号で、五月病の可能性が高いと言えます。症状が半年以上続くようであれば、専門医を受診されることをお勧めします。
  • 五月病の対策

  • 五月病の対策
  • 対策としては、
    ・ストレスの要因をはっきりさせること: 何が、誰が、どの状況が負担になっているかを書き出して見る。現状で、自分ができる範囲で解決できる部分を探し、小さなことでも、今日からできることを見つけて始めてみる。
    ・具体的なストレスケアを意識的に実践する: 適度なスポーツ、アロマテラピー、規則正しい生活を心がける事なども効果的です。
五月病チェックのための自己診断
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事